アルベロベッロ

|イタリア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第68回 イタリア アルベロベッロ おとぎの国へと誘う とんがり帽子の白い家

第68回 イタリア

アルベロベッロ

おとぎの国へと誘う とんがり帽子の白い家

世界遺産|アルベロベッロ

Story

タリア南部プーリア州、オリーブで有名な農村地帯にある人口1万人ほどの小さな村。迷路のように入り組んだ小径沿いに、トゥルッリと呼ばれる円錐形の屋根を持つ白い家が建ち並び、世界でも類のないユニークな景観をつくり出しています。土産物店が軒を連ねるリオーネ・モンティ地区と、人々が暮らすアイア・ピッコラ地区とから成り、合わせてトゥルッリの数は約1,000棟にも達するほどです。

トゥルッリとともに始まったこの町の歴史。その起源は15世紀までさかのぼり、当時の領主アクアヴィーヴァ伯爵は、王の許可なく町を興し、さらに税金を逃れるため、農民たちにすぐに解体できる家を造るよう命じました。土台も骨組みもなく、この地方で採れるキアンカレッレという平たい石灰岩を積み上げただけの簡素な家。これがトゥルッリの原型で、強い日差しを遮り、雨水の有効利用に適した構造になっています。

部屋ごとに屋根があり、それがいくつも繋がって一軒となっているトゥルッリ。屋根には不思議な白い紋様が描かれ、てっぺんに飾り石が置かれていますが、自分の家を識別するための印なのか、はたまた魔除けだったのかは謎。高台にあるサン・アントニオ教会、唯一の2階建てトゥルッロ・ソヴラーノは、内部見学も可能。ちなみに、アルベロベッロと日本の世界遺産白川郷とは、姉妹都市の間柄にあります。

続きを読む

トゥルッリとともに始まったこの町の歴史。その起源は15世紀までさかのぼり、当時の領主アクアヴィーヴァ伯爵は、王の許可なく町を興し、さらに税金を逃れるため、農民たちにすぐに解体できる家を造るよう命じました。土台も骨組みもなく、この地方で採れるキアンカレッレという平たい石灰岩を積み上げただけの簡素な家。これがトゥルッリの原型で、強い日差しを遮り、雨水の有効利用に適した構造になっています。

部屋ごとに屋根があり、それがいくつも繋がって一軒となっているトゥルッリ。屋根には不思議な白い紋様が描かれ、てっぺんに飾り石が置かれていますが、自分の家を識別するための印なのか、はたまた魔除けだったのかは謎。高台にあるサン・アントニオ教会、唯一の2階建てトゥルッロ・ソヴラーノは、内部見学も可能。ちなみに、アルベロベッロと日本の世界遺産白川郷とは、姉妹都市の間柄にあります。

Photos

世界遺産|アルベロベッロ
▲砂糖壺のようなトゥルッリがびっしりと建ち並ぶ旧市街
世界遺産|アルベロベッロ小径
▲世界のどこにもない可愛らしい町並は散策にぴったり

Data

◆登録名:
アルベロベッロのトゥルッリ
◆登録年:
1996年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
バーリから私鉄スッド・エスト線で、約1時間半

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

アルベロベッロ|イタリア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved