プランバナン寺院群

|インドネシア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第110回 インドネシア プランバナン寺院群 ヒンドゥーの大寺院に 伝説の女神像が残る

第110回 インドネシア

プランバナン寺院群

ヒンドゥーの大寺院に 伝説の女神像が残る

世界遺産|プランバナン寺院群

©ASEAN-Japan Centre

Story

ンドネシア・ジャワ島中部のプランバナンには、仏教とヒンドゥー教の様式が融合した寺院群が点在。9〜10世紀に建てられ、天を突く仏塔が特徴的です。宇宙の破壊、創造、維持をつかさどるシヴァ、ブラフマ、ヴィシュヌの3神が祭られた神殿からは、ヒンドゥー教の世界観を見ることができます。

中心寺院のロロ・ジョングラン寺院には、高さ約47mのシヴァ神殿を中心にブラフマ神殿、ヴィシュヌ神殿が配され、シヴァ神には牡牛・ナンディ像、ブラフマ神には白馬・ハンサ、ヴィシュヌ神には神鳥・ガルーダと、それぞれの乗り物を祭る堂が対峙しています。また外壁には、古代インドの叙事詩『ラーマヤナ』物語を題材にした精緻なレリーフが施され、まるで絵巻物のように展開します。

シヴァ神殿内には、シヴァの息子で象の顔をした神ガネーシャ像や、シヴァの妻で女神のドゥルガ像も安置されています。その昔、大男に求婚され困ったロロ・ジョングラン姫は、一晩で千の寺院を造れたら妻になると約束。999の寺院まで完成したとき、ロロ・ジョングラン姫が一計を案じ、夢やぶれた大男は怒り狂い、呪いをかけられた姫は哀れ石像に。その姿がドゥルガ像といわれます。大男が造ったと伝わるセウ(千の意味)寺院が今に残り、この寺院の守護神クベラの像を地元ではクラササ(大男の意味)と呼んでいると聞けば、伝説がまことしやかに思えてきます。

続きを読む

中心寺院のロロ・ジョングラン寺院には、高さ約47mのシヴァ神殿を中心にブラフマ神殿、ヴィシュヌ神殿が配され、シヴァ神には牡牛・ナンディ像、ブラフマ神には白馬・ハンサ、ヴィシュヌ神には神鳥・ガルーダと、それぞれの乗り物を祭る堂が対峙しています。また外壁には、古代インドの叙事詩『ラーマヤナ』物語を題材にした精緻なレリーフが施され、まるで絵巻物のように展開します。

シヴァ神殿内には、シヴァの息子で象の顔をした神ガネーシャ像や、シヴァの妻で女神のドゥルガ像も安置されています。その昔、大男に求婚され困ったロロ・ジョングラン姫は、一晩で千の寺院を造れたら妻になると約束。999の寺院まで完成したとき、ロロ・ジョングラン姫が一計を案じ、夢やぶれた大男は怒り狂い、呪いをかけられた姫は哀れ石像に。その姿がドゥルガ像といわれます。大男が造ったと伝わるセウ(千の意味)寺院が今に残り、この寺院の守護神クベラの像を地元ではクラササ(大男の意味)と呼んでいると聞けば、伝説がまことしやかに思えてきます。

Photos

世界遺産|プランバナン寺院群 レリーフ
▲シヴァ堂の外壁を飾る『ラーマヤナ』のレリーフ
©ASEAN-Japan Centre
世界遺産|プランバナン寺院群 ガネーシャ像
▲障害を取り去るといわれるガネーシャ像
©ASEAN-Japan Centre

Data

◆登録名:
プランバナン寺院遺跡群
◆登録年:
1991年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ジョグジャカルタからバスで約40分。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

プランバナン寺院群|インドネシア 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved