タンロン王城遺跡

|ベトナム 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第281回 ベトナム タンロン王城遺跡 今なお壮大な遺構が眠る ベトナム歴代王朝の宮城跡

第281回 ベトナム

タンロン王城遺跡

今なお壮大な遺構が眠る ベトナム歴代王朝の宮城跡

世界遺産|タンロン王城遺跡

Story

トナムの首都ハノイで2002年、巨大な遺跡群が発見されました。それはベトナム最初の民族王朝の都、タンロンの宮城の跡でした。発掘が進むにつれ、ベトナム諸王朝の各時代の遺構が重なるように眠る貴重な遺跡とわかり、2010年に世界遺産に登録されました。

中国の支配を退け、ベトナムに長期的な統一政権を打ち立てた李朝が、中国支配時代の砦の跡に1010年、宮城を創建し都としたのがタンロン(昇龍の意)でした。以降、陳朝、胡朝、黎朝と王朝は交代するものの遷都は行われず、阮朝がフエに王宮の建設を開始する1805年までタンロンは都であり続けました。しかし、その後はインドシナ戦争やベトナム戦争の戦禍にさらされたタンロンの地。そして2002年、新国会議事堂の建設にあたって行われた発掘調査によって、ベトナム歴代王朝の壮大な遺構が日の目を見ることになります。

長らく軍の統治下にあったタンロンが、一般に開放されたのは遺跡の発見によるもの。現在も発掘調査が続き、観光できる世界遺産区域は端門から正北門まで。入場ゲートをくぐるとベトナム国旗がはためく塔のそばに建つのが南門である端門。楼上からは広大な宮城内を一望できます。皇帝の宮殿が建っていた中心部には基壇が残るのみですが、龍の階段が皇帝の権威を窺わせます。皇帝の側近が使用していたという後楼を経て正北門へ。外壁に残るフランス軍の砲弾の跡が生々しく、改めてベトナムの激動の歴史を感じさせます。

続きを読む

中国の支配を退け、ベトナムに長期的な統一政権を打ち立てた李朝が、中国支配時代の砦の跡に1010年、宮城を創建し都としたのがタンロン(昇龍の意)でした。以降、陳朝、胡朝、黎朝と王朝は交代するものの遷都は行われず、阮朝がフエに王宮の建設を開始する1805年までタンロンは都であり続けました。しかし、その後はインドシナ戦争やベトナム戦争の戦禍にさらされたタンロンの地。そして2002年、新国会議事堂の建設にあたって行われた発掘調査によって、ベトナム歴代王朝の壮大な遺構が日の目を見ることになります。

長らく軍の統治下にあったタンロンが、一般に開放されたのは遺跡の発見によるもの。現在も発掘調査が続き、観光できる世界遺産区域は端門から正北門まで。入場ゲートをくぐるとベトナム国旗がはためく塔のそばに建つのが南門である端門。楼上からは広大な宮城内を一望できます。皇帝の宮殿が建っていた中心部には基壇が残るのみですが、龍の階段が皇帝の権威を窺わせます。皇帝の側近が使用していたという後楼を経て正北門へ。外壁に残るフランス軍の砲弾の跡が生々しく、改めてベトナムの激動の歴史を感じさせます。

Photos

世界遺産|タンロン王城遺跡
▲「昇龍」の名前をもつタンロン王城遺跡にある龍の階段
世界遺産|タンロン王城遺跡
▲古い城下町や旧市街が残るベトナムの首都ハノイの街並み

Data

◆登録名:
ハノイ-タンロン王城遺跡中心地区
◆登録年:
2010年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ノイバイ国際空港から車で約60分

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

タンロン王城遺跡|ベトナム 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved