フィリピン・コルディリェーラの棚田群

|フィリピン 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第271回 フィリピン フィリピン・コルディリェーラの棚田群 国内外の支援により甦った 2000年かけて創られた棚田の景観

第271回 フィリピン

フィリピン・コルディリェーラの棚田群

国内外の支援により甦る2000年かけて創られた棚田の景観

世界遺産|フィリピン・コルディリェーラの棚田群

Story

「耕して天に至る」。棚田の風景を形容するのによく使われる表現ですが、フィリピン・ルソン島北部の中央山岳地帯に築かれた棚田群はまさにそれ。バナウエ周辺のコルディリェーラ山脈の急斜面に沿って、「天国への階段」とも呼ばれる壮大な景観が広がります。

コルディリェーラの棚田群は、総面積2万ヘクタールと世界最大規模。棚田のあぜをつなぎ合わせると2万㎞、地球を半周するほどの長さになるといわれています。この地に生きる山岳民族のイフガオ族が、標高1,000mを越える高峰の山腹をほとんど人力だけで耕し、米を作り、昔ながらの生活を2000年以上にわたって守り続けてきました。人間の営みと自然の調和から生まれ、今に受け継がれてきた棚田の景観はかけがえのないもので、1995年世界遺産に登録されました。とりわけ青々と育つ稲や黄金色の稲穂に覆われる棚田群は壮観です。

この山岳地帯の村にも近代化の波は否応なしに押し寄せ、生活の変化や後継者不足による耕作放棄などから棚田が荒廃、景観の維持管理が行き届かなくなり、2001年には危機遺産リストに登録される事態に。そこで「棚田を守ろう」と立ち上がったのが、日本を含む国内外の支援団体。伝統的な農法による棚田の保全、技術や知識の伝承が図られ、2012年にリストから解除されて危機を乗り越えました。棚田の景観とともに、手作業による田植えや稲刈りなど、昔ながらの農作業風景が次代へ継承されることを願いたいものです。

続きを読む

コルディリェーラの棚田群は、総面積2万ヘクタールと世界最大規模。棚田のあぜをつなぎ合わせると2万㎞、地球を半周するほどの長さになるといわれています。この地に生きる山岳民族のイフガオ族が、標高1,000mを越える高峰の山腹をほとんど人力だけで耕し、米を作り、昔ながらの生活を2000年以上にわたって守り続けてきました。人間の営みと自然の調和から生まれ、今に受け継がれてきた棚田の景観はかけがえのないもので、1995年世界遺産に登録されました。とりわけ青々と育つ稲や黄金色の稲穂に覆われる棚田群は壮観です。

この山岳地帯の村にも近代化の波は否応なしに押し寄せ、生活の変化や後継者不足による耕作放棄などから棚田が荒廃、景観の維持管理が行き届かなくなり、2001年には危機遺産リストに登録される事態に。そこで「棚田を守ろう」と立ち上がったのが、日本を含む国内外の支援団体。伝統的な農法による棚田の保全、技術や知識の伝承が図られ、2012年にリストから解除されて危機を乗り越えました。棚田の景観とともに、手作業による田植えや稲刈りなど、昔ながらの農作業風景が次代へ継承されることを願いたいものです。

Photos

世界遺産|バダッド村のライステラス
▲美しい眺めが訪れた者を魅了するバタッド村の棚田
世界遺産|バンガアンの棚田
▲状態の良い棚田が現存するバンガアン

Data

◆登録名:
フィリピン・コルディリェーラの棚田群
◆登録年:
1995年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
首都マニラからバナウエまでバスで約9時間。

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

フィリピン・コルディリェーラの棚田群|フィリピン 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved