クレムリン

|ロシア 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第75回 ロシア クレムリン 激動の歴史に彩られた 政治と宗教の聖地

第75回 ロシア

クレムリン

激動の歴史に彩られた 政治と宗教の聖地

世界遺産|クレムリン

Story

シア語でクレムリは「城塞」を意味する言葉。ロシア各地に存在する中で、最も壮大かつ有名なのがモスクワのクレムリンであり、街はここから放射状に発展。1156年に木造の砦として誕生し、15世紀後半にはイワン大帝によってほぼ現在の威容に整えられました。ロシア正教の総本山として多くの聖堂が築かれる一方で、帝政ロシア〜ソ連時代、現在に至るまで政治の中心地であり続けています。

総延長約2,235mの城壁内には、見どころが満載。ウスペンスキー大聖堂やブラゴヴェシチェンスキー聖堂など、ロシア正教会内部の荘厳なイコン(聖像画)やイコノスタス(聖障)は必見。圧巻は武器庫とダイヤモンド庫で、ミハイル・ロマノフの王座、緻密な細工と仕掛けが施された黄金のイースターエッグ、エカテリーナ2世に贈られた世界最大のダイヤなど、居並ぶロマノフ王朝の至宝に目を見張ります。

クレムリンと並ぶモスクワの象徴、赤の広場。ロシア革命の舞台でもあり、軍事パレードのイメージが強い場所ですが、ソ連解体後は映画の撮影やロックコンサートが行われるなど、すっかり変貌。かつて参拝客が列を成したレーニン廟の向かいには、宮殿を思わせる外観の国営百貨店グム、右手には玉ねぎ形の屋根を戴く聖ワシリー聖堂が聳えています。

続きを読む

総延長約2,235mの城壁内には、見どころが満載。ウスペンスキー大聖堂やブラゴヴェシチェンスキー聖堂など、ロシア正教会内部の荘厳なイコン(聖像画)やイコノスタス(聖障)は必見。圧巻は武器庫とダイヤモンド庫で、ミハイル・ロマノフの王座、緻密な細工と仕掛けが施された黄金のイースターエッグ、エカテリーナ2世に贈られた世界最大のダイヤなど、居並ぶロマノフ王朝の至宝に目を見張ります。

クレムリンと並ぶモスクワの象徴、赤の広場。ロシア革命の舞台でもあり、軍事パレードのイメージが強い場所ですが、ソ連解体後は映画の撮影やロックコンサートが行われるなど、すっかり変貌。かつて参拝客が列を成したレーニン廟の向かいには、宮殿を思わせる外観の国営百貨店グム、右手には玉ねぎ形の屋根を戴く聖ワシリー聖堂が聳えています。

Photos

ウスペンスキー大聖堂 フレスコ画
▲ウスペンスキー大聖堂の壁や屋根を飾るイコンとフレスコ画
世界遺産|聖ワシリー聖堂
▲9つのねぎ坊主がそれぞれ教会になっている、聖ワシリー聖堂

Data

◆登録名:
モスクワのクレムリンと赤の広場
◆登録年:
1990年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
地下鉄ボロヴィツカヤ駅またはビブリオチェーカ・イーメニ・レーニナ駅から徒歩約4分、もしくはアレクサンドローフスキー・サート駅から徒歩約5分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

クレムリン|ロシア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved