クロンボー城|デンマーク 世界遺産

|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第40回 デンマーク クロンボー城 戯曲の舞台となった ドラマチックな古城

第40回 デンマーク

クロンボー城

戯曲の舞台となった ドラマチックな古城

世界遺産|クロンボー城

Story

“生きるか、死ぬか。それが問題だ”英国の偉大なる劇作家ウィリアム・シェイクスピア(1564〜1616)が著した四大悲劇の中でも、特に傑作の誉れ高い『ハムレット』の中の名台詞です。原書を読んだことも、舞台を見たこともなくとも、この台詞を知らない人はおそらくいないでしょう。コペンハーゲンから北へ約44km、対岸にスウェーデンを望むエアスン海峡に面したヘルシオアにあるクロンボー城こそが、この戯曲の舞台。

元々は海峡通行税を徴収する目的で建造された砦でしたが、1585年にフレデリク2世によって再建され、その後幾度となく戦争や火災に見舞われ姿を変えました。菱形の城館の一角は灯台となっていて、バルト海の要塞だった過去は堅牢な城壁と壕、海に向かって並ぶ砲台からもうかがえます。煉瓦造りの重厚で風格ある風貌は北欧ルネサンス様式の傑作。北棟は王の住居、西棟は王妃の住居、東棟は王族の部屋と厨房、南棟は教会になっており、室内には18〜19世紀の家具や調度品、オランダのアントワープで織られた見事なタペストリーなどが飾られています。王の間と王妃の間の天井画、北欧一の大ホール騎士の間の絵画コレクションも必見。地下牢には、眠れる英雄ホルガー・ダンスクの像があり、国家が存亡の危機にさらされた時に目覚めるという伝説の巨人です。

18世紀には、悲恋のデンマーク王妃マチルダがここで幽閉生活を送ったという逸話もあり、王家の陰謀が渦巻く世界であったとしても不思議ではない不気味さが漂っています。城の真ん中にある広い中庭では、毎年夏にシェイクスピアの野外劇が上演されています。

続きを読む

元々は海峡通行税を徴収する目的で建造された砦でしたが、1585年にフレデリク2世によって再建され、その後幾度となく戦争や火災に見舞われ姿を変えました。菱形の城館の一角は灯台となっていて、バルト海の要塞だった過去は堅牢な城壁と壕、海に向かって並ぶ砲台からもうかがえます。煉瓦造りの重厚で風格ある風貌は北欧ルネサンス様式の傑作。北棟は王の住居、西棟は王妃の住居、東棟は王族の部屋と厨房、南棟は教会になっており、室内には18〜19世紀の家具や調度品、オランダのアントワープで織られた見事なタペストリーなどが飾られています。王の間と王妃の間の天井画、北欧一の大ホール騎士の間の絵画コレクションも必見。地下牢には、眠れる英雄ホルガー・ダンスクの像があり、国家が存亡の危機にさらされた時に目覚めるという伝説の巨人です。

18世紀には、悲恋のデンマーク王妃マチルダがここで幽閉生活を送ったという逸話もあり、王家の陰謀が渦巻く世界であったとしても不思議ではない不気味さが漂っています。城の真ん中にある広い中庭では、毎年夏にシェイクスピアの野外劇が上演されています。

Photos

世界遺産|クロンボー城空撮
▲突き出た場所に海峡を見張る様に建つクロンボー城
世界遺産|コペンハーゲンの街並み
▲市内にも名所・旧跡が点在する首都コペンハーゲン

Data

◆登録名:
クロンボー城
◆登録年:
2000年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
コペンハーゲン駅から電車で約1時間、ヘルシンオア駅下車徒歩約10分
◆時間:
10:30〜17:00(5/1〜9/30の場合。季節・月・特定日により異なる)

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

クロンボー城|デンマーク 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved