イースター島|チリ 世界遺産

|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第27回 チリ イースター島 神秘と謎に満ちた 絶海の孤島

第27回 チリ

イースター島

神秘と謎に満ちた 絶海の孤島

世界遺産|イースター島

Story

リ本土から西へ約3,800km沖合の太平洋上に浮かぶ孤島、ラパ・ヌイ。周囲約60km、面積約180km²、北海道の利尻島とほぼ同じ大きさの火山島は、全体がラパ・ヌイ国立公園に指定されています。ラパ・ヌイとは現地語で「大地」を意味し、1722年の復活祭の日にオランダ海軍提督ヤコブ・ロッゲフェーンによって発見されたため、イースター島と名付けられました。

この島を世界的に有名にしたのは言わずと知れた巨石像モアイの存在。10世紀から16世紀にかけて盛んに造られたモアイは、島で産出される凝灰岩でできており、祖先信仰の偶像としてアフと呼ばれる祭壇に祀られたものと考えられています。モアイは島の全域に配置され、石切り場のラノ・ララク、唯一モアイが海に向かって立つアフ・アキビ、女性のモアイがいるアフ・ビナプ、目をもつモアイで有名なタハイなど、見どころは尽きません。

ラパ・ヌイの文化に触れるなら、洞窟の住居跡アテナ・パフ、鳥人儀式で知られるオロンゴも必見です。鉄器を持たなかった先住民はどうやってモアイを製作したのか、重さ10トンものモアイをどうやって運んだのか、さらにアフの上にどうやってモアイを立たせたのか? キリスト教布教の妨げになると、ロンゴロンゴ文字で書かれた資料の多くが焼き払われたため、それらはいまもって謎のベールに包まれています。

続きを読む

この島を世界的に有名にしたのは言わずと知れた巨石像モアイの存在。10世紀から16世紀にかけて盛んに造られたモアイは、島で産出される凝灰岩でできており、祖先信仰の偶像としてアフと呼ばれる祭壇に祀られたものと考えられています。モアイは島の全域に配置され、石切り場のラノ・ララク、唯一モアイが海に向かって立つアフ・アキビ、女性のモアイがいるアフ・ビナプ、目をもつモアイで有名なタハイなど、見どころは尽きません。

ラパ・ヌイの文化に触れるなら、洞窟の住居跡アテナ・パフ、鳥人儀式で知られるオロンゴも必見です。鉄器を持たなかった先住民はどうやってモアイを製作したのか、重さ10トンものモアイをどうやって運んだのか、さらにアフの上にどうやってモアイを立たせたのか? キリスト教布教の妨げになると、ロンゴロンゴ文字で書かれた資料の多くが焼き払われたため、それらはいまもって謎のベールに包まれています。

Photos

世界遺産|モアイ像
▲小さな島にはおよそ1,000体ものモアイ像が点在
▲オロンゴに残された岩面彫刻は鳥人信仰の現れとされる

Data

◆登録名:
ラパ・ヌイ国立公園
◆登録年:
1995年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
飛行機でサンディアゴからイスラ・デ・パスクアまで約5時間40分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

イースター島|チリ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved