オルホン渓谷文化的景観

|中国 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第223回 モンゴル オルホン溪谷文化的景観 広大な草原に点在する 遊牧民2000年の文化遺産

第223回 モンゴル

オルホン溪谷文化的景観

広大な草原に点在する 遊牧民2000年の文化遺産

世界遺産|オルホン溪谷文化的景観

Story

ンゴル中央部を流れるオルホン川の両岸には、豊かな水と肥沃な土地に恵まれた渓谷が広がり、先史時代からモンゴル帝国の時代まで、様々な遊牧民がこの地を拠り所としてきました。オルホン渓谷には、2000年以上にわたり培われてきた遊牧民の歴史の証として数多くの遺跡が点在し、2004年に一帯が世界遺産に登録されました。

オルホン渓谷に最初の重要なモニュメントを遺したのは、6~7世紀にモンゴル高原から中央アジアまでを支配したテュルク系の突厥(トッケツ)です。渓谷に建つ石碑には、遊牧系最古の文字とされる突厥文字が刻まれています。またハルバルガス遺跡は、突厥に代わって8~9世紀に興ったウイグル帝国の王宮跡といわれます。なかでもとりわけ有名な遺跡は、13~14世紀に大帝国を築いたモンゴル帝国の都カラコルムでしょう。カラコルムを建設した第2代皇帝オゴタイハンの宮殿跡付近には、亀趺(きふ)と呼ばれる台石が見られます。これは亀に似た霊獣を花崗岩で刻んだもので、永遠の繁栄を願って造られたと一説にあります。亀趺の背後に建つエルデニ・ゾー寺院は、モンゴル初の仏教寺院です。帝国時代の建造物を再利用して16世紀に建立され、広野に並ぶ108の白い仏塔が無常観を漂わせています。

遺跡群が大草原地帯で次々に発掘され、遊牧の民が悠久の時をかけ紡いできた伝統を目の当たりにできる、オルホン渓谷。草原のかなたに、馬を巧みに操り疾駆する勇士の姿が見えるかもしれません。

続きを読む

オルホン渓谷に最初の重要なモニュメントを遺したのは、6~7世紀にモンゴル高原から中央アジアまでを支配したテュルク系の突厥(トッケツ)です。渓谷に建つ石碑には、遊牧系最古の文字とされる突厥文字が刻まれています。またハルバルガス遺跡は、突厥に代わって8~9世紀に興ったウイグル帝国の王宮跡といわれます。なかでもとりわけ有名な遺跡は、13~14世紀に大帝国を築いたモンゴル帝国の都カラコルムでしょう。カラコルムを建設した第2代皇帝オゴタイハンの宮殿跡付近には、亀趺(きふ)と呼ばれる台石が見られます。これは亀に似た霊獣を花崗岩で刻んだもので、永遠の繁栄を願って造られたと一説にあります。亀趺の背後に建つエルデニ・ゾー寺院は、モンゴル初の仏教寺院です。帝国時代の建造物を再利用して16世紀に建立され、広野に並ぶ108の白い仏塔が無常観を漂わせています。

遺跡群が大草原地帯で次々に発掘され、遊牧の民が悠久の時をかけ紡いできた伝統を目の当たりにできる、オルホン渓谷。草原のかなたに、馬を巧みに操り疾駆する勇士の姿が見えるかもしれません。

Photos

世界遺産|エルデニ・ゾー寺院
▲大帝国を築いたモンゴル帝国の面影を垣間見れるカラコルム遺跡
世界遺産|エルデニ・ゾー寺院 ストゥーバ
▲広野に佇むエルデニ・ゾー寺院には、108もの仏塔が立ち並びます

Data

◆登録名:
オルホン渓谷文化的景観
◆登録年:
2004年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
首都ウランバートルから南西に約400km、車で約6時間

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

オルホン渓谷文化的景観|中国 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved