グレート・バリア・リーフ

|オーストラリア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第136回 オーストラリア グレート・バリア・リーフ 多種多様な生命を育む 世界最大のサンゴ礁群

第136回 オーストラリア

グレート・バリア・リーフ

多種多様な生命を育む 世界最大のサンゴ礁群

世界遺産|グレート・バリア・リーフ

Story

レート・バリア・リーフはオーストラリアの北東、クイーンズランド州の東岸に全長約2,000kmに渡って連なる世界最大のサンゴ礁群。日本列島の面積に匹敵する海域に、400種を数えるサンゴ、1500種もの魚類が生息。世界中のダイバーが憧れる海洋生物の楽園です。

サンゴ礁はサンゴが分泌した石灰の骨格が堆積したもの。グレート・バリア・リーフは、約200万年前から堆積した石灰岩の上で生き続ける巨大なサンゴ礁。サンゴはプランクトンを摂取するほか、褐虫藻という藻類が共生し、光合成を行い栄養をサンゴに供給しています。そのため太陽光が十分に届く、水温18〜30度の海中でないと生きていけません。サンゴにとって最適の環境であった温暖な気候と水深の浅い大陸棚が、大サンゴ礁と約600の島々を誕生させたともいえるでしょう。なかでも約6,000年をかけてサンゴ礁が隆起してできたグリーン島は「ケアンズの宝石」と呼ばれる美しさ。またハミルトン島では、ハート形のリーフを空から眺める遊覧飛行が人気です。

カクレクマノミなど小さな魚たちの棲み家となり、絶滅危惧種であるアカウミガメの産卵場所となり、マンタやサメなど大型生物の生息地にもなっているグレート・バリア・リーフ。しかし近年、白化現象によりサンゴが減少し、サンゴの恩恵を受けている多くの生命が危機にさらされています。温暖化など気候変動よる水温の上昇、環境汚染などが原因と考えられ、貴重な生態系の破壊が懸念されます。

続きを読む

サンゴ礁はサンゴが分泌した石灰の骨格が堆積したもの。グレート・バリア・リーフは、約200万年前から堆積した石灰岩の上で生き続ける巨大なサンゴ礁。サンゴはプランクトンを摂取するほか、褐虫藻という藻類が共生し、光合成を行い栄養をサンゴに供給しています。そのため太陽光が十分に届く、水温18〜30度の海中でないと生きていけません。サンゴにとって最適の環境であった温暖な気候と水深の浅い大陸棚が、大サンゴ礁と約600の島々を誕生させたともいえるでしょう。なかでも約6,000年をかけてサンゴ礁が隆起してできたグリーン島は「ケアンズの宝石」と呼ばれる美しさ。またハミルトン島では、ハート形のリーフを空から眺める遊覧飛行が人気です。

カクレクマノミなど小さな魚たちの棲み家となり、絶滅危惧種であるアカウミガメの産卵場所となり、マンタやサメなど大型生物の生息地にもなっているグレート・バリア・リーフ。しかし近年、白化現象によりサンゴが減少し、サンゴの恩恵を受けている多くの生命が危機にさらされています。温暖化など気候変動よる水温の上昇、環境汚染などが原因と考えられ、貴重な生態系の破壊が懸念されます。

Photos

世界遺産|グレート・バリア・リーフ サンゴ
▲成長し続けるサンゴは、多くの海洋生物の棲み家となっている
世界遺産|グレート・バリア・リーフ グリーン島
▲島内のなかでは唯一、熱帯雨林の植物が生える珊瑚の島・グリーン島

Data

◆登録名:
グレート・バリア・リーフ
◆登録年:
1981年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
ケアンズ、シドニー、ブリスベンから国内線でグレート・バリア・リーフ内の各島まで約1時間

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

グレート・バリア・リーフ|オーストラリア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved