●定番!王道!吉田ルートで登る! 富士山 2日間

ワクチン・検査パッケージ適用

お気に入りに追加されました

1/

富士山 ご来光/イメージ
富士山 ご来光/イメージ
富士山 ご来光/イメージ
富士山 ご来光/イメージ
富士山 山頂の様子/イメージ
富士山 山頂の様子/イメージ
富士山 山頂直下/イメージ
富士山 山頂直下/イメージ
富士山 富士浅間神社奥宮/イメージ
富士山 富士浅間神社奥宮/イメージ
富士山 登山風景八合目/イメージ
富士山 登山風景八合目/イメージ
富士山 登山風景/イメージ
富士山 登山風景/イメージ
富士山 登山風景/イメージ
富士山 登山風景/イメージ
富士山 ご来光/イメージ
富士山 ご来光/イメージ
富士山 山頂の様子/イメージ
富士山 山頂直下/イメージ
富士山 富士浅間神社奥宮/イメージ
富士山 登山風景八合目/イメージ
富士山 登山風景/イメージ
富士山 登山風景/イメージ

旅行代金 39,900~41,900

  • カード利用可

出発日・旅行代金を見る

  • 新コース
  • 添乗員同行
  • おひとり様
  • 世界遺産
  • ワクチン・検査パッケージ適用

設定期間2022年7月31日~2022年8月28日

ブランド トラピックス HNT
コース番号 8Y243Y
出発地 愛知県
目的地 北陸・甲信越/山梨県  
旅行期間 2日間

こだわりポイント

  • ワクチン・検査パッケージ適用ツアー
  • スタート地点は、富士スバルライン五合目(標高 約2,300m)!日本一の頂へ!自分の足で登る感動を…!
  • お客様20名様につき登山ガイドが1名同行します!

新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

出発日・旅行代金

旅行代金は 大人1名を表示しています。

年齢区分 大人/12歳〜、子供/6歳〜11歳

設定期間2022年7月31日~2022年8月28日

20227

7月出発のツアー最安値
39,900

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

残席

39,900
 

予約する

※この料金は 2022年3月11日 時点に算出された旅行代金です。

※空席情報は随時変動しますので目安としてご参照ください。ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承ください。

◎余裕あり ◯残席あり △残席わずか

リクエスト受付とは

催行が表示されている出発日は、催行いたします。
催行中止が表示されている出発日は、催行中止となりました。お申込み済みのツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。

催行確定お知らせメールを受け取る

おすすめポイント


☆★☆ ツアーポイント ☆★☆
【1】山梨県側から登ります!
【2】これぞ富士山のスタンダードコース!初めて登る方におすすめいたします!
富士登山、ご来光の雰囲気をしっかり味わえます!
※雲海とご来光は気象状況によりご覧いただけない場合がございます。
【3】添乗員・登山ガイド付き!登頂をサポートします♪
【4】ご参加のお客様に【阪急交通社オリジナルピンバッチ】をプレゼント!(おひとり様1つ)


☆★☆ 服装・衣類のアドバイス ☆★☆
早朝・ご来光の時間帯(04~05時頃)の富士山頂の気温は、真冬並の0~5℃になります。
夏真っ盛りの富士山への往復道中から、気温20~25℃の五合目で着替えて登山スタート。
春の服装・衣類(五合目)から真冬の服装(登頂・ご来光)への「重ね着」のイメージです。

・上着は体温調節のしやすい物(前開きなど脱着衣し易いもの)
・帽子(ハット・キャップいずれでも。風で飛ばされないよう工夫を)
・動きやすく丈夫なズボン(シーンズは重くて曲がらないので不適、レギンス&スカートでは山頂で寒いかもしれません)
・手袋(防寒・怪我の防止にも)
・厚手の靴下(重ね履きも有効。防寒と靴擦れ防止)

☆★☆ 吉田ルートの特徴 ☆★☆
山小屋やトイレがルート上に多くあり、安心して登れる!登りと下りのルートが違うため、下山時も景色を楽しめる!

☆★☆☆ 吉田ルート登山道について ☆★☆
スタート地点は、富士スバルライン五合目(標高 約2,300m)。山頂までの標高差 約1,400m。

【富士スバルライン五合目 → 六合目】
・五合目からしばらくは平坦な広い道。
・泉ヶ滝で吉田口五合目へ至る道と分岐。
・六合目はやや急になり、樹林帯の中を歩きます。シェルターを抜けると富士山安全指導センターの建物が見え、六合目に到着。
・六合目で北口本宮冨士浅間神社からの吉田口登山道と合流。

【六合目 → 七合目】
・六合目からは登山の装備が必要。ここからは、日陰がないため熱中症に注意。
・七合目の最初の山小屋までしばらくジグザグの広い道が続きます。
・最初の山小屋「花小屋」からは、急な岩場の登山。

【七合目 → 本八合目】
・さらに岩場が急になります。
・混雑時には、山頂での御来光を目指す夜間登山者による渋滞が始まります。
・八合目太子館に八合目救護所が併設。この付近で標高3,000mを超え、高山病にかかる人が多くなるため、ゆっくりと、こまめな水分補給と深呼吸を忘れずに。
・本八合目で須走ルートと合流。八合目から本八合目までの間で、富士山に次いで標高の高い北岳3,193mよりも高くなる。

【本八合目 → 山頂(久須志神社前)】
・本八合目以上は富士山本宮浅間大社奥宮の境内地。
・最後の山小屋「御来光館」を過ぎると、次は九合目の鳥居。
・九合五勺の迎久須志神社を経て、最後の鳥居をくぐり、山頂の久須志神社前に到着。



■バス座席前方プランについて
バス座席前方2~3列目座席確約プランです。(おひとり様1,000円増し/1日あたり)
ご希望のお客様は、事前申し込みをお願いいたします。
バス座席前方プランにお申込みいただいたお客様が定員に満たない場合は、バス座席前方プランにお申込みいただいていないお客様が利用いたします。
グループ内のお客様全員がお申込みいただく必要はありませんが、お申込みいただいたお客様とお申込みいただいていないお客様がグループ内に混在している場合、座席が離れますので予めご了承ください。

ウォーキング・ハイキング・トレッキング・登山ツアーご参加の方は、お申込み前に必ずこちらのご案内をお読みください。

もっと見る

人気の観光地へご案内

眼下の展望開ける森林限界、本格的な富士山登山スタート! 

眼下の展望開ける森林限界、本格的な富士山登山スタート! 

富士スバルラインの終点、標高2,305メートルの地点にある富士山五合目駐車場は、天地の境と呼ばれています。登山ゲートを超えると里見平があり、眼下に山中湖や河口湖、富士吉田市、遠くには日本アルプスが見渡せる展望スポットです!里見平を進むと泉ヶ滝の分岐があり、まっすぐ行くと佐藤小屋に、右に行くと本格的な富士登山が始まります。
五合目登山口に着いたら、90分ほどで気圧になれます。ここで、筋肉のストレッチを登山開始前に忘れないように!開始時に急いで登ると後からペースが落ちるので、ゆっくり進むことが重要です!もっとも登りやすいとされている「吉田ルート」は、初めての方にも最適な人気の登山道です。

富士スバルラインで出発準備 人気の「吉田ルート」登山に挑戦!

富士スバルラインで出発準備 人気の「吉田ルート」登山に挑戦!

富士山には、毎年夏の登山シーズンになると登山初心者から経験者まで多くの人々が登山を楽しんでいます。今回は、富士山登山において最も人気のある「吉田ルート」を登山していただきます!富士山山頂へ向かうルートは、合計で4つあります。その中でも最も人気のルートが吉田ルートです。吉田ルートを使って登山を行う人々は全体のうち60%を占めるとも言われています。まず、吉田ルートの出発地は、「富士スバルライン五合目(標高2305m)」です。山頂までの標高差は1450mで、往復にすると14kmの道のりを歩くことになります。また、山頂までの所要時間はおおよそ山頂までは登りが6時間程度・下りが3時間半程度であるとと言われています。富士スバルライン五合目周辺には、多くの食堂やおみやげ屋さん・登山用品を売るお店などがあり観光地となっています。こちらで出発準備を整えていざ出発!登山ガイドも同行なので安心です。

富士信仰の中心地 浅間神社の総本宮「富士山本宮浅間大社」

富士信仰の中心地 浅間神社の総本宮「富士山本宮浅間大社」

浅間大神(あさまのおおかみ)をお祀りしている1300余の浅間神社の総本宮と称される「富士山本宮浅間大社」。浅間大神は富士山を御神体として鎮まる神で正式には木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)といいます。
富士山本宮浅間大社のはじまりは、第7代孝霊天皇の御代に起きた富士山の大噴火にさかのぼります。富士山の大噴火により周辺住民は住めなくなり、荒れ果てた状態が長く続きました。その後第11代垂仁天皇の御代に、それを憂い浅間大神を富士の地に祀り山霊を沈められたのが富士山本宮浅間大社の起源です。
浅間神社の総本陣であり、富士信仰の中心地といえる場所である富士山本宮浅間大社は、富士山の強力な大地のエネルギーがたまるパワースポットになっています。
※写真はイメージです。

もっと見る

利用ホテル

  • <富士山 八合目>山小屋 太子館(予定) ※男女混合相部屋となる場合がございます。 ※就寝時には不織布マスクの着用をお願いする場合がございます。 ホテルランクは、当社で過去にご参加いただいたお客様の評価と添乗員のレポート、並びに当社評価をもとに独自のグレード区分を行っております。 グレード区分は高い順から「S」、「A」、「B」、「C」に分類致しております。

日程表

移動マークの説明

  • 飛行機
    飛行機
  • バス
    バス
  • 電車
    電車
  • JR
    JR
  • 船
  • 徒歩
    徒歩
  • 車
  • ロープウェイ
    ロープウェイ
  • その他
    その他

観光マークの説明

  • 入場観光
    入場観光
  • 下車観光
    下車観光(施設等へは入場しません)
  • 車窓観光
    車窓観光
  • 乗車または乗船観光
    乗車または乗船観光(※)
  • ショッピング
    ショッピング
  • 食事・ショッピング
    食事・ショッピング

※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です。

時間帯の目安

早朝 午前 午後 夕刻 深夜
4:00 6:00 8:00 11:00 13:00 16:00 18:00 23:00 4:00

1日目

富士山 五合目/イメージ
富士山 五合目/イメージ
富士山 五合目からの眺め/イメージ
富士山 五合目からの眺め/イメージ
富士山 登山風景/イメージ
富士山 登山風景/イメージ

JR名古屋駅西口・太閤通口広場噴水周辺(7:00集合/7:15出発)

吉田口五合目【標高2,305m】

七合目【標高2,740m】

富士山 八合目(16:30~17:30)<泊>バス走行距離:約305km

食事
【朝食】× 【昼食】× 【夕食】山小屋
滞在先
八合目 太子館【標高3,100m】(予定)

2日目

富士山 登山風景八合目/イメージ
富士山 登山風景八合目/イメージ
富士山 山頂直下/イメージ
富士山 山頂直下/イメージ
富士山 山頂の様子/イメージ
富士山 山頂の様子/イメージ

山小屋(1:00頃発)

吉田口山頂【標高3,710m】

八合目

吉田口五合目

◎富士吉田(入浴):約40分

JR名古屋駅(19:30~20:30着)バス走行距離:約305km

※ご朝食について
山頂へ持参できるようにお弁当をご用意しております。
食事
【朝食】お弁当 【昼食】× 【夕食】×

重要事項


※ツアー参加条件(1または2のいずれか、および3の内容を証明いただきます。)
1、ワクチン2回接種済で、接種日から14日以上経過していること
2、出発日の3日前以降に採取した検体による PCR 検査結果または抗原定量検査の結果が陰性であること
※PCR検査および抗原定量検査の費用はお客様負担となります。
※検査が混みあったり、土日祝がからむと予定より時間を要する可能性がございます。
出発日前日までに検査結果が届くかどうかはお客様ご自身でご確認下さい。
3、ご出発受付時に本人を確認する書面などの提示が可能であること

上記1~3に加え、当社感染防止対策にご協力いただけることが参加条件となります。
出発当日受付にて接種済証明書または陰性を証明できるもののご提示が必要です。(コピーまたは写真でも可)
※3回目(以降同様)接種済みの方は最後に接種された際の記録書、証明書をご提示いただければ、2回目までの記録のご提示は不要です。
詳しくはこちらをご確認ください
URL:https://blog.hankyu-travel.com/news/2021/09/pcr.php
※お申込み時にオプショナル欄より1または2をご指定下さい。
※電話でお申し込みの場合は、オペレーターにお申し出ください。
※上記参加条件は、今後の状況により変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


※※※ 必ずお読みください ※※※

■当社基準による難易度
【難易度】登山中級:5時間以上または標高差700m以上の登山、トレッキングルートで岩場・鎖場・急坂・悪路などがあるコース
【歩行時間】1日目:約4時間30分 2日目:9時間
【歩行距離】1日目:約5km 2日目:約9km
【標高差】1日目:約945m 2日目:1,471m
【最高標高地点】1日目:約3,250m 2日目:3,776m

■必須装備
1)登山靴
底が硬いハイカットのもの。ハイカットでない場合は、砂利が靴の中に入ります。富士山は火山砂利のため、スニーカーなどの底の薄い靴は穴があきます。
古いトレッキングシューズは靴底がはがれる可能性があります。登山前に靴の状態を必ず確認しましょう。
2)帽子
樹林帯を抜けると登山道には遮る物が無くなるため、登山者は強い日差しにさらされます。熱中症や日焼け防止のため、帽子を忘れずに。
3)長袖
4)長ズボン
動きやすいズボンがおすすめです。あまり厚手のものは雨具の装着時もジャマになるので、短ズボンやスカートの方もいますが、防寒やケガ防止のため、長ズボンがおすすめ。
5)ザック(リュックサック)
背負いやすいものだと身体への負担も軽減できます。ザックはお店で実際に背負ってみるとベスト。
腰ベルト付だと重量を腰でも支えることができるので、肩の負担が軽くなります。また肩ベルトも胸の前で固定できるものが特に良い。
6)レインウェア(上下分かれた蒸れにくい防水性素材のもの
ズボンと上着に分かれたもの。富士山では風が非常に強いので、耐久性の高い登山用の雨具が望まれます。
富士山は風が非常に強く、ビニールのレインコートは風にあおられて破けます。そのため、飛んでゴミになってしまう場合もあり、他にも傘やポンチョなどは役に立たないことがあります。
汗で濡れにくい防水透湿素材のものが望まれます。
7)飲み物(水1Lほど)
登頂を断念する最も多い原因が高山病です。高山病を防ぐため、登山中はこまめに水分を補給することが重要です。
富士山には水場や水道はありません。飲料水は各自で体力など考慮して必要量を持参するか、山小屋で飲料水を購入しましょう。
怪我をした際の洗浄用などとしても使用できるので、スポーツドリンク等だけでなくミネラルウォーターも持参しましょう。
空いたペットボトルは必ずゴミとして各自で持ち帰りましょう。
8)防寒具(ダウンジャケット等)
9)肌着等
化繊などの速乾性のものが望まれます。
10)ライト(ヘッドランプ)
ヘッドランプは必ず持参してください。登山道の渋滞や体調の悪化により、予定よりも下山が遅れる可能性があります。
日没を過ぎると急速に暗くなり、ライトを持っていない場合には、足下が見えず歩行することが出来なくなります。
急な岩場では両手を岩について登ることもあるため、懐中電灯など手に持つタイプは避け、両手が自由になるヘッドランプ等を持参してください。予備の電池も持参しましょう。
11)行動食
チョコレート、ナッツ、クッキー、キャンディーなどカロリーが高いものが望まれます。疲れたときは、甘いものが効果的です。
汗をたくさんかくので、塩分を補給できるものも忘れずに。
12)ゴミ袋
登山の際には必ずゴミ袋を用意し、自分で出したゴミは自分で持ち帰るようにしてください。
ゴミをトイレなどに置いていくのは厳禁です。弁当の空箱も持ち帰ってください。急な悪天候時には、貴重品を雨から守る為にも使用できます。
13)現金(小銭)
トイレのチップ用に小銭(100円玉)の用意をお願いいたします。ほとんどの山小屋では支払いにカードは使えません。
14)アルコール消毒液・ウェットティッシュ
往復の利用バスや山小屋にはアルコール消毒の設置がございますが、登山中の感染症対策の為、ご持参をお願いいたします。


■その他装備
・ストック
登山は足への負担の大きなスポーツです。ストックは膝への負担を軽減してくれます。特に下山時に有効です。
ストックを利用することでバランスを保ちやすくなり、転倒防止にもなります。ダブルストック(2本)だと、より安定します。植生、登山道の保護のためキャップは必ずつけましょう。
・携帯酸素
・サングラス
・日焼け止め
・タオル


■ 高山病について
・ 高所では気圧がさがる為空気が薄くなり、それに応じて含まれる酸素の量も減ります。体がそのような環境に
慣れることができず、いくつかの特徴的な症状が発症した場合、高山病と判断されます。
高山病は一般的に標高2,500mぐらいから発症する可能性があるといわれており、訪れる人すべてに高山病発症の可能性がございます。
・ 高地では下記の動作を心掛けてください。
 1.激しい運動を避け、ゆっくりと行動するようにしてください。深呼吸も有効です。走ったり大声をあげたりするのは禁物です。
 2.入浴の際は、熱い湯船にはつからず、シャワーだけで軽くお済ませください。
 3.飲酒、喫煙、食べすぎは避けてください。
 4.水分は普段より多めに補給してください。トイレに行きたくないからとお飲みにならない方もいらっしゃいますが、これは体によくありません。のどが渇いてからではなく意識的に飲むように心がけましょう。
・ 心臓、肺、血圧、糖尿病等に関する疾病をお持ちのお客様は事前に主治医の先生に旅行参加のご相談をされることをおすすめします。
・ 旅行中、万が一、高山病の症状が見受けられた場合、お客様の安全を最優先して下山していただくことがあります。
下山に関する費用はお客様のご負担となりますので予めご了承ください。


旅行条件

旅行日数 2日間
最少催行人員 25名
添乗員 同行致します(1日目JR名古屋駅より2日目JR名古屋駅まで同行致します。)
運送機関の種類または名称 往路:バス、復路:バス
航空会社
食事回数※機内食除く 朝食:1回 昼食:0回 夕食:1回

その他

※写真はすべてイメージです。
※お一人様からご参加頂けます。
※12歳未満の方のご参加はご遠慮ください。
※バスガイドは乗務いたしません。(車内での観光案内はございません。)
※車内は禁煙とさせていただきます。

■添乗員:1日目JR名古屋駅西口から2日目JR名古屋駅西口まで同行します。

■登山ガイド:お客様20名様につき1名同行します。※吉田口五合目からの同行となります。

◆受付に際して
●集合時間厳守でお願いします。
●係員が「阪急交通社」の看板(ボードまたは旗)を持って皆様をお待ちしております。
コース名をご確認いただき代表者様のお名前で受付を済まして下さい。
また、受付は同行者全員がお揃いになられてからとなります。
●当日参加されるお客様に変更がある場合、必ず係員へご報告ください。
●ご出発当日集合場所は、他社・他コースで混雑する場合がありますので、予めご了承ください。

◆バスについて
●バス等の座席指定はお受付できません。
横並びのお席をご用意できない場合もございますのでご協力お願いいたします。
また、トラピックスのバス車内は【禁煙】とさせていただいております。予めご了承ください。
●安全のため、バス走行中はシートベルトの着用をお願いいたします。
なお業務・安全管理上、添乗員が同行する場合には
ドライバーの後方1列目席を専用席として使用させいただきますので、
皆様のご理解・ご協力をあわせてお願いいたします。また、車外に出る際は必ず貴重品をお持ちください。
●バスが配車されるまで少々お待ちいただくか、徒歩にて移動していただく場合がございます。予めご了承ください。
(繁忙期にはバス配車までにお時間を要し、出発時間が大幅に遅れる場合がございます。)
※添乗員は旅程管理に万全を尽くすため、お客様と同行させて頂きますが、労働基準法の定めからも勤務中一定の
休憩時間と適宜取得させることが必要ですので、お客様各位のご理解をご高配をお願いします。

■利用予定バス会社:岐阜バス又は東海エリア利用バス会社(当社基準)
当社基準の利用バス会社は、当社ホームページ内でご確認いただけます。
http://www.hankyu-travel.com/yakkan/buslist.php

■利用バス会社は決定され次第、当社ホームページにてお知らせいたします。
http://www.hankyu-travel.com/saikou_kakutei/
※出発当日にバス車両の不具合、ドライバーの体調により、バス会社が変更となる場合があります。
(これらの理由による変更は免責となります)

旅行条件書はこちら

取引条件説明書面の交付について

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

日本国外に在住のお客様へのお知らせ

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

承認番号:210657|承認日:2022/03/10

お気に入りツアーを見る

お電話 FAX でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

メールでのお問い合せはこちらから
電話番号
ナビダイヤル 0570-05-8939
ナビダイヤル

ナビダイヤルは有料となります。料金はガイダンスでご案内いたします。公衆電話、一部の携帯電話およびIP電話からはご利用いただけません。

FAX番号
052-563-0131
営業時間
月~金9:30~17:30、土日祝日9:30~13:00
休日
年末年始はお休み

阪急交通社 トラピックス中部 国内

450-8533 名古屋市中村区名駅2-45-14 東進名駅ビル5階

総合旅行業務取扱管理者:内田勝也・下市一志・上原信・安田壮志

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく上記取扱管理者にお訊ね下さい。

旅行企画・実施

株式会社阪急交通社
530-8355 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA
観光庁長官登録旅行業第1847号
(一社)日本旅行業協会正会員

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります

その他のツアーを探す