(2名様以上参加)【第1回】東海道五十三次・街道を歩く 三条大橋~大津宿 日帰り

お気に入りに追加されました

1/

東海道五十三次 紹介動画
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
浮世絵 東海道五十三次 歌川広重/イメージ
浮世絵 東海道五十三次 歌川広重/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 竜馬・お龍結婚式場跡石碑/イメージ
東海道五十三次 竜馬・お龍結婚式場跡石碑/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ
東海道五十三次 紹介動画
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
浮世絵 東海道五十三次 歌川広重/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 竜馬・お龍結婚式場跡石碑/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ

旅行代金 7,990

  • カード利用可

出発日・旅行代金を見る

  • トラべルイヤホン
  • 添乗員同行

設定期間2022年3月5日~2022年3月27日

ブランド トラピックス HNT
コース番号 7F211N
出発地 愛知県
目的地 近畿/滋賀県・京都府  
旅行期間 1日間

こだわりポイント

  • 歌川広重作 浮世絵 東海道五十三次の阪急交通社オリジナル切手(84円)をプレゼント!
  • 全26回ご参加で全55枚の切手(84円)が揃います(53枚の宿場町+三条大橋+日本橋)
  • 全26回で東海道五十三次(約492km)を歩きます!

新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

出発日・旅行代金

旅行代金は 大人1名を表示しています。

年齢区分 大人/12歳〜、子供/6歳〜12歳、幼児/3歳〜6歳

設定期間2022年3月5日~2022年3月27日

20223

3月出発のツアー最安値
7,990

1

2

3

4

5

残席

7,990
 

予約する

6

7

残席

7,990
 

予約する

8

9

10

11

12

13

残席

7,990
 

予約する

14

15

16

17

18

19

残席

催行

7,990
 

予約する

20

残席

7,990
 

予約する

21

22

23

24

25

残席

7,990
 

予約する

26

27

残席

7,990
 

予約する

28

29

30

31

※この料金は 2021年12月16日 時点に算出された旅行代金です。

※空席情報は随時変動しますので目安としてご参照ください。ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承ください。

◎余裕あり ◯残席あり △残席わずか

リクエスト受付とは

催行が表示されている出発日は、催行いたします。
催行中止が表示されている出発日は、催行中止となりました。お申込み済みツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。

催行確定お知らせメールを受け取る

おすすめポイント

◆担当者おすすめポイント◆

【1】東海道の歴史を知り尽くしたウォークリーダーの解説付きでご案内!

【2】初心者の方でも心強い!手厚いサポート付!
全26回、総歩行距離約492kmをウォークリーダーと添乗員が一緒に無理なく歩いて制覇します!

【3】全26回すべて店内で昼食をとれるよう交渉いたしました!

【4】トラベルイヤホン付きで解説を逃さない!

【5】おひとり様でも第1回だけでも気軽にご参加いただけます!

【6】歴史好き、ウォーキング好きな方大歓迎!これを機に新しい趣味を始めてみませんか?


<第1回ご参加の方は阪急交通社オリジナルの3つのプレゼントをお渡しします!>
【1】歌川広重作 浮世絵 東海道五十三次 三条大橋の阪急交通社オリジナル切手(84円)をプレゼント!

【2】スタンプ帳をプレゼント!
各回ご参加時に各宿場のスタンプを押します!

【3】第1回~第6回のマップが記載された街道MAPをプレゼント!

◆第2回はこちらをご覧ください◆

お一人様参加(1名2席利用)の場合、こちらからご予約ください。(お一人様4,000円増しとなります。)

もっと見る

全26回で東海道五十三次を歩きます。西の起点三条大橋からスタート!

東海道五十三次の西の起点 秀吉の面影残る三条大橋からスタート

東海道五十三次の西の起点 秀吉の面影残る三条大橋からスタート

三条大橋は東海道五十三次の西の起点として知られ、鴨川に多く架かる橋の中でも特に有名なもののひとつです。 橋の北東隅に立つ札(案内板)によると、この地にいつ最初の橋が造られたかは不明であるものの、室町時代には簡素な構造のものが架けられており、秀吉の時代に本格的な橋が登場したそう。現在の橋は、昭和25年(1950)に改修されたものですが、京都らしさが感じられる佇まいです。秀吉の時代に橋脚として用いられた石柱が、今も橋の北西に残されています。

東海道中膝栗毛でお馴染みの人気者弥次さん喜多さんの銅像

東海道中膝栗毛でお馴染みの人気者弥次さん喜多さんの銅像

三条大橋の西橋詰にある弥次喜多(やじきた)の像です。 江戸からの長い道のりは三条で終わりです。1802年(享和2年)から1814年(文化11年)にかけて初刷りされた、十返舎一九の東海道中膝栗毛に登場するお馴染みの人気者の二人が東海道の珍道中を思わせる弥次喜多の銅像がたっています。 その隣には撫で石が設置されています。これは、京都に訪れた旅人の皆様に旅の安全を願う為、新たに旅に行かれる方の安全を祈願する為に置かれています。

三条の街並みをデートをしたかも?坂本竜馬・お龍結婚式場跡石碑

三条の街並みをデートをしたかも?坂本竜馬・お龍結婚式場跡石碑

この場所は、青蓮院の旧境内・塔頭金蔵寺跡といわれております。 1864年8月初旬に、坂本龍馬と妻お龍は「内祝言」、すなわち内々の結婚式を挙げました。この金蔵寺で結婚式を挙げた理由としては、お龍の父は、青蓮院宮に仕えた医師だったからのようです。その関係もあり、金蔵寺の住職・智息院が仲人を務めたそうです。石碑には、1866年1月の寺田屋遭難の後、西郷隆盛あるいは、中岡慎太郎の媒酌で2人は契りを結んだと書かれていますが、しかし、この話は根拠が薄いそうで、坂本龍馬とお龍の仲を取り持ったかもしれないと伝えられているのが龍馬の相棒でもある中岡慎太郎と言われております。

江戸時代の東海道では米材木を運ぶのに多くの牛車が往来していた

江戸時代の東海道では米材木を運ぶのに多くの牛車が往来していた

江戸時代、京都-大津間の東海道では、多くの牛車が往来し、大津に運ばれた米や木材などが京都に向けて運ばれた。当時は、舗装もなく、雨天続きともなれば、逢坂峠・日ノ岡峠の二大難所では、車輪が泥にとられ立ち往生することが常であった。平安の昔から、掘り下げや改修工事が幾度となく行われてきた峠道は、江戸時代に入ると、通行をスムーズにするために、歩道と車道が分けられ、車道は一段低いところに通されていたといわれ、その由来の碑が残されております。

およそ300年前に建てられたみちしるべが当時の様子を物語る

およそ300年前に建てられたみちしるべが当時の様子を物語る

道標は「みちしるべ」とも呼ばれ、行先や距離が刻まれた石柱状のものが、街道の分かれ道などに建てられています。当時の交通の様子を知ることができる貴重な文化財で、この道標は、東海沿いに幕末の宝永4年(1707年)に建てられたもので、東海道を大津方面から来た旅人にとって、五条・伏見方面への近道を示す役割を担っていたと思われます。「左ハ五条橋 ひがしにし六条大佛今ぐまきよみず道」「右ハ三条通」と刻まれています。

歴史に刻まれた街道 追分の道標
歴史に刻まれた街道 追分の道標

歴史に刻まれた街道 追分の道標

この地は東海道から、伏見、奈良に向かう街道が分岐する三叉路。この道標は江戸時代中期に建てられ、「みぎハ京ミチ、ひだりハふしミミち」と刻まれております。当初のものは考古博物館にあり、現地のものは後の模造。

大津算盤の始祖・片岡庄兵衛の碑
大津算盤の始祖・片岡庄兵衛の碑

大津算盤の始祖・片岡庄兵衛の碑

江戸時代、東海道筋のこの付近で売られていた大津算盤は、慶長17年(1612)、片岡庄兵衛が、明国から長崎に渡来した算盤を参考に、製造を始めたものと伝える。同家は以後、此の碑の西方にあった一里塚附近(旧今一里町)で店を構え、幕府御用達の算盤師になったという。なお昭和初期まで、この碑の場所にも同家のご子孫が住まわれていた。

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

これこそが、行く人も帰る人も、何度も別れてはまた逢う、知る人も知らない人も、ここで逢う。その名も逢坂の関なのだ。 京都と大津を結ぶ逢坂山は古くから交通の要衝でした。ここに築かれた逢坂の関は、平安時代には既にすたれましていましたが、すたれた後も逢坂の関の名は歌枕として残り、歌や文学作品に詠まれ続けました。 逢坂の関のたもとには百人一首でおなじみの琵琶法師「蝉丸」が住んだという伝説があります。現在、逢坂関跡の周辺には蝉丸を祀る社が3つあります。蝉丸神社・関蝉丸神社上社(せきせみまるじんじゃ かみしゃ)・関蝉丸神社下社(せきせみまるじんじゃ しもしゃ)も歩きます。

東海道五十三番目の宿場町江戸時代五十三次大規模宿場町 大津宿

東海道五十三番目の宿場町江戸時代五十三次大規模宿場町 大津宿

宿場町としての機能と米などの琵琶湖沿岸からの物資が集散する港町の機能を併せ持った大津宿は、江戸時代には東海道五十三次の宿場の中で最大の人口を有していました。 歌川広重による浮世絵には米俵や大きな荷を積んだ牛車の列は、大津宿・浜大津から京都に運ぶ模 様並んでいる店や、大津絵や、みすや針、大津算盤などの土産物屋が描かれている。藤娘・鬼の念仏・槍持ち奴・長刀弁慶など、みやげ物として珍 重されたと思われる。芭蕉の俳句『大津絵の筆の始は何仏』でも有名である。 本陣は、江戸時代に宿場におかれた大名などの宿泊施設。 大津宿には2軒の本陣があり、この地はその内の大塚嘉右衛門宅です。 当時の本陣は3階の楼上からの琵琶湖の眺めが絶景だったといわれています。 建物は現存せず、明治天皇聖跡碑が建っています。

近代日本法学史上重要な事件の碑
近代日本法学史上重要な事件の碑

近代日本法学史上重要な事件の碑

明治24年(1891)、来日したロシア皇太子ニコライが、警備中の巡査津田三蔵に斬りつけられた事件。 ロシアを恐れる明治政府は、津田三蔵を大逆罪で死刑にするよう迫りましたが、 大審院長の児島惟謙の主張により刑法どおり無期徒刑とし、司法権の独立を貫きました。 事件現場には、「此附近露国皇太子遭難之地」の碑が建っています。

もっと見る

利用ホテル

日程表

移動マークの説明

  • 飛行機
    飛行機
  • バス
    バス
  • 電車
    電車
  • JR
    JR
  • 船
  • 徒歩
    徒歩
  • 車
  • ロープウェイ
    ロープウェイ
  • その他
    その他

観光マークの説明

  • 入場観光
    入場観光
  • 下車観光
    下車観光(施設等へは入場しません)
  • 車窓観光
    車窓観光
  • 乗車または乗船観光
    乗車または乗船観光(※)
  • ショッピング
    ショッピング
  • 食事・ショッピング
    食事・ショッピング

※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です。

時間帯の目安

早朝 午前 午後 夕刻 深夜
4:00 6:00 8:00 11:00 13:00 16:00 18:00 23:00 4:00

1日目

東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 三条大橋/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
東海道五十三次 追分道標/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ
東海道五十三次 車石由来碑/イメージ

JR名古屋駅西口太閤通口広場噴水周辺(7:00集合/7:15出発)三条大橋大津宿


JR名古屋駅西口(19:00~20:00着)【 バス走行距離 : 約252km 】

食事
【朝食】× 【昼食】〇 【夕食】×

重要事項

■当社基準によるハイキング難易度
【歩行距離】約11.4km 【歩行時間】約3時間 【標高差】約125m 【最高点標高】約165m
【難易度】ハイキング初級(歩くことが好きで山歩きを経験したい方におすすめ。ある程度起伏のある場所を歩くあるいは郊外や自然の中を歩くコース)


■日帰りコースは最終日程表の送付がございませんが本コースは送付させていただきます。
  ご出発日の前日までに送付させていただきます。
  (なお、出発日の5~7日前くらいにお届けできるよう努力いたします)

■気象状況によりハイキングはコース変更、中止となる場合がございます。

■動きやすい服装・履きなれた靴にてご参加ください。

旅行条件

旅行日数 1日間
最少催行人員 20名
添乗員 同行致します(JR名古屋駅西口から同行いたします。)
運送機関の種類または名称 往路:バス、復路:バス
航空会社
食事回数※機内食除く 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回

その他

上記スケジュールは2021年11月8日現在のものであり、
航空機・バス等の交通機関の都合・天候・現地事情・道路状況等により、
旅程・見学箇所・訪問順序・食事内容が変更になる場合がございます。

※ 2名様以上でお申し込みください。
※ ご旅行時期や気象状況によって写真の風景は実際とは異なる場合があります。
※ 気象状況等によってハイキング・ウォーキングはコース変更、中止となる場合があります。
※ 歩きますので動きやすい服装と履きなれた靴でご参加ください。
※ 12歳未満の方はご遠慮ください。
※ バスガイドは乗車いたしません。(車内での観光案内はございません。)
※ バスの座席希望はお受けできません。横並びのお席をご用意できない場合もございますので予めご了承ください。
※ トラピックスではバス車内を禁煙とさせていただいております。ご協力お願いいたします。

■ 利用予定バス会社:岐阜バス又は東海エリア利用バス会社(当社基準)
当社基準の利用バス会社は、当社ホームページ内でご確認いただけます。
http://www.hankyu-travel.com/yakkan/buslist.php

旅行条件書はこちら

取引条件説明書面の交付について

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

日本国外に在住のお客様へのお知らせ

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

承認番号:8298|承認日:2021/11/02

お気に入りツアーを見る

お電話 FAX でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

メールでのお問い合せはこちらから
電話番号
ナビダイヤル 0570-05-8939
ナビダイヤル

ナビダイヤルは有料となります。料金はガイダンスでご案内いたします。公衆電話、一部の携帯電話およびIP電話からはご利用いただけません。

FAX番号
052-563-0131
営業時間
月~金9:30~17:30、土日祝日9:30~13:00
休日
年末年始はお休み

阪急交通社 トラピックス中部 国内

450-8533 名古屋市中村区名駅2-45-14 東進名駅ビル5階

総合旅行業務取扱管理者:内田勝也・的場倫也・山田一登・安田壮志

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく上記取扱管理者にお訊ね下さい。

旅行企画・実施

株式会社阪急交通社
530-8355 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA
観光庁長官登録旅行業第1847号
(一社)日本旅行業協会正会員

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります

その他のツアーを探す