当社基準Aランクホテル 日本海に面する輪島の温泉宿に泊まる さいはて奥能登・古都金沢 満喫旅2日間

お気に入りに追加されました

1/

輪島 ホテルこうしゅうえん 大浴場/イメージ
輪島 ホテルこうしゅうえん 大浴場/イメージ
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」イルミネーション/イメージ
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」イルミネーション/イメージ
禄剛埼灯台/イメージ
禄剛埼灯台/イメージ
近江町市場 紹介動画/イメージ
ひがし茶屋街 紹介動画/イメージ
金沢城公園/イメージ
金沢城公園/イメージ
玉泉院丸庭園/イメージ
玉泉院丸庭園/イメージ
ひがし茶屋街/イメージ
ひがし茶屋街/イメージ
輪島朝市/イメージ
輪島朝市/イメージ
鼠多門/イメージ
鼠多門/イメージ
輪島 ホテルこうしゅうえん 大浴場/イメージ
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」イルミネーション/イメージ
禄剛埼灯台/イメージ
近江町市場 紹介動画/イメージ
ひがし茶屋街 紹介動画/イメージ
金沢城公園/イメージ
玉泉院丸庭園/イメージ
ひがし茶屋街/イメージ
輪島朝市/イメージ
鼠多門/イメージ

旅行代金 39,900

出発日・旅行代金を見る

  • 添乗員同行
  • ホテル指定
  • 大浴場
  • 露天風呂
  • 温泉

設定期間2022年1月9日~2022年3月11日

ブランド トラピックス HTT
コース番号 47505
出発地 東京都
目的地 北陸・甲信越/石川県  
旅行期間 2日間

こだわりポイント

  • のと里山空港利用促進協議会 輪島市観光協会から助成をいただき実現いたしました!
  • 能登テリアの景勝地として有名な輪島にご宿泊!
  • 開祖700年を迎える總持寺祖院にて阪急交通社限定で秘仏公開♪

新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

出発日・旅行代金

旅行代金は 4名1室利用/ 大人1名を表示しています。( )内料金は子供旅行代金です。

年齢区分 大人/12歳〜、子供/6歳〜11歳、幼児/3歳〜5歳

設定期間2022年1月9日~2022年3月11日

20221

1月出発のツアー最安値
39,900

1

2

3

4

5

6

7

8

9

残席

39,900
(39,900円)

予約する

10

11

12

13

14

15

16

催行中止

受付終了

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

残席

39,900
(39,900円)

予約する

31

※この料金は 2021年9月24日 時点に算出された旅行代金です。

※空席情報は随時変動しますので目安としてご参照ください。ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承ください。

◎余裕あり ◯残席あり △残席わずか

リクエスト受付とは

催行が表示されている出発日は、催行いたします。
催行中止が表示されている出発日は、催行中止となりました。お申込み済みツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。

催行確定お知らせメールを受け取る

おすすめポイント


◆・*・◆・*・◆ 旅を彩る観光地 ◆・*・◆・*・◆

◎能登ワイン◎
能登半島の風土と気候を生かして広大な畑で栽培されたワイン専用ぶどう100%の本格生ワインを醸造しています。
熟成と共に味わいに深みが増し、口当たりがとてもフルーティーなワインがお楽しみいただけます。

◎見附島◎
高さ28メートルの大きな岩がそびえ立ち、軍艦がこちらに向かってくるかのような大迫力!
能登のシンボルでもある「見附島」は、弘法大師が布教のために、佐渡から能登へと渡る際に発見したといわれている島です。

◎須須神社◎
能登半島の先端に位置し、鳥居のすぐ目の前が海に面している景観の素晴らしい神社です。
日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建された由緒ある神社です。

◎禄剛埼灯台◎
明治時代にイギリス人の設計で造られた白亜の灯台です。
禄剛崎は、能登半島の最先端で、この岬は「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所で見れることで有名です。

◎すず塩田村◎
能登地方に400年以上前から伝わる「揚げ浜式」による製塩を行いながら、その伝統を伝えるために造られた塩の総合資料館です。

◎白米千枚田◎
石川県輪島市白米町にある棚田です。
日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、
それらの風景は2011年6月に「世界農業遺産」にも認定されました。
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」開催期間:2021年10月23日(土)~2022年3月13(日)

◎輪島朝市◎
輪島の朝市は岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並び、日本三大朝市に数えられる日本有数の市場です。
歴史は古く平安時代に神社の祭礼日に魚介類、野菜等を物々交換しあっていたのが輪島朝市の起源といわれています。
売り手のほとんどが女性で、野菜などは近所の農家のおばちゃん、新鮮な魚介類は漁師町の女性たちが売りに出ています。

◎總持寺祖院◎
曹洞宗の大本山として瑩山紹瑾禅師(けいざんじょうきんぜんじ)により、1321(元亨元年)に創建されました。
1898(明治31年)の大火で境内は焼失し、本山は1910(明治43年)、神奈川横浜市鶴見に移り祖院となりました。
その後の再建で山門、仏殿、などがよみがえり、消失を免れた建物とともに、根本道場の威厳を伝え、
今も総ケヤキ造りの風格ある山門や仏殿、法堂などが残っています。

◎尾山神社◎
加賀藩祖・前田利家公と正室お松の方を祀る由緒ある尾山神社です。
全国的にも珍しい和漢洋の3つの建築様式が用いられた「神門」は金沢市の代表的な観光スポットとして有名です。
国の重要文化財にも指定されており、日本現存最古の避雷針が施されています。

◎玉泉院丸庭園◎
加賀藩三代藩主 前田利常による寛永11年(1634)の作庭から始まり廃藩時まで金沢城内玉泉院丸に存在していた庭園です。

◎金沢城公園・鼠多門◎
加賀百万石のシンボルである金沢城は、天正11年(1583年)に前田利家により本格的な建城が行われ、
明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城として置かれました。
度重なる火災により、石川門と三十間長屋以外の建物は全て消失してしまいましたが、平成8年(1996年)より金沢城公園として
一般公開がされ、平成20(2008年)に「金沢城跡」として国の史跡に指定されました。
2020年7月に140年ぶりの復元となる鼠多門が完成いたしました。

◎ひがし茶屋街◎
金沢文化を代表する茶屋街のひとつです。
情緒溢れる古い町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

もっと見る

人気の観光地へご案内

能登半島の軍艦島とも呼ばれる自然が造り出した迫力満点の見附島

能登半島の軍艦島とも呼ばれる自然が造り出した迫力満点の見附島

見附島(みつけじま)は自然が造り出した高さ約28mの無人島です。空海(弘法大師)が布教のために、佐渡から能登へと渡る際に「最初に目に付いた島」であることが名前の由来とされています。見附島は能登半島の最端、石川県珠洲市の飯田湾の浅瀬にそびえ立ち、島の形が大きな軍艦のような形をしているところから、別名「軍艦島」とも呼ばれており、周囲400m(全長160m、幅50m)、海面から30m近く立ち上がるその姿は、軍艦と呼ぶに相応しい迫力に溢れています。島までは歩いて近づくことが可能で、引き潮の時間帯は約200mの一本道の大き目の踏石を渡って行くことが可能です。

海から昇る朝日と海に沈む夕陽が同じ場所で見られる 禄剛埼灯台

海から昇る朝日と海に沈む夕陽が同じ場所で見られる 禄剛埼灯台

石川県珠洲市、能登半島の最北端に位置する禄剛埼灯台。歴史的・文化的価値の高さから保存灯台に指定されています。建造から130年以上がたち、明治の面影をとどめた姿は趣があります。断崖絶壁が続く場所のため、日本海が見渡せ、美しい景色が広がります。海から昇る朝日と沈む夕日を同じ場所から見ることができる場所としても有名です。 灯台の設計自体はイギリスの建築家によるものですが、日本人が手掛けた最初の洋式灯台で、灯塔入口上部に掲げられた菊の紋章も全国で唯一のものだそうです。

日本で唯一受け継がれてきた塩の製法「揚げ浜式」が学べる塩田村

日本で唯一受け継がれてきた塩の製法「揚げ浜式」が学べる塩田村

日本で唯一珠洲の仁江海岸で受け継がれてきた塩づくりの製法「揚げ浜式」。この揚げ浜式による塩づくりの歴史が学べるのが道の駅すず塩田村です。 揚げ浜式とは500年ほど前から行なわれている方法です。早朝に海水をくみ上げるところから作業が始まります。能登半島の海はプランクトンが豊富で、潮の流れが速いことからきれいな海水を保つことができる塩づくりにはもってこいの場所。ここから汲んだ海水を塩田に撒きます。この時に鳴るザザッ、ザザッと一定のリズムを刻む音が特徴的です。砂は約8時間程太陽にあてて乾かされます。その後その砂を集めかん水を採り、荒焚きやろ過などいくつかの工程を経て塩が完成されます。この手間暇かけた揚げ浜式では、塩辛さが少なく、豊かな海のうまみと甘みが特徴の塩ができます。

白米千枚田を彩る壮大なイルミネーション 「あぜのきらめき」

白米千枚田を彩る壮大なイルミネーション 「あぜのきらめき」

世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田にあげられる「白米千枚田」は、日本の原風景と呼ばれています。日本海に面した急斜面・約4haの範囲に幾重にも段になる田んぼは全部で1004枚あります。水田一面あたりの面積は約18平方mで耕運機の入らない狭さのため、手作業で行う「苗代田」という日本古来の農法を復活させ、実際に稲作に取り組まれています。この棚田のあぜ道を、約25000個の光が彩る「あぜのきらめき」は、毎年人気のイルミネーションイベントです。一面を彩るイルミネーションのその姿はとても幻想的です。

1000年以上前から今もなお続く歴史ある朝市 「輪島朝市」

1000年以上前から今もなお続く歴史ある朝市 「輪島朝市」

1000年以上前の平安時代から行なわれていたといわれている「輪島朝市」。もともとは、神社の祭礼日などに集まって、物々交換をしていたのが市の始まりとされています。その後、室町時代には毎月4と9の付く日、明治時代には毎日開催されるようになり、今もなお続く歴史ある朝市となりました。 朝市は約360mの朝市通りとよばれる約360mの商店街で行われ、今では200以上の露店が立ち並んでいます。地元の台所として古くから多くの人に利用されていましたが、近年では観光客の比率が多くなっているそうです。

かつて玉泉院丸庭園と尾山神社を結んでいた「鼠多門・鼠多門橋」

かつて玉泉院丸庭園と尾山神社を結んでいた「鼠多門・鼠多門橋」

金沢城の西側に位置し、江戸時代に玉泉院丸(現在の玉泉院丸庭園)と金谷出丸(現在の尾山神社)を結ぶ出入り口として使われていた「鼠多門」と「鼠多門橋」。 鼠多門は黒い海鼠漆喰(なまこじっくい)が特徴的で、鼠多門橋は城内最大規模の木橋です。 明治10年(1877)に鼠多門橋が老朽化のため撤去され、明治17年(1884)には門も火災により焼失、周囲の水堀も埋め立てられ面影は失われていましたが、復元整備され往時の姿が甦りました。 能登ヒバなどの木材を使用した美しい造りは内外ともに見ごたえ抜群。二階に上がる緩やかな階段や車いす用の昇降機も設置されています。

前田利常による作庭から歴代藩主に愛でられた 「玉泉院丸庭園」

前田利常による作庭から歴代藩主に愛でられた 「玉泉院丸庭園」

「玉泉院丸庭園」は寛永11年(1634)、加賀藩三代藩主:前田利常による作庭を始まりとし、その後五代:綱紀や十三代:斉泰など歴代の藩主により手を加えられながら、廃藩時まで金沢城内玉泉院丸に存在していた庭園です。饗応の場として活用された「兼六園」に比べ、藩主の内庭としての愛されました。庭園は、城内に引かれた辰巳用水を水源とする池泉回遊式の大名庭園で、池底からの周囲の石垣最上段までの高低差が22mもある立体的な造形で、滝と一体となった色紙短冊積石垣などの意匠性の高い石垣群を庭の構成要素とする、他に類を見ない独創的な庭園であったと考えられているそう。庭園の優れた造形美をどうぞお楽しみください!

加賀百万石の歴史と文化を今に伝える 「金沢城址・金沢城公園」

加賀百万石の歴史と文化を今に伝える 「金沢城址・金沢城公園」

「金沢城」は石川県金沢市丸の内にあった城で、江戸時代には加賀藩主前田氏の居城でした。キリシタン大名として知られる高山右近を招き、築城の指導をを仰いで建てられた城と伝えられており、度重なる火災で建物の大半を焼失しましたが平成に復元。現在、城址は国の史跡に指定されており、城址を含む一帯は金沢城公園として整備されています!広い公園内での見どころは2001年に復元された菱櫓(ひしやぐら)、五十間長屋(ごじっけんながや)、橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)。古絵図や古文書などをもとに、昔ながらの製法で当時の姿が忠実に再現された建物は必見です!また、天守があった場所は森となっており、豊富な動植物を見られるのもこの公園の特徴です。

江戸時代のお茶屋建築が残る風情ある古い街並み「ひがし茶屋街」

江戸時代のお茶屋建築が残る風情ある古い街並み「ひがし茶屋街」

美しい出格子と石畳が続く「ひがし茶屋街」。江戸時代からのお茶屋建築などが残る風情ある古い街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。茶屋建築は2階が座敷で、1階よりも高さがあるのが特徴です。ひがし茶屋街は加賀藩公認の郭(繁華街のようなもの)として造られたのが始まり。金沢では能楽や歌舞伎が盛んだったため、笛や鼓、太鼓や三味線などを芸妓が披露し、遊び場であるとともに、武士や町人の社交場ともなっていました。 風情ある街並みには伝統工芸品や雑貨、和菓子などを扱うお店やカフェなどが立ち並び、ショッピングやカフェなどを楽しむことができます。

日本海が一望できる自家源泉の宿
日本海が一望できる自家源泉の宿

日本海が一望できる自家源泉の宿

輪島市を代表する「ホテルこうしゅうえん」。天然温泉の露天風呂と、能登随一の広さを誇る大浴場が自慢です。湯量豊富な自家源泉はまろやかな肌触りと評判で、まさに波打ち際にある露天風呂では潮騒が体と心を癒してくれます。能登ヒバを使用したウッドデッキ「天海シーサイドテラス」からは、日本海の景観をより間近にご覧いただけます。

もっと見る

利用ホテル

宿泊地:輪島

【指定】ホテルこうしゅうえん 外観

【指定】ホテルこうしゅうえん 外観

宿泊地:輪島

【指定】ホテルこうしゅうえん ロビー

【指定】ホテルこうしゅうえん ロビー

宿泊地:輪島

【指定】ホテルこうしゅうえん 露天風呂

【指定】ホテルこうしゅうえん 露天風呂

日程表

移動マークの説明

  • 飛行機
    飛行機
  • バス
    バス
  • 電車
    電車
  • JR
    JR
  • 船
  • 徒歩
    徒歩
  • 車
  • ロープウェイ
    ロープウェイ
  • その他
    その他

観光マークの説明

  • 入場観光
    入場観光
  • 下車観光
    下車観光(施設等へは入場しません)
  • 車窓観光
    車窓観光
  • 乗車または乗船観光
    乗車または乗船観光(※)
  • ショッピング
    ショッピング
  • 食事・ショッピング
    食事・ショッピング

※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です。

時間帯の目安

早朝 午前 午後 夕刻 深夜
4:00 6:00 8:00 11:00 13:00 16:00 18:00 23:00 4:00

1日目

見附島
見附島
禄剛埼灯台
禄剛埼灯台
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」

【ご集合時間は出発時間の50分前となります】

羽田空港(8:55発)==のと里山空港==○能登ワイン(約30分)=

○見附島(別名「軍艦島」とも呼ばれる巨大な岩/約20分)=

★能登牛尽くしのご昼食(約50分)==○道の駅すずなり(約20分)=

○須須神社(約30分)==○禄剛埼灯台(能登阪つ最北端/約40分)=

○すず塩田村(約40分)=

○輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」(幻想的なイルミネーションをご見学/約20分)=

★ふぐの会席のご夕食(約50分)=

輪島<泊>20:00~20:30着


■バス走行距離:75km

食事
【朝食】- 【昼食】能登牛尽くしのご昼食 【夕食】天然ふぐ会席
滞在先
ホテルこうしゅうえん 0768-22-8888

2日目

輪島朝市
輪島朝市
近江町市場
近江町市場
鼠多門
鼠多門

ホテル(8:00発)==○輪島朝市(日本三大朝市を散策/約40分)=

◎總持寺祖院(今年で700年を迎え阪急交通社限定企画で秘仏を公開/案内人同行/約50分)

=☆近江町市場(自由昼食時間含めて約90分)=

○尾山神社(国指定重要文化財のステンドグラスの神門が見所/約20分)=

○鼠多門(明治期に失われて以来約140年ぶりに復元された城内最大規模の木橋)=

○玉泉院丸庭園(約30分)==○金沢城公園(約30分)=

○ひがし茶屋街(約50分)==小松空港=

羽田空港(19:15~19:50着)


■バス走行距離:170km


※輪島朝市が休みの場合は、輪島キリコ館へゴア内いたします。

食事
【朝食】バイキングまたはセットメニュー(ホテルお任せ) 【昼食】× 【夕食】-

重要事項

■参加条件
2名様からお申込みください。

旅行条件

旅行日数 2日間
最少催行人員 25名
添乗員 同行致します
運送機関の種類または名称 往復:航空機
航空会社
食事回数※機内食除く 朝食:1回 昼食:1回 夕食:1回

その他

■当ツアーの旅行条件・旅行代金は2021年9月16日現在の運賃・料金・発着時間を基準としております。
■スケジュールは、天候及び交通機関・道路状況・ダイヤ改正により変更となる場合がございます。
■出発日によって満席又は中止となっている場合もありますのでご了承下さい。
■団体での手配となる為、座席配列や予約状況により、グループ内でお座席が前後等に分かれる場合がございます。又、窓側・通路側のご希望も事前にお伺い致しかねます。お座席の指定につきましては当社にご一任ください。
■航空機の利用便につきましては日程表内の発着時刻を目安に手配いたします。
■当ツアーはお申し込み時に参加者全員の氏名と年齢が必要となります。 又、出発21日前を過ぎてからの氏名変更はできません。
■お客様のご都合で指定の航空機をご利用にならなかった場合、及び乗り遅れの場合は搭乗券は無効となります。改めて搭乗券をお買い求めください。 その際の料金はお客様負担となります。
■旅行契約の成立後、お客様のご都合で旅行を取り消しされる場合には、ご旅行条件書記載の取消料をいただきます。お取消しの結果、お部屋利用人数による割増代金が発生する場合がございます。


■ バス車内は禁煙とさせていただきます。
■ バスガイドは同行いたしません。バス車内での観光案内もございません。
■ バスのお座席割りにつきましては当社にご一任ください。
■ 利用予定バス会社:丸一観光または北陸エリア利用バス会社(当社基準)
当社基準の利用バス会社は、下記アドレスからご確認いただけます。

http://www.hankyu-travel.com/yakkan/buslist.php
■当社基準の利用バス会社はこちらから
■JRに関してJR東日本の感染症対策に関する取り組みについて

旅行条件書はこちら

取引条件説明書面の交付について

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

日本国外に在住のお客様へのお知らせ

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

承認番号:193883|承認日:2021/09/17

お気に入りツアーを見る

お電話 FAX でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

メールでのお問い合せはこちらから
電話番号
ナビダイヤル 0570-03-8689
ナビダイヤル

ナビダイヤルは有料となります。料金はガイダンスでご案内いたします。公衆電話、一部の携帯電話およびIP電話からはご利用いただけません。

FAX番号
03-6745-1399
営業時間
月~金9:30~17:30、土日・祝日9:30~13:30
休日
年末年始はお休み

阪急交通社 トラピックス東京 国内

105-0022 東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー

総合旅行業務取扱管理者:岡本拓郎・小野寺弘章・大山修平・西山和典

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく上記取扱管理者にお訊ね下さい。

ご来店でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

新橋サービスセンター

〒105-0004 東京都港区新橋3-3-9 KHD東京ビル1F
10:30~17:00(土日・祝日は休み)

横浜サービスセンター

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング11F
10:30~17:00(土日・祝日は休み)

埼玉サービスセンター

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-16 シーノ大宮ノースウィング18F
10:30~17:00(土日・祝日は休み)

旅行企画・実施

株式会社阪急交通社
〒530-8355 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA
観光庁長官登録旅行業第1847号
(一社)日本旅行業協会正会員

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります

その他のツアーを探す

【国内旅客施設使用料について】

旅行代金に国内旅客施設使用料は含まれておりません。別途お支払いが必要となります。

羽田空港往復:大人580円、子供580円、幼児580円