(1名様参加/四条大宮・京都発)高野山満願御礼参り 日帰り

お気に入りに追加されました

1/

~千二百年の歴史が息づく世界遺産 聖地高野山へご案内~/イメージ
~千二百年の歴史が息づく世界遺産 聖地高野山へご案内~/イメージ
高野山 「奥之院」/イメージ
高野山 「奥之院」/イメージ
高野山を代表する古刹の一つ。 「高野山 金剛峯寺」/イメージ
高野山を代表する古刹の一つ。 「高野山 金剛峯寺」/イメージ
世界遺産 「慈尊院」へ。/イメージ
世界遺産 「慈尊院」へ。/イメージ
世界遺産 「高野山の総本山 金剛峯寺 」/イメージ
世界遺産 「高野山の総本山 金剛峯寺 」/イメージ
世界遺産 「高野山の総本山 金剛峯寺 」/イメージ
世界遺産 「高野山の総本山 金剛峯寺 」/イメージ
女人高野 「慈尊院」/イメージ
女人高野 「慈尊院」/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 高野山奥之院/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 高野山奥之院/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 高野山 「金剛峯寺」/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 高野山 「金剛峯寺」/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 慈尊院/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 慈尊院/イメージ
~千二百年の歴史が息づく世界遺産 聖地高野山へご案内~/イメージ
高野山 「奥之院」/イメージ
高野山を代表する古刹の一つ。 「高野山 金剛峯寺」/イメージ
世界遺産 「慈尊院」へ。/イメージ
世界遺産 「高野山の総本山 金剛峯寺 」/イメージ
世界遺産 「高野山の総本山 金剛峯寺 」/イメージ
女人高野 「慈尊院」/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 高野山奥之院/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 高野山 「金剛峯寺」/イメージ
~御朱印~ 御礼参り 慈尊院/イメージ

旅行代金 15,800

  • カード利用可

出発日・旅行代金を見る

  • 添乗員同行
  • 世界遺産
  • おひとり様

設定期間2022年5月15日~2022年5月18日

ブランド トラピックス HOT
コース番号 3H700C4
出発地 京都府
目的地 近畿/和歌山県  
旅行期間 1日間

こだわりポイント

  • 四国八十八ヶ所お遍路の旅の満願お礼参りツアー日帰り!
  • もちろん添乗員が同行し、朱印集めは添乗員が代行致します!
  • 四国霊場会公認先達またはお寺の僧侶が同行いたします♪

新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

出発日・旅行代金

旅行代金は 大人1名を表示しています。( )内料金は子供旅行代金です。

年齢区分 大人/12歳〜、子供/6歳〜11歳、幼児/3歳〜5歳

設定期間2022年5月15日~2022年5月18日

20225

5月出発のツアー最安値
15,800

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

残席

15,800
(15,800円)

予約する

16

17

18

残席

15,800
(15,800円)

予約する

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※この料金は 2021年4月01日 時点に算出された旅行代金です。

※空席情報は随時変動しますので目安としてご参照ください。ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承ください。

◎余裕あり ◯残席あり △残席わずか

リクエスト受付とは

催行が表示されている出発日は、催行いたします。
催行中止が表示されている出発日は、催行中止となりました。お申込み済みツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。

催行確定お知らせメールを受け取る

おすすめポイント

♪四国八十八ヶ所お遍路の旅・四国別格二十霊場を無事「結願」された後には、
結願のご報告とお礼に「高野山・奥之院」へのお礼参りにお出かけになりませんか?

♪慈尊院にて法話をお聞きいただけます。
(ご住職のご都合により、ビデオによる法話となる場合がございます。)

♪金剛峯寺への拝観料は、旅行代金に含まれております。

♪(2名様以上でご参加の方は【3H700C】にてご予約をお願い致します。)

★2名様以上でご参加の方はこちら★

その他巡礼ツアーをご検討のお客様はこちら♪

もっと見る

四国八十八ヶ所 お遍路の旅の満願お礼参りに、高野山奥之院へ

四国八十八ヶ所のお遍路を終えたお礼参りに、高野山 奥之院へ。

四国八十八ヶ所のお遍路を終えたお礼参りに、高野山 奥之院へ。

大師さまとの同行二人のご誓願を体し四国八十八所の霊場をめぐるお遍路を終え、「結願」されたご報告とお礼に、高野山の「奥の院」へお参りする習わしがあります。 835年3月21日に即身成仏された大師さまは、今も、生きて深い禅定に入られ、皆へ救いの手を差し伸べていらっしゃるという入定信仰を持つ大師さまの御廟所です。奥の院では、今も高野山の僧侶が毎日朝晩の食事を献膳し、衣替えが行われています。 この奥の院で、無事に四国八十八所を巡り終えた同行二人のご報告と感謝の気持ちを大師さまにお伝えします。 また、四国お遍路の結願後に高野山へお参りすると、奥の院で満願の御朱印が頂けます。 高野山へのお礼参りは、金剛峯寺ではなく、奥の院へのお参りとなります。 お礼参り後に、金剛峯寺にもご案内致します。 慈尊院では法話もお聞き頂きます。(ご住職の都合により、ビデオ法話となる場合もございます。)

弘法大師さまが今も瞑想を続けておられる高野山の聖地が奥之院

弘法大師さまが今も瞑想を続けておられる高野山の聖地が奥之院

奥之院は、弘法大師さまが入定(にゅうじょう)された地であり、弘法大師信仰の中心聖地となっています。入定とは、真言宗密教の修行の一つで、悟りを得るための修行です。 一の橋から弘法大師さまの御廟までの約2kmの参道は、樹齢約700年とも1000年とも言われる杉の巨木が高くそびえ立つ神秘的な空間で、左右には、皇族をはじめ、織田信長や豊臣秀吉などの戦国武将や歴史的人物など、宗派を問わず、あらゆる人々の墓石、祈念碑、慰霊碑が約20万基を超えると言われています。 参道を進むと、御廟に一番近いところにかかる橋が「御廟橋」。36枚の橋板と橋全体を1と数え、金剛界37尊を表していると言われています。 ここより先は聖域であり霊域となり、写真撮影は禁止となります。 高野山真言宗では、高野山奥之院の弘法大師御廟を信仰の源泉とし、壇上伽藍を修学の場所とされています。

大師さまによって開かれた日本仏教の聖地 世界遺産「高野山」

大師さまによって開かれた日本仏教の聖地 世界遺産「高野山」

高野山は、平安時代のはじめに弘法大師(空海)によって開かれた日本仏教の聖地です。 弘法大師さまが遣唐使留学を終えられ、ご帰国の途につかれようとしていた時、伽藍建立の地を示し給えと、持っておられた密教の法具のひとつ三鈷(さんこ)を投げられました。 ご帰国後に弘法大師さまは、この三鈷を求めて大和(奈良)から紀州(和歌山)に入り、険しい山中深くに進まれました。するとあの時の三鈷が、遠く日本に届き、この山の1本の松の木にかかっているのを見つけられ、この地こそ求めていた地であるとして、この山を開くことを決意されました。 弘仁7年(816年)に、嵯峨天皇から許可を賜り、真言密教の根本道場として、山を拓いて、堂塔を建て、伽藍を造られました。 「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

高野山は「一山境内地」 高野山真言宗の総本山 金剛峯寺

高野山は「一山境内地」 高野山真言宗の総本山 金剛峯寺

総本山金剛峯寺という場合、高野山全体を指します。通常、お寺といえば一つの建物を思い浮かべ、その敷地内を境内といいますが、高野山は「一山境内地」と称し、高野山がお寺の境内地であり、高野山全体がお寺となります。山内に点在するお寺は、金剛峰寺と塔頭寺院で、117ヶ寺あります。金剛峰寺の元々は、天承元年に大伝法院が建立され、その後、豊臣秀吉が建立させた青厳寺を元に、興山寺と統合し、全国の高野山真言宗3000余りの寺院を総括する総本山金剛峯寺となりました。大広間は重要な儀式や法要が執り行われるところで、襖には、狩野法眼元信の筆によると言われている、群れをなして鶴が飛ぶ群鶴の絵や松の絵が描かれています。その他の部屋では、狩野探幽のものとされる梅月流水が描かれた「梅の間」や、秀吉の甥の豊臣秀次が自刃した場所としても知られている「柳の間」などで、歴史に名を残す絵師たちの襖絵がご覧になれます。

高野山 金剛峰寺 外観/イメージ

高野山 金剛峰寺 外観/イメージ

高野山 金剛峰寺 外観/イメージ

高野山 金剛峰寺 外観/イメージ

高野山 金剛峰寺 外観/イメージ

高野山 金剛峰寺 外観/イメージ

世界遺産 「金剛峯寺」/イメージ

高野山 金剛峯寺 「大門」/イメージ

高野山 金剛峰寺 ご朱印/一例

古くから大師さまの御母公のお寺として知られる女人高野 慈尊院

古くから大師さまの御母公のお寺として知られる女人高野 慈尊院

慈尊院は、弘仁7年(816年)、大師さまが、高野山開創の時、要所に当たるこの地に、表玄関として伽藍を創建し、宿所とされたのがはじまりとされています。大師さまの御母公が、高野山を一目見たいとの一念から参られましたが、当時、高野山は女人禁制であったため、山麓にあったこのお寺に迎えられました。大師さまは、月に九度は、必ず高野山から20数キロの山道を下って、滞在中の御母公を尋ねられたことから、ここの地名を九度山と呼ぶようになりました。御母公は、ご本尊の弥勒菩薩を篤く尊崇されておられ、後に御母公が入滅され弥勒菩薩になられた霊夢を見た大師さまは、自作の弥勒仏と御母君公の霊を安置されました。慈尊院とは、弥勒菩薩の別名で、これから「慈尊院」と呼ばれるようになったと言われています。 現在、子宝、安産、育児、授乳、病気平癒を願い、全国で珍しい乳房型絵馬をご奉納して祈願するお寺としても知られています。

奈良時代の末から、平安時代にかけて 弘法大師さまの時代

奈良時代の末から、平安時代にかけて 弘法大師さまの時代

弘法大師さまは幼名を真魚(まお)さまと言い、宝亀五年(774年)、讃岐(香川県善通寺市)でご生誕されました。15歳の頃に長岡京に上がり、18歳で大学に入られましたが、立身出世のための勉強は、求めていたものとは異なっていました。奈良で修行する修行者の影響を受け、虚空蔵求聞持法という密教の修法を学び、これから自らが進むべき道は仏の教えであると決意され、四国に戻り、阿波の大瀧ガ嶽や土佐の室戸崎などで、厳しい修行をされました。22歳の頃、名を「空海」と改められ、804年に遣唐使として唐に渡り、密教を学ばれました。806年に唐よりご帰国された後は、真言宗を開創され、嵯峨天皇から816年に修禅の道場として高野山を、823年に真言密教の道場として東寺を賜り、仏法の隆盛に努められました。弘法大師さまが42歳の時、四国の各地にいろいろな奇蹟や霊験を残され、88ヵ所の霊場を開かれまし た。

再び、そして、何度も、四国八十八所霊場を巡るお遍路へ。

再び、そして、何度も、四国八十八所霊場を巡るお遍路へ。

四国八十八所の霊場を、第一番札所の霊山寺から第八十八番札所の大窪寺までを時計回りにまわることを「順打ち」と言います。また、第八十八番札所から逆に反時計回りに逆順にまわることを「逆打ち」と呼びます。「逆打ち」は、伊予の長者の河野衛門三郎が20回のお遍路を経ても大師さまに会えず、うるう年にあたる年に、21回目に逆にまわることを思いつき、第12番札所で、ついに弘法大師さまが現れ、すべてを許されたのは始まりと言われています。うるう年に「逆打ち」をすると弘法大師さまに会えると信じられ、「逆打ち」は4年に一度、3回分の功徳があると言われます。 今回、長かった四国八十八所の霊場を巡って結願し、さらに高野山奥の院へのお礼参りとなりますが、いつかまた、再び、お遍路の旅にでかけられてはいかがでしょうか。また、今度も順打ち、4年に一度のうるう年には逆打ちで、回を重ねてみられてはいかがでしょうか。

もっと見る

利用ホテル

日程表

移動マークの説明

  • 飛行機
    飛行機
  • バス
    バス
  • 電車
    電車
  • JR
    JR
  • 船
  • 徒歩
    徒歩
  • 車
  • ロープウェイ
    ロープウェイ
  • その他
    その他

観光マークの説明

  • 入場観光
    入場観光
  • 下車観光
    下車観光(施設等へは入場しません)
  • 車窓観光
    車窓観光
  • 乗車または乗船観光
    乗車または乗船観光(※)
  • ショッピング
    ショッピング
  • 食事・ショッピング
    食事・ショッピング

※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です。

時間帯の目安

早朝 午前 午後 夕刻 深夜
4:00 6:00 8:00 11:00 13:00 16:00 18:00 23:00 4:00

1日目

高野山 「奥之院」/イメージ
高野山 「奥之院」/イメージ
世界遺産 「金剛峯寺」/イメージ
世界遺産 「金剛峯寺」/イメージ
女人高野 「慈尊院」/イメージ
女人高野 「慈尊院」/イメージ

四条大宮(7:00集合)京都駅アバンティ前(7:20集合)○高野山奥之院


★一の橋観光センター(ご昼食とお買い物)◎金剛峯寺○慈尊院(法話をお聞き頂きます)


各地 (19:30~21:30着)【バス走行距離:約240Km】


<ご案内>奥之院・金剛峯寺・慈尊院でもご朱印を頂くことができます。また、本念珠のお仕立てやお軸の表装をご希望のお客様は、ご参加当日に数珠玉・お軸をご持参下さい。
(表装・お仕立て代は別途料金要。)
食事
【朝食】× 【昼食】○ 【夕食】×

重要事項

こちらは1名様でご参加されるお客様用のコース番号となります。
2名様以上でのご参加のお客様は専用のコース番号にご予約頂きますようお願い致します。


◆小学生未満のご参加はご遠慮ください。

旅行条件

旅行日数 1日間
最少催行人員 25名
添乗員 同行致します
運送機関の種類または名称 往路:バス、復路:バス
航空会社
食事回数※機内食除く 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回

その他

※上記スケジュールは2021年3月9日現在のものです。
航空機・バス等の交通機関の都合・天候・現地事情・道路状況等により、
旅程・見学箇所・訪問順序・食事内容が変更になる場合がございます。
※歩きますので動きやすい服装と履きなれた靴でご参加下さい。
※各参拝寺院の納経、ご宝(朱)印料は旅行代金には含まれておりません。ご希望の方は当日別途費用を
代行を務める添乗員にお渡し下さい。朱印は添乗員が一括して行いますがお一人様につき、
お軸・納経帳・笈摺それぞれ各1点にさせていただきます。
※バス車内は禁煙とさせていただいておりますのであらかじめ御了承下さい。
※旅行時期や気象条件などにより写真の風景が実際と異なる場合がございます。
※バスガイドは乗務致しません。(観光の案内はございません)
※バスは最後部中央座席をご利用いただく場合がございます。
※バスが中型タイプの場合がございます。
※同行の先達又は僧侶は途中の発着場所より乗降する場合がございます。
※納経所の混雑等のお寺の都合により、お参りの順序が変更となる場合がございます。
※小学生未満のお客様は、ご参加をお断りしております。予めご了承ください。
※添乗員の安全管理の為、納経用品のお預かり・お返し及びご朱印代金の集金につきましては、
サービスエリアやお寺の駐車場等のバス停車時に行いますので予めご了承下さい。

※利用予定バス会社:商都交通又は近畿エリア利用バス会社(当社基準)
※貸切バスを利用するコースのバス会社名は、決定され次第当社ホームページにてお知らせいたします。
(バス会社指定コース・ミステリーツアーを除く)
http://www.hankyu-travel.com/buscompany/kokunai/又は11848952(いいばすはんきゅうこうつう)と
入力してインターネットから検索が出来ます。
*出発当日に、バス車両の不具合、ドライバーの体調により、利用バス会社が変更となる場合があります。
(これらの理由による変更は免責となります)


◆旅行条件・旅行代金の基準
この旅行条件は2021年3月9日現在を基準としています。 
また、旅行代金は2021年3月9日現在有効な運賃・適用規則を基準として算出しています。

■最少催行人員:25名様は、「2名様以上プラン 3H700C」と「1名様参加プラン 3H700C1」を合わせてひとつの旅行としての最少催行人員です。添乗員・先達につきましては、各プラン合わせて一つの旅行として同行します。各プラン毎には同行致しません。


★当社の感染防止策と、ご参加に際し当面の間のお客様へのお願いについてこちらを必ずご確認ください★

旅行条件書はこちら

取引条件説明書面の交付について

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

日本国外に在住のお客様へのお知らせ

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

承認番号:181713|承認日:2021/03/30

お気に入りツアーを見る

お電話 FAX でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

メールでのお問い合せはこちらから
電話番号
ナビダイヤル 0570-01-5589
ナビダイヤル

ナビダイヤルは有料となります。料金はガイダンスでご案内いたします。公衆電話、一部の携帯電話およびIP電話からはご利用いただけません。

FAX番号
06-6366-2533
営業時間
月~金9:30~17:30、土日・祝日9:30~13:30
休日
年末年始

阪急交通社 トラピックス大阪 国内 バスツアー

530-8355 大阪市北区梅田2丁目5番25号 ハービスOSAKA

総合旅行業務取扱管理者:橋本隆司・前田猛

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく上記取扱管理者にお訊ね下さい。

ご来店でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

グランドビルトラベルセンター 30階お客様受付カウンター

〒530-8383 大阪府大阪市北区角田町8番47号 阪急グランドビル30階
10:00~17:00

旅行企画・実施

株式会社阪急交通社
530-8355 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA
観光庁長官登録旅行業第1847号
(一社)日本旅行業協会正会員

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります

その他のツアーを探す