●<相席あり>(四条大宮・京都アバンティ発) 第6回 西国三十三所の旅〔番外・16・17・18・19番〕日帰り

◆ワクチン・検査パッケージ適用ツアー◆◆バス相席あり◆

お気に入りに追加されました

1/

西国三十三所 番外 元慶寺/イメージ
西国三十三所 番外 元慶寺/イメージ
西国三十三所 番外 元慶寺 御朱印/一例
西国三十三所 番外 元慶寺 御朱印/一例
西国三十三所 第16番 清水寺(京都府)/イメージ
西国三十三所 第16番 清水寺(京都府)/イメージ
西国三十三所 第16番 清水寺 御朱印/一例
西国三十三所 第16番 清水寺 御朱印/一例
西国三十三所 第17番 六波羅蜜寺(京都府) 外観/イメージ
西国三十三所 第17番 六波羅蜜寺(京都府) 外観/イメージ
西国三十三所 第17番 六波羅蜜寺 御朱印/一例
西国三十三所 第17番 六波羅蜜寺 御朱印/一例
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂/イメージ
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂/イメージ
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂 御朱印/一例
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂 御朱印/一例
西国三十三所 第19番 行願寺(京都府)/イメージ
西国三十三所 第19番 行願寺(京都府)/イメージ
西国三十三所 第19番 行願寺 御朱印/一例
西国三十三所 第19番 行願寺 御朱印/一例
西国三十三所 番外 元慶寺/イメージ
西国三十三所 番外 元慶寺 御朱印/一例
西国三十三所 第16番 清水寺(京都府)/イメージ
西国三十三所 第16番 清水寺 御朱印/一例
西国三十三所 第17番 六波羅蜜寺(京都府) 外観/イメージ
西国三十三所 第17番 六波羅蜜寺 御朱印/一例
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂/イメージ
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂 御朱印/一例
西国三十三所 第19番 行願寺(京都府)/イメージ
西国三十三所 第19番 行願寺 御朱印/一例

旅行代金 14,990

  • カード利用可

出発日・旅行代金を見る

  • 添乗員同行
  • ワクチン・検査パッケージ適用

設定期間2023年5月20日~2023年5月22日

ブランド トラピックス HOT
コース番号 3H36WC2
出発地 京都府
目的地 近畿/京都府  
旅行期間 1日間

こだわりポイント

  • ◆ご参加のお客様には、トラピックスツアー限定!【トラピックスオリジナル御影】をプレゼント!
  • ◆もちろん、添乗員も同行!御納経は添乗員が代行致します♪
  • ◆全12回、西国三十三所札所会公認の先達(※2)が同行!

新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

出発日・旅行代金

旅行代金は 大人1名を表示しています。( )内料金は子供旅行代金です。

年齢区分 大人/12歳〜、子供/12歳〜

設定期間2023年5月20日~2023年5月22日

20235

5月出発のツアー最安値
14,990

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

残席

14,990
(14,990円)

予約する

21

22

残席

14,990
(14,990円)

予約する

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※この料金は 2022年10月05日 時点に算出された旅行代金です。

※空席情報は随時変動しますので目安としてご参照ください。ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承ください。

◎余裕あり ◯残席あり △残席わずか

リクエスト受付とは

催行が表示されている出発日は、催行いたします。
催行中止が表示されている出発日は、催行中止となりました。お申込み済みのツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。

催行確定お知らせメールを受け取る

おすすめポイント

◆ご参加のお客様には、【トラピックスオリジナル御影】をプレゼント◆
ご参加ごとに、参拝されたお寺の梵字が入った御影をお渡しします。
全12回のご参加で、33か寺(計33枚)の御影がお手元に揃います!

◆巡礼ツアーおすすめポイント◆
・西国三十三所札所会公認の先達(※2)が同行!
・西国三十三所札所会公認先達同行ツアーでしかもらえない「御詠歌護符」付!
・1回だけの参加でも大歓迎!
・全12回とも日帰りツアーですので、お気軽にご参加いただけます!


(※2)公認先達とは、西国三十三所霊場を巡礼し、西国三十三所札所会公認先達資格を持つ方をいいます。

他の回・シリーズはこちら♪

その他巡礼ツアーをご検討のお客様はこちら♪

もっと見る

西国三十三所 近畿2府4県と岐阜県に渡る観音巡礼の路

第6回では、西国三十三所霊場の第16番札所から第19番札所へ。

第6回では、西国三十三所霊場の第16番札所から第19番札所へ。

養老二年(718年)、長谷寺の徳道上人が、閻魔大王のお告げを受け、起請文と三十三のご宝印を授かられましたが、観音信仰は広まらず、機が熟するまで中山寺の石の櫃(からと)に納められました。
約270年後、花山法皇がご宝印を取り出され、観音巡礼の復興をされたのが西国三十三所の観音霊場巡礼です。
2018年は、徳道上人が三十三の宝印を授かられた年(718年)から1300年という記念の年にあたり、2016年から2020年の5年間は多数の行事が計画され、2017年1月1日から事業終了日までの間、各札所のお寺では、西国三十三所草創1300年を記念する特別印がご朱印と一緒に授与されています。
このツアーなら、寺院の歴史や由緒、ご本尊の功徳などを説明していただける、西国三十三所札所会公認の先達(せんだつ)さんが、添乗員とは別に同行します。

【番外寺院】元慶寺 西国三十三所を復興させた花山法皇の出家寺

【番外寺院】元慶寺 西国三十三所を復興させた花山法皇の出家寺

花山天皇が在位わずか2年の19歳の時に、藤原兼家と道兼親子の策略によって出家し、花山法皇となられたところが元慶寺(がんけいじ)です。
花山法皇は、出家された後に西国三十三所霊場巡りを復興させたことから、元慶寺は西国三十三所の番外札所となっています。
また、花山法皇のいわれから、花山寺(かさんじ)とも呼ばれます。
御詠歌は、「待てといわば いともかしこし 花山に しばしと啼かん 鳥の音もがな」
この花山天皇が出家された元慶寺、花山法皇の菩提寺「花山院」(兵庫県三田市)、西国三十三所霊場開祖の徳道上人御廟所「法起院」(奈良県桜井市)の3つの寺院が西国三十三所の番外寺院とされています。

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ

京都の山科の元慶寺は、貞観10年(868年)、古今和歌集の序文に挙げられた6人の歌人「六歌仙」の一人として知られる遍昭(へんじょう)僧正による開創。
創建時は崋山院の名でしたが、元慶元年(877年)に勅願寺となり「元慶寺」と名前が変わりました。元慶寺のご本尊は、薬師瑠璃光如来。寺格も高く、寺域も広く栄えていましたが、応仁の乱で焼失し、その後、江戸時代に再興されました。
百人一首の中でも有名な12番「天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ」は遍昭僧正が詠まれた歌です。

あの「清水の舞台」であまりにも有名な 第16番札所 清水寺

あの「清水の舞台」であまりにも有名な 第16番札所 清水寺

第16番札所の清水寺は「清水の舞台」で有名な、あの清水寺です。
1240年前、奈良時代の778年、後に延鎮上人となる賢心(けんしん)の夢の中に白衣の老翁が現れ、「北へ清泉を求めよ」とお告げを受けられました。賢心は、京都の音羽山で清らかな水が湧出する滝(音羽の瀧)を見つけられ、そこで修行する老仙人の行叡居士から霊木を授かり、千手観音像を彫造し、滝上の草庵に祀ったのがもともとのはじまりとされます。その2年後、坂上田村麻呂が音羽の瀧で賢心と出会い、観世音菩薩の功徳を説かれ、十一面千手観世音菩薩をご本尊として寺院を建立し、音羽の瀧の清らかさにちなんで名付けたのが清水寺です。

「松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん」

「松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん」

清水の舞台は、ご本尊の観音さまへ特別な法会などで芸能を奉納する場所です。
崖下から約13mの高さに、410枚もの桧板が張られたのが「桧舞台」です。
13mの高さは4階建てのビルに相当し、舞台の床面積は約190平方mという広さです。
舞台を支える柱は18本で、樹齢400年以上のケヤキを用い、長さ約12m、周囲約2mを超える柱が使われ、木材同士の組み合わせに、釘は1本も使用されていません。檜舞台という言葉は「晴れの場所」に登場することの代名詞ともなっています。
駐車場からは坂道で約10分。参拝の難易度を10段階で表すと、3。

空也上人ゆかりの六波羅蜜寺
空也上人ゆかりの六波羅蜜寺

空也上人ゆかりの六波羅蜜寺

第17番札所の六波羅蜜寺は、天暦5年(951年)醍醐天皇の皇子にあたる空也上人による開創。空也上人は、念仏を唱えながら町を歩き、病人がいれば茶をふるまい、多くの人々を救ったと言われています。ご本尊は、国宝の十一面観音立像で、12年に一度ご開帳の秘仏です。 市中でバス下車、約5分。参拝の難易度を10段階で表すと、2。

聖徳太子が創建 華道「池坊」発祥の寺 第18番札所 六角堂

聖徳太子が創建 華道「池坊」発祥の寺 第18番札所 六角堂

第18番札所の正式名称は紫雲山頂法寺。本堂が六角形で、六角堂、六角さんと呼ばれます。
用明天皇2年(587年)、聖徳太子による創建で、ご本尊は太子の護持仏の如意輪観世音菩薩。聖徳太子は、四天王寺の建立のための材木を求めて、京都を訪れられました。池で身を清めるため、聖徳太子は自身の念持仏の如意輪観音像を木に掛けたところ、如意輪観音像が「この地にとどまって、人々を救いたい」と告げ、動かなくなりましたので、聖徳太子は六角形の御堂を建てて如意輪観音像安置したといわれます。
古来より、六角堂のご本尊の如意輪観世音菩薩様は、特に、寿命延命、病気治癒など、健康面でのご利益や、子宝や安産といったご利益で知られています。上りも下りもなく、参拝の難易度は10段階で2。

わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり

わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり

六角堂は、親鸞上人が比叡山から百日参籠されたことでも有名です。
建仁元年(1201)、聖徳太子を深く尊敬していた親鸞上人は、聖徳太子ゆかりの寺である六角堂に百日参籠するという誓いを立てられました。比叡山で修行していた親鸞上人は、夜になると比叡山を下りて六角堂を訪ね、籠もり、朝に比叡山へ戻ることの繰り返しだったといいます。そして95日目の暁に如意輪観音からお告げを受け、浄土真宗を開くきっかけを得られました。六角堂に、聖徳太子が身を清めたと伝えられる池の跡があり、この池のほとりに、小野妹子を始祖とする僧侶の住坊を「池坊」と呼ぶようになりました。六角堂の住職を代々務める池坊は、仏前に花を供える中で工夫を加え、華道「いけばな」発祥の地となりました。

革堂さんの名で親しまれる 唯一の尼寺 第19番札所 行願寺

革堂さんの名で親しまれる 唯一の尼寺 第19番札所 行願寺

第19番札所の行願寺は、「こうどうさん」の名で親しまれる尼寺で、寛弘元年(1004年)、行円上人の開基となります。
千年の歴史をもち、創建時は一条小川の一条北辺堂跡に建っていたと伝えられ、御所の北の「一条」大路にある「革聖のお堂」ということから「一条かわどう」と人々に呼ばれ親しまれていましたが、相次ぐ戦乱や大火で場所を変え、今の場所に移りました。
秘仏のご本尊は、行円上人の彫像とされる千手観世音菩薩。
京都御所の近くに位置、バス下車し5分。
このお寺も京都の街中に位置しますので、上がったり下ったりするところもなく、参拝の難易度は10段階で2。

花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん

花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん

行願寺を開基された行円(ぎょうえん)上人は、仏門に入られる前は猟師で、ある日、射止めた牝鹿から子鹿が生まれるのを見て、それまでの殺生を悔いるとともに、殺生の非を悟り、仏門に入られたと言われています。
そのこともあって、いつも、その射止めた鹿の革の衣を身に着けておられ、「革聖(かわひじり)」「革聖人」と呼ばれるようになり、行願寺も革堂と称されるようになりました。
西国三十三所の札所とともに、都七福神の「寿老人」もお祀りしていることから、毎日多くの参拝者が訪れています。

もっと見る

日程表

移動マークの説明

  • 飛行機
    飛行機
  • バス
    バス
  • 電車
    電車
  • JR
    JR
  • 船
  • 徒歩
    徒歩
  • 車
  • ロープウェイ
    ロープウェイ
  • その他
    その他

観光マークの説明

  • 入場観光
    入場観光
  • 下車観光
    下車観光(施設等へは入場しません)
  • 車窓観光
    車窓観光
  • 乗車または乗船観光
    乗車または乗船観光(※)
  • ショッピング
    ショッピング
  • 食事・ショッピング
    食事・ショッピング

※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です。

時間帯の目安

早朝 午前 午後 夕刻 深夜
4:00 6:00 8:00 11:00 13:00 16:00 18:00 23:00 4:00

1日目

西国三十三所 番外 元慶寺 御朱印/一例
西国三十三所 番外 元慶寺 御朱印/一例
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂 御朱印/一例
西国三十三所 第18番 頂法寺 六角堂 御朱印/一例
西国三十三所 第19番 行願寺  御朱印/一例
西国三十三所 第19番 行願寺  御朱印/一例

四条大宮(09:00集合)=

京都アバンティ(09:20集合)=

【番外】元慶寺(がんけいじ)<約50分>=

【16番】清水寺(きよみずでら)<約80分>==★ご昼食=

【17番】六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)<約50分>=

【18番】頂法寺(六角堂)(ちょうほうじ/ろっかくどう)<約50分>=

【19番】行願寺(ぎょうがんじ)<約45分>=

各地(18:30~20:30着)<バス走行距離:約90Km>

【ご案内】筆記用具・マッチ又はライター・お手持ちのお数珠をお持ち下さい。
※交通機関・道路状況・納経所の混雑等により、旅程・お参りの順序等が変更になる場合がございます。
食事
【朝食】× 【昼食】○ 【夕食】×

重要事項

※歩きますので動きやすい服装と履きなれた靴でご参加下さい。
※各参拝寺院の納経、ご宝(朱)印料は旅行代金には含まれておりません。
ご希望の方は当日別途費用を代行を務める添乗員にお渡し下さい。
ご朱印は添乗員が一括して行いますが様軸・納経帳・笈摺それぞれお一人各1点にさせていただきます。
※各札所による朱印の押し間違い等につきましては、弊社では一切責任を負いかねますので、予めご了承下さい。
また、一部特殊な納経用品に関してはお預かりすることができませんので、予めご了承下さい。

■ご参加人数によりましては、バスの座席が相席となる場合がございます。
■12歳未満のお客様はご参加をお断りしています。
※※ツアー参加条件※※
(1)または(2)のいずれか、および(3)の内容を証明いただきます。
(1)ワクチン2回を接種後14日以上経過していること
(2)出発日の3日前以降に採取した検体によるPCR検査結果または抗原定量検査の結果が陰性であること
(3)ご出発受付時に本人を確認する書面などの提示が可能であること
  上記(1)から(3)に加え、当社の感染防止対策にご協力いただけること

※※当日の持ち物※※
次の(1)および(2)の証憑となるもの
(1)ワクチン接種済または検査結果陰性を証明するもの
■ワクチン2回以上接種の場合
・ワクチン接種済証(接種済接種券)、ワクチン接種記録書(自治体が発行した記録書)、ワクチンパスポート(市町村発行の紙製又はデジタル庁アプリによる接種証明)のいずれか1点≪原本の他、コピー、写真データの提示でも可≫
※3回目接種済みの方は最後に接種された際の記録書、証明書の提示で2回目までの記録提示は不要。
■PCR検査または抗原定量検査の場合
・検査結果陰性報告、検査陰性証明書のいずれか1点≪原本の他、コピー、メール、Web回答画面の提示でも可≫
※市販の抗原検査キットを用いて医療・検査機関を通さず、個人の検査で結果が判明するものは無効です。
(注)12歳未満のお子様は同居する親等の監護者が同伴する場合に限り、検査の必要はございません。 
    ただし、6歳以上12歳未満のお子様については、都道府県間の移動の自粛要請が発令されている場合は有効な検査による陰性証明が必要となります。
(2)本人を確認する書面≪原本≫
 氏名・現住所・生年月日が記載された本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等の公的証明書等)
(注)12歳未満の方は、同居する親などの監護者が同伴する場合に限り提示不要


※当日証明書類の持参をお忘れの場合はツアーにご参加いただけません。また、取消料もお支払いいただきますので必ずご持参くださいますようお願い申し上げます。
※今後の状況により参加条件を変更する場合がございます。

旅行条件

旅行日数 1日間
最少催行人員 30名
添乗員 同行致します(1日目集合場所~1日目解散場所まで同行)
運送機関の種類または名称 往路:バス、復路:バス
航空会社
食事回数※機内食除く 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回

その他

※上記スケジュール及び帰着時間は2022年9月30日現在のものであり、交通機関・道路状況等により変更になる場合があります。
また、当日の気象状況により、一部行程を変更する場合があります。
※帰着地は、集合場所と同じになります。但し、バスの乗降場所は、往路と復路で変更となる場合がございます。
※歩きますので動きやすい服装と履きなれた靴でご参加下さい。
※各参拝寺院の納経、ご宝(朱)印料は旅行代金には含まれておりません。
ご希望の方は当日別途費用を代行を務める添乗員にお渡し下さい。
ご朱印は添乗員が一括して行いますが様軸・納経帳・笈摺それぞれお一人各1点にさせていただきます。
※各札所による朱印の押し間違い等につきましては、弊社では一切責任を負いかねますので、予めご了承下さい。
また、一部特殊な納経用品に関してはお預かりすることができませんので、予めご了承下さい。
※添乗員の安全管理の為、納経用品のお預かり・お返し及びご朱印代金の集金につきましては、サービスエリアやお寺の駐車場等のバス停車時に行いますので予めご了承下さい。
※バス車内は禁煙とさせていただいておりますのであらかじめ御了承下さい。
※旅行時期や気象条件などにより写真の風景が実際と異なる場合がございます。
※バスガイドは乗務致しません。(観光の案内はございません。)
※ご参加人数によりましては、バスの座席が相席となる場合がございます。
※バスは中型タイプの場合がございます。
※同行の先達は途中の発着場所より乗降する場合がございます。
※納経所の混雑等のお寺の都合により、お参りの順序が変更となる場合がございます。


(※1)世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部です。
(※2)公認先達とは、西国三十三所霊場を巡礼し、西国三十三所札所会公認先達資格を持つ方をいいます。


※この旅行条件は2022年9月30日を基準としています。
また、旅行代金は2022年9月30日現在有効な運賃・適用規則を基準として算出しています。

■利用予定バス会社:商都交通または近畿エリア利用バス会社(当社基準)
当社基準の利用バス会社は、当社ホームページ内でご確認いただけます。
http://www.hankyu-travel.com/yakkan/buslist.php

■貸切バスを利用するコースのバス会社名は、決定され次第当社ホームページにてお知らせいたします。
(バス会社指定コース・ミステリーツアーを除く)
http://www.hankyu-travel.com/buscompany/kokunai/又は11848952(いいばすはんきゅうこうつう)と入力してインターネットから検索が出来ます。
*出発当日に、バス車両の不具合、ドライバーの体調により、利用バス会社が変更となる場合があります。
(これらの理由による変更は免責となります。)

WEB会員限定!巡礼クーポン進呈キャンペーンはこちら!

旅行条件書はこちら

取引条件説明書面の交付について

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

日本国外に在住のお客様へのお知らせ

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

承認番号:235647|承認日:2022/10/03

お気に入りツアーを見る

お電話 FAX でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

メールでのお問い合せはこちらから
電話番号
ナビダイヤル 0570-01-5589
ナビダイヤル

ナビダイヤルは有料となります。料金はガイダンスでご案内いたします。公衆電話、一部の携帯電話およびIP電話からはご利用いただけません。

FAX番号
06-6366-2533
営業時間
月~金9:30~17:30、土日・祝日9:30~13:30
休日
年末年始

阪急交通社 トラピックス大阪 国内 バスツアー

530-8355 大阪市北区梅田2丁目5番25号 ハービスOSAKA

総合旅行業務取扱管理者:的場倫也・森尾英樹・宮崎主

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく上記取扱管理者にお訊ね下さい。

ご来店でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

グランドビルトラベルセンター 30階お客様受付カウンター

〒530-8383 大阪府大阪市北区角田町8番47号 阪急グランドビル30階
10:00~17:00

旅行企画・実施

株式会社阪急交通社
530-8355 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA
観光庁長官登録旅行業第1847号
(一社)日本旅行業協会正会員

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります

その他のツアーを探す