【(2名一室)中部空港発着】国境の島を存分に堪能する旅 対馬じっくり滞在6日間

お気に入りに追加されました

1/

対馬城山金田城※3日目ハイキングプラン
対馬城山金田城※3日目ハイキングプラン
万松院
万松院
ホテル東横INN対馬厳原/外観
ホテル東横INN対馬厳原/外観
九州百名山・霊峰白嶽登山※4日目ハイキングプラン・専門ガイド同行
九州百名山・霊峰白嶽登山※4日目ハイキングプラン・専門ガイド同行
対馬城山金田城※3日目ハイキングプラン
万松院
ホテル東横INN対馬厳原/外観
九州百名山・霊峰白嶽登山※4日目ハイキングプラン・専門ガイド同行

旅行代金 155,000

出発日・旅行代金を見る

  • トラべルイヤホン
  • 現地添乗員同行
  • ホテル指定

設定期間2022年3月20日

ブランド トラピックス HNT
コース番号 31001X2
出発地 愛知県
目的地 九州/長崎県  
旅行期間 6日間

こだわりポイント

  • ■九州最北端に位置し、朝鮮半島に最も近い日本遺産(※1)の島に5泊!
  • ■古代より大陸との中継地点として重要な役割を果たしてきた歴史と固有の生態系を有する島の魅力をご案内!
  • ■2泊とも団体でのお手配が難しい離島のホテルをご用意しました!

新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

出発日・旅行代金

旅行代金は 2名1室利用/ 大人1名を表示しています。( )内料金は子供旅行代金です。

年齢区分 大人/12歳〜、子供/0歳〜0歳

設定期間2022年3月20日

20223

3月出発のツアー最安値
155,000

1

2

3

4

5

6

受付終了

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

残席

155,000
(155,000円)

予約する

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※この料金は 2021年9月27日 時点に算出された旅行代金です。

※空席情報は随時変動しますので目安としてご参照ください。ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承ください。

◎余裕あり ◯残席あり △残席わずか

リクエスト受付とは

催行が表示されている出発日は、催行いたします。
催行中止が表示されている出発日は、催行中止となりました。お申込み済みツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。

催行確定お知らせメールを受け取る

おすすめポイント

☆~島の魅力をご案内~☆
■韓国古代建築様式を取り入れた展望台<韓国展望台>(2日目)
■古くから竜宮伝説が残されている<和多都美神社>(3日目)
■九州百名山圧巻の360度の大パノラマ<霊峰・白嶽>(4日目)
■石材で造られた屋根の県指定有形文化財<椎根の石屋根>(4日目)
■宗家の歴史が刻まれた<万松院>(5日目)
■豊臣秀吉の朝鮮出兵に際して築かれた山城<清水山城(三ノ丸)>(5日目ハイキングプラン)

※1 … 国境の島 壱岐・対馬・五島~古代からの架け橋~構成文化財の一部

◆1名様一室ご利用のお客様はこちらよりお申込ください◆

もっと見る

人気の観光地へご案内

江戸時代に対馬藩が築き上げた船着き場 「対馬藩お船江跡」

江戸時代に対馬藩が築き上げた船着き場 「対馬藩お船江跡」

今の大阪・博多・長崎・釜山など各方面へと航海していた対馬藩が築いた船着き場で、 江戸時代から残されているお船江があります。 1663年に、4基の突堤(とってい)と5つの船渠(せんきょ)が造設されました。現在は、 一部が埋め立てられ、4基の突堤(とってい)と4つの船渠(せんきょ)が残っています。 当時の原形をこれほど良好に保存されているのは全国的にも珍しく、 県指定史跡に指定されています。

明治に開削された万関瀬戸に架かる対馬の上下島を結ぶ「万関橋」

明治に開削された万関瀬戸に架かる対馬の上下島を結ぶ「万関橋」

万関橋(まんぜきばし)は浅茅湾と三浦湾の間に開削されたした万関瀬戸に架かる橋です。明治後期、日清戦争後の中国大陸の緊張の中、対ロシア対策として対馬東海上までの道をつくる必要がありました。その為、1900年に旧日本海軍が艦船を通すためにため万関瀬戸が開削されました。その万関瀬戸にかかる万関橋は、対馬の上島と下島を結び、対馬島を上下に分ける境となっています。現在の橋は3代目にあたり、1996年に架けられました。橋長210m、橋巾10m、高さ 25mがあるこの橋は、対馬の交通の要所となっているとともに、観光名所にもなっています。(※車窓観光となります。)

「国境の島」と呼ばれる対馬最北端に位置する 韓国展望台 

「国境の島」と呼ばれる対馬最北端に位置する 韓国展望台 

お天気に恵まれれば韓国の釜山市の街並みを望むことができる「韓国展望台」。韓国まで約49.5kmという長崎県対馬市上対馬町に位置しています。韓国展望台の建物は、ソウルの「パゴダ公園」にある多目的施設をモデルにして造られました。また、ゲートも韓国国際ターミナル(釜山)の入り口ゲートがモデルと言われています。地理的にも歴史的にも深い関係にある韓国の古代建築様式が取り入れられています。日本に居ながら、お隣の国・韓国の雰囲気を感じることができる「韓国展望所」は、日本だけでなく韓国からの観光客も多く訪れる人気スポットになっています。

典型的リアス式海岸 浅茅湾を一望 360度の景色が広がる展望

典型的リアス式海岸 浅茅湾を一望 360度の景色が広がる展望

烏帽子岳(えぼしだけ)展望台は、対馬の中央に広がる日本でも有数のリアス式海岸である浅茅湾(あそうわん)の北岸に位置し、360度をぐるりと見渡せる展望台です。山頂近くまでの道路と駐車場が整備されており、駐車場から展望台への階段を10分ほど登ると、東には対馬海峡、西には朝鮮海峡が広がり、複雑な入り江と無数の島々が織りなす典型的なリアス式海岸の景観を一望できます。烏帽子岳の標高は 176m ですから、そう高い山ではありませんが周りに高い山がないので360度の素晴らしいパノラマ展望を楽しむことができます。古代から天然の良港として知られた浅茅湾の歴史と、リアス式海岸の雄大な景観を楽しむことができる観光スポットとして人気です。

約1350年前に防人たちが築いた国防の最前線の城「金田城」

約1350年前に防人たちが築いた国防の最前線の城「金田城」

【3日目 ハイキングプラン】 金田城は、対馬国下県郡の城山にあった日本の古代山城で、城跡は国の特別史跡に指定されています。663年、白村江の戦いで倭軍が唐・新羅連合軍に敗北したため、返り討ちを恐れて防衛態勢を整備するために築城されました。筑紫に太宰府政庁を直接防衛するための水城、筑前に大野城、肥前に基肄城、肥後に鞠智城、対馬に金田城、長門に長門城、讃岐に屋島城、大和に高安城を築いたと日本書紀に書かれています。667年、浅茅湾南岸に突き出した「城山」(じょうやま)に「金田城」(かなたのき)が築かれ、東国から召集された防人たちが城山山頂から朝鮮半島を睨み続けたといいます。当時の対馬は国防の最前線であり、極度の軍事的緊張が漂う国境の島でした。浅茅(あそう)湾の南岸にあって湾内に突き出た半島の先端部に位置し,湾口の大口瀬戸方面を一望できます。

国境離島の対馬のシンボル的存在として崇められている「白嶽」

国境離島の対馬のシンボル的存在として崇められている「白嶽」

【4日目 ハイキングプラン】 朝鮮半島と九州本土の間にある南北約80kmと縦長の形をした国境離島の対馬。島には古くからの大自然が今もなお多く残され、大自然を満喫できる観光スポットが多くあります。そんな中でも最も対馬の自然を満喫することができるのが霊峰「白嶽」。また、この対馬のシンボル的存在として、古来より霊山として崇められている白嶽(しらたけ)は、標高約519mで、山頂までの登山道も整備され初心者でも気軽に楽しめる登山スポットとなっています。山頂からは360度の眺望が広がり、圧巻の風景を望むことができる日本有数の山。道中の植物などの自然や野鳥や鹿などの野生動物と遭遇することもあり五感で自然を満喫することができる霊峰です。さらにその白嶽周辺は原生林で、国の天然記念物にも指定されていて、朝鮮半島などの大陸系の植物や日本固有の植物などが共生し非常に珍しい生態系をもっています。

対馬島の特異な伝統建築エキゾチックな建築遺構「石屋根の小屋」

対馬島の特異な伝統建築エキゾチックな建築遺構「石屋根の小屋」

九州と朝鮮半島のあいだに浮かぶ対馬島は、古くから文化交流の中継地点として発展しました。絶えず異文化の影響を受けてきた土地柄をうかがわせる建築遺構が、石屋根の小屋です。石屋根の小屋の起源については不明なことも多いですが、瓦の使用が禁じられた江戸時代に生まれたようです。屋根材に使う石は、もとは各集落の裏山で採られ、大正時代に発破技術が導入されると、浅茅湾(あそうわん)の島山で採れる良質の泥板岩が流通しました。対馬の人々は、こぞって見栄えのいい島山石で屋根を改めていきました。また、対馬島の建築は柱も独特。四隅は角材を使って、それ以外は断面が長方形をした「平柱」を使って建てられています。

かつての戦役で朝鮮半島との重要拠点として築かれた「清水山城」

かつての戦役で朝鮮半島との重要拠点として築かれた「清水山城」

【5日目 ハイキングプラン】 清水山城(しみずやまじょう)は、現在の長崎県対馬市厳原町西里の清水(標高206m)に築かれた城です。豊臣秀吉が文禄・慶長の役に際して本陣の名護屋城から朝鮮への経由地となる壱岐と対馬に物資の輸送の役割を担う兵站(へいたん)基地となる城を築くことを命じ、天正19年(1591)に厳原の西にある清水山上に毛利高政によって築城されたと伝えられています。 規模はさほど大きくありませんが、歴史的には文禄慶長の役の遺跡、構造上からは遣禄頃の城跡、また、三の丸には虎口の桝形の遺構が極めてよく残っている城址です。現在は国指定史跡として登山道が整備されています。

日本三大墓地に数えられる対馬藩主宗家累代の菩提寺「万松院」

日本三大墓地に数えられる対馬藩主宗家累代の菩提寺「万松院」

万松院は1615年に対馬藩主・宗家20代義成が創建し、以降、宗家累代の菩薩時となりました。その後、何度かの火災により焼失したため、現在の本堂は1879年に再建されたものです。安土桃山式の山門と仁王像は焼失から免れた対馬最古の建物で、堂内には朝鮮国王から贈られた三具足、徳川将軍の大位牌が保存されています。墓所である御霊屋(おたまや)までは百雁木と呼ばれる132段の石段を登っていきます。登りきると、墓所の手前には樹齢1200年と言われる大スギが3本あり、杉としては対馬一の樹齢を誇っています。墓所には巨大な墓が荘厳な雰囲気の中ずらりと並んでいます。対馬最古の菩提寺で、宗家の歴史に触れてください。

もっと見る

利用ホテル

3~5泊目:厳原

東横INN 対馬厳原/外観

東横INN 対馬厳原/外観

  • 1・2泊目(比田勝)東横INN 対馬比田勝【指定】 ※当社基準Bランク 3~5泊目(厳原)東横INN 対馬厳原【指定】 ※当社基準Bランク ※阪急交通社では、当社独自の基準において宿泊施設を上位からS・A・B・Cの4つのランクに分けております。

日程表

移動マークの説明

  • 飛行機
    飛行機
  • バス
    バス
  • 電車
    電車
  • JR
    JR
  • 船
  • 徒歩
    徒歩
  • 車
  • ロープウェイ
    ロープウェイ
  • その他
    その他

観光マークの説明

  • 入場観光
    入場観光
  • 下車観光
    下車観光(施設等へは入場しません)
  • 車窓観光
    車窓観光
  • 乗車または乗船観光
    乗車または乗船観光(※)
  • ショッピング
    ショッピング
  • 食事・ショッピング
    食事・ショッピング

※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です。

時間帯の目安

早朝 午前 午後 夕刻 深夜
4:00 6:00 8:00 11:00 13:00 16:00 18:00 23:00 4:00

1日目

【日本遺産】対馬藩御船江跡
【日本遺産】対馬藩御船江跡
万関橋
万関橋
【集合場所・時間/中部空港 7:10~8:40】
中部空港(8:00~9:30発)

福岡空港

対馬空港

☆観光情報館ふれあい処つしま<約60分>

○日本遺産 対馬藩御船江跡<約30分>

△万関橋

比田勝<泊>(17:30頃着)

ホテルにてオリエンテーション(ご滞在中の説明、日帰りツアーの説明など致します)

<バス走行距離:約95Km>
食事
【朝食】× 【昼食】× 【夕食】○
滞在先
東横INN 対馬比田勝【指定】 0920-88-6045

2日目

三宇田浜海水浴場
三宇田浜海水浴場
韓国展望台
韓国展望台
【ハイキングプラン】対馬ヤマネコ生息地・御岳登山(専門ガイド同行)
ホテル(9:00発)
○日本の渚百選・三宇田浜海水浴場<約20分>
○日本海海戦記念碑・殿崎公園<約20分>
○韓国展望台<約30分>
御岳登山口
御岳登山<約3時間>
御岳登山口
比田勝<泊>(16:30頃着)

≪当社基準によるハイキング難易度≫
■難易度:ハイキング中級 ■歩行距離:約3km ■歩行時間:約2時間30分 ■標高差:360m ■最高点標高:約479m


【観光プラン】
ホテル(9:00発)
○日本の渚百選・三宇田浜海水浴場<約20分>
○日本海海戦記念碑・殿崎公園<約20分>
○韓国展望台<約30分>
御岳登山口(登山組下車)
○上対馬町歴史民俗資料室<約25分>
比田勝<泊>(15:30頃着)

<バス走行距離:約115Km>
食事
【朝食】○ 【昼食】○お弁当 【夕食】○
滞在先
東横INN 対馬比田勝【指定】 0920-88-6045

3日目

【ハイキングプラン】金田城
【ハイキングプラン】金田城
和多都美神社
和多都美神社
烏帽子岳展望台からの眺め
烏帽子岳展望台からの眺め
【ハイキングプラン】防人が築いた大要塞城山/日本遺産金田城登山(専門ガイド同行)
ホテル(9:00発)
○和多都美神社<約30分>
○烏帽子岳展望台<約40分>
城山入口(マイクロバス乗換)
○城山(金田城跡)登山口
城山登山<約3時間>
城山入口
厳原<泊>(16:30頃着)

≪当社基準によるハイキング難易度≫
■難易度:ハイキング初級 ■歩行距離:約5.2km ■歩行時間:約2時間 ■標高差:260m ■最高点標高:約276m


【観光プラン】
ホテル(9:00発)
○和多都美神社<約30分>
○烏帽子岳展望台<約40分>
城山入口(登山組下車)
厳原<泊>(13:00頃着)

<バス走行距離:約150Km>
食事
【朝食】○ 【昼食】○お弁当 【夕食】×
滞在先
東横INN 対馬厳原【指定】 0920-53-6145

4日目

【ハイキングプラン】霊峰・白嶽
【ハイキングプラン】霊峰・白嶽
椎根の石屋根/イメージ
椎根の石屋根/イメージ
【ハイキングプラン】九州百名山・霊峰白嶽登山(専門ガイド同行)
ホテル(9:00発)
白嶽登山口
白嶽登山<約4時間>
白嶽登山口
○小茂田浜神社<約30分>
○椎根の石屋根<約25分>
厳原<泊>(16:00頃着)

≪当社基準によるハイキング難易度≫
■難易度:登山入門 ■歩行距離:約4.4km ■歩行時間:約3時間 ■標高差:470m ■最高点標高:約519m


【観光プラン】
ホテル(9:00~11:00発)
◎対馬ふるさと伝承館(対州そば・そば打ち体験)<約70分>
白嶽登山口(登山組と合流)
○小茂田浜神社<約30分>
○椎根の石屋根<約25分>
厳原<泊>(16:00頃着)

<バス走行距離:約110Km>
食事
【朝食】○ 【昼食】○※ハイキングプランはお弁当 【夕食】×
滞在先
東横INN 対馬厳原【指定】 0920-53-6145

5日目

【ハイキングプラン】清水山城(三ノ丸)からの眺め
【ハイキングプラン】清水山城(三ノ丸)からの眺め
【日本遺産】万松院
【日本遺産】万松院
【観光プラン】金石城跡
【観光プラン】金石城跡
【ハイキングプラン】縄文の森・龍良山麓ハイキングと清水山(清水山城跡)登山(専門ガイド同行)
ホテル(8:00発)
縄文の森・龍良山麓ハイキング<約1時間>
○鮎もどし自然公園<約20分>
○ふれあい処つしま(周辺にて自由昼食)<約60分>
登山口
清水山城(三ノ丸)登山<約2時間>
◎日本遺産万松院<約30分>
ふれあい処つしま
厳原<泊>(15:40頃着)

<バス走行距離:約26km>

≪当社基準によるハイキング難易度≫
龍良山■難易度:ウォーキング ■歩行距離:約2km ■歩行時間:約1時間 ■標高差:40m ■最高点標高:約180m
清水山■難易度:ハイキング初級 ■歩行距離:約2.2km ■歩行時間:約1時間 ■標高差:206m ■最高点標高:約210m


【観光プラン】城下町厳原町歩き(観光ガイドがご案内・約2時間)※徒歩移動でのご案内
ホテル(8:00発)
ふれあい処つしま
◎日本遺産万松院
○金石城跡
○八幡宮神社
○武家屋敷跡
ふれあい処つしま
厳原<泊>(11:00頃着)
食事
【朝食】○ 【昼食】× 【夕食】×
滞在先
東横INN 対馬厳原【指定】 0920-53-6145

6日目

ホテル・出発まで自由行動(11:00~12:00発)

対馬空港

福岡空港

中部空港(16:05~17:20着)

<バス走行距離:約12km>
食事
【朝食】○ 【昼食】× 【夕食】×

重要事項

※お申し込みの際は、2~5日目は【ハイキングプラン】又は【観光プラン】をお選びください。お申し出のないお客様は、【観光プラン】にてお手配させていただきます。

※ご参加に際しまして、「ウォーキング・ハイキング・登山ツアーにご参加のお客様へ」を必ずお読みください。インターネットからお申込みのお客様につきましては、以下URLからご確認をお願い致します。
http://x.hankyu-travel.com/f_up/data/pdf/osa_d/osa_d_388532.pdf
※準備物:(ハイキング・登山プラン)トレッキングシューズ、リュックサック、雨具(上下分かれたもの)、その他必要に応じてお客様各自でご用意下さい。

※当ツアーは当社他支店、また他空港からご参加のお客様と共同催行となる場合がございます。往復ともに空港で60分以上の待ち時間(最長120分)が発生する場合がございます。予めご了承ください。

【国内線旅客施設使用料徴収の対象空港と料金】
中部空港(片道440円/往復880円) 
福岡空港(片道110円/往復220円)

旅行条件

旅行日数 6日間
最少催行人員 20名
添乗員 同行致します(1日目福岡空港~6日目福岡空港(2~5日目登山ハイキングプランに同行))
運送機関の種類または名称 往路:飛行機、復路:飛行機
航空会社 ANA/オリエンタルエアブリッジ
食事回数※機内食除く 朝食:5回 昼食:3回 夕食:2回

その他

※ご参加に際しまして、「ウォーキング・ハイキング・登山ツアーにご参加のお客様へ」を必ずお読みください。インターネットからお申込みのお客様につきましては、以下URLからご確認をお願い致します。
http://x.hankyu-travel.com/f_up/data/pdf/osa_d/osa_d_388532.pdf

上記スケジュールは2021年9月15日現在のものであり、航空機・バス等の交通機関の都合・天候・現地事情・道路状況等により、旅程・見学箇所・訪問順序・食事内容が変更になる場合がございます。

■当ツアーは1名様からご参加いただけます。(相部屋利用はお受けできません)
■12歳未満のお子様のご参加はご遠慮ください。
■写真は全てイメージです。
■バスガイド:乗務いたしません。また、添乗員による観光案内もございませんので予めご了承下さいませ。(ただし、2日目~5日目は添乗員が登山、ハイキングに同行する為、観光プランはバスガイドがご案内します)
■出発日の中部空港では当社係員が受付及びご案内いたします。

※ご旅行時期や気象状況によって写真の風景は実際と異なる場合がございます。予めご了承下さい。
※時期・仕入状況等によって料理内容が異なる場合がございます。
※都合によっては、行程を入れ替えてご案内する場合がございます。
※バス車内は禁煙となります。
※バスのお座席がグループ内で前後席となる場合がございます。
※渋滞等の影響で、宿泊施設への到着時間や帰着時間が大幅に遅れる場合がございます。
※当ツアーは当社他支店と共同催行となります。
※準備物:(ハイキング・登山プラン)トレッキングシューズ、リュックサック、雨具(上下分かれたもの)その他必要に応じてお客様各自でご用意下さい。

■利用予定航空会社/ANA又はオリエンタルエアブリッジ
※利用航空便の発着時間につきましては、表示時間内での当社指定便(指定時間)となり、お客様のご希望はお伺いできません。
※分かれた航空便でご案内させて頂くことがございます。その場合、往路到着空港・復路出発空港にてお待ち頂く場合がございます。予めご了承下さい。
※航空機のお座席に関するご希望は一切お受けできません。カップルやグループのお客様でも離れてお座りいただく場合がございます。当ツアー適用の運賃の座席割り当てについては当該利用便の予約状況や安全運行上の理由で航空会社が独自の判断の上、決定されます。従って、当社は一切の確約や責任を負えません。予めご了承下さい。
※発着空港は同一空港でのご案内となります。
※クレベリン置き型、クレベリンスティックペンタイプ・フックタイプおよびその類似製品は腐食性物質(亜塩素酸ナトリウム水溶液)が生じるため、航空機への持込が一切出来ません。ご自宅から持参しないよう、宜しくお願いいたします。
【国内線旅客施設使用料徴収の対象空港と料金】
中部空港(片道440円/往復880円) 
福岡空港(片道110円/往復220円)

【本コースの予約について】
※お申込みの際は、ご旅行条件書を必ずお読み下さい。
※ご入金確認後(契約成立後)確定書面(最終日程表「旅のしおり」)は、ご出発日の5日前到着(7日前発送)を目途にお送り致します。ご利用便、ホテル名など日程の詳細をご確認下さい。

◆利用予定バス会社:ジェイアイランドバスまたは九州エリア利用バス会社(当社基準)
当社基準の利用バス会社は、当社ホームページ内でご確認いただけます。
http://www.hankyu-travel.com/yakkan/buslist.php


■ウォーキング・ハイキング・トレッキング・登山ツアーご参加の方は、お申込み前に必ずこちらのご案内をお読みください。

旅行条件書はこちら

取引条件説明書面の交付について

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

日本国外に在住のお客様へのお知らせ

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

承認番号:187775|承認日:2021/07/07

お気に入りツアーを見る

お電話 FAX でのお問い合わせ・お申し込み(混雑時は便利なインターネット予約をご利用ください)

メールでのお問い合せはこちらから
電話番号
ナビダイヤル 0570-05-8939
ナビダイヤル

ナビダイヤルは有料となります。料金はガイダンスでご案内いたします。公衆電話、一部の携帯電話およびIP電話からはご利用いただけません。

FAX番号
052-563-0131
営業時間
月~金9:30~17:30、土日祝日9:30~13:00
休日
年末年始はお休み

阪急交通社 トラピックス中部 国内

450-8533 名古屋市中村区名駅2-45-14 東進名駅ビル5階

総合旅行業務取扱管理者:内田勝也・的場倫也・山田一登・上原信

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があればご遠慮なく上記取扱管理者にお訊ね下さい。

旅行企画・実施

株式会社阪急交通社
530-8355 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA
観光庁長官登録旅行業第1847号
(一社)日本旅行業協会正会員

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります

その他のツアーを探す

【国内旅客施設使用料について】

旅行代金に国内旅客施設使用料は含まれておりません。別途お支払いが必要となります。

福岡空港往復:大人220円、子供220円
中部国際空港往復:大人880円、子供880円