阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

チュニジア旅の準備

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

チュニジア旅の準備|チュニジア観光ガイド

通貨・両替

通貨はチュニジアン・ディナール。1ディナール=1,000ミリーム。都市部では日本円からの両替が可能です。地方に行くときは、ユーロかUSドルも持っていくとよいでしょう。

■両替はどこでする?
  • 日本で:日本国内でチュニジアン・ディナールへの両替はできません。
  • 現地で:空港、銀行、高級ホテルなどで両替できます。
  • 現地の空港で:チュニス・カルタゴ国際空港の両替所は24時間営業。当座に必要な現金を両替しておきましょう。
  • 現地の銀行で:レートはどこの銀行もほぼ同じです。
  • 現地のホテルで:銀行の閉店後や休業日に現金が必要なときに便利。レートも銀行と変わりません。
  • ホテル ロビー
  • ▲ホテルでも両替可能
■外貨宅配
外貨をあらかじめ指定の場所に届けてくれる便利なサービス。申し込みは電話かインターネットで。日本国内では現地通貨を両替できないので、ユーロかUSドルを手配しておくと良いでしょう。
■為替レート
チュニジア:1チュニジアン・ディナール=36.69円(2019年6月現在)。両替したディナールはできるだけ使い切るか、空港で再両替を。

電圧・プラグ・荷造り・必需品

日本とは電圧もプラグの形状も異なるので、日本の電気器具をそのまま使用する場合は、変圧器とアダプターが必要です。

  • ■電圧:220~240ボルト
  • ■プラグ:Cタイププラグ
  • ■上手な荷造り
    かさばる衣類などは荷造り用の便利グッズを使って小さくまとめ、帰りのおみやげ用のスペースも考えて荷造りしましょう。
  • ■旅の必需品
    必需品は念入りに確認。パスポートとお金(現金・カード)、ツアーの場合は、最終日程表「旅のしおり」も必ず持参のこと。
    • マルチプラグ
    • ▲マルチプラグ 2,499円(一例)
    • 衣類圧縮袋
    • 衣類圧縮袋 1,050円(一例)
持って行くと便利なグッズ
  • ティッシュ:宗教上の習慣から、トイレに紙が備わっていないことが多いので、日本からティッシュを持っていくと安心です。
  • 電卓:チュニジアでの買い物に値段交渉はつきものです。1台あれば交渉がスムーズになります。
  • 密閉式の小袋:市場で買った惣菜や生鮮品をこれで密閉。ホテルや機内でも匂いが気になりません。
  • 上着:季節を問わず昼夜の寒暖の差が大きいので、上にはおるものを持っていくと重宝します。
  • 衣類圧縮袋:かさばるお土産がカバンに入らない時など、衣類をこれで小さくまとめて空間を確保。
  • 常備薬:気候の変化や旅の疲れから体調を崩すことも。現地の薬は合わないことがあるので、薬は飲み慣れているものを用意しましょう。
物価で知るチュニジア
食品や日用品は日本に比べ安いといえます。
  • ・コーヒー:約2ディナール
  • ・ジュース:約0.5ディナール
  • ・ハンバーガー:約1.5ディナール
  • 物価
  • 観光地やリゾート地の物価は比較的高め
カフェでシーシャにトライ♪
チュニジアのカフェは男の社交場。シーシャ(水たばこ)をうまそうに吸う光景をよく見かけます。地元の人に倣ってトライしてみるのもいいかも。
  • カフェ
  • イスラムの世界が薫るシーシャ・カフェ

チュニジアのおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始特集】年末年始におすすめのツアーを豊富にご用意!今年の年末年始は9連休!ご予約はお早めに!