横田真一プロ タイアップコース ゴルフパック

|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

阪急交通社70周年記念 スーパーゴルフパックの専任アンバサダーに横田 真一 プロをお迎え致しました!

profile
横田真一プロ

プロフィール

横田 真一 プロ

(よこた しんいち)

東京都出身
1972年2月6日生まれ。

【経歴】
1995年にツアーデビュー後、1997年の全日空オープンで初優勝、2010年のキャノンオープンと通算2勝をあげる。
2005年から2年間、日本ゴルフツアー機構の選手会長を努め、男子プロの立て直しに尽力する。2015年には順天堂大学大学院医学課程を修了。趣味はグルメ。2003年に達成した83ホール連続ノーボギーは未だに破られておらず最長記録となっている。

what's super golf pac?

スーパーゴルフパックとは?

1998年の創刊以来、たくさんのお客様に愛されてきた「super golf pack(スーパーゴルフパック)」は、さらに充実したサービス&ツアープランをご提供出来るよう、この度、プロゴルファーの横田真一選手を専任アンバサダーにお迎えしました。
横田プロは、プレイヤーとして活躍する一方、ゴルフ界初の医学修士を取得し、プレイヤーの心理について研究するなど活躍の場を広げており、今回の取り組みでは、ゴルフ技術はもちろんのこと、技術を支えるメンタル面についても貴重なアドバイスをいただける機会となります。
今後は、「super golf pack(スーパーゴルフパック)」誌面で、初心者にも分かりやすく解説する“ワンポイントレッスン”を掲載するほか、当社の旅行ウェブサイトなど様々な媒体を通じて積極的にPRしていきます。2018年はプロ直伝のアドバイスを受ける事が出来る価値あるツアー企画の実施を予定しています。また、これからも幅広い世代にゴルフを楽しんでいただけるようツアー内容を充実させ、当社のゴルフパックツアーご愛好の皆様にご満足いただけるツアー造成を図ってまいります。

シェアする

横田真一プロが教えるワンポイントレッスン 試してみてね!

【パター編①】パターは目線が重要!!まずは構えから見直してみよう!!

ONE POINT LESSON 1
第一回はパター!
まずはボールの後方に立ち、大きく深呼吸する事で心身をリラックスした状態にします。次に構えに入る時に重要なのは目線です!
ボールの位置を左目の真下よりほんの少し(3センチほど)自分の体から離した状態にセッティングする事がおすすめです!
ボールの位置を左目真下より手前にしてしまうと、首が下がり、息が詰まったようになってしまい、脳が必要としている酸素が入っていかず、いいパフォーマンスを発揮する事が出来ないだけでなく、グリーン周りの景色も見れずグリーンの傾斜が確認しづらくなります。是非お試し下さい!
横田真一プロ

【パター編②】パターが上手い人はラインの読み方が上手い!!

ONE POINT LESSON 1
パターが上手い人に共通して言える事はラインの読み方が上手いという事です。我々プロはボール位置からカップまでのラインを見る以前にまずは、グリーン周りの大きな景色を感じる事から始めます。
例えばグリーン自体が平坦なものに見えても実は全体が傾斜している事があります。ヒントは山があれば山側が高い、川があれば川上の方が高くなっている事があります。こうした錯覚を出来るだけ防ぐ為にも大きな景色を感じる事が必要です。
次にラインの読み方ですが、低い所から読むようにしてください。これは低い所から見た方が傾斜がよく見える為です。最後に芝には順目と逆目がありますが、芝が黒く見えると逆目、白く見えるとそこは順目になります。皆さんも実戦で是非意識してみてください。
横田真一プロ

【ゴルフパフォーマンスを上げる方法編①】

ONE POINT LESSON 1
1.ラウンド前日は消化の良い物を食べ、暴飲暴食はしない。
前日に暴飲暴食をすると身体や手が浮腫んだりして、細かな作業やしなやかさが失われます。又、脳が活発に動かなくなり、神経が研ぎ澄まされずぼーっとした状態になります。
2.朝は余裕を持って前日から計画的な行動を行い、忙しいことをしない。
朝からバタバタするとどこか心が落ち着かなくなり、そわそわしてしまい、集中する事が出来ずに、ショートゲームに狂いが生じます。
3.体が重たいと感じた日は強振しない。
身体が重たいと感じたら、ストロークもゆったりまったりで、大体その辺に打てばいいやという気持ちでプレイしてください。カップの穴を少し大きめの想像して、気楽な気持ちで打てば良いと思います。
横田真一プロ

【ゴルフパフォーマンスを上げる方法編②】

ONE POINT LESSON 1
1.プレイ中、緊張してきたら所作はゆっくり、但し、打つ事は速くてもOK
緊張したときは動きが速くなってしまうものです。ですので、ストロークする時はパチンとヒットしてしまいましょう。 しかしながら次のストロークまでには時間があるので、息を吐いたり、水を飲んだりしながらゆっくりと行動して心を落ち着けさせましょう。
2.パットの前は息を吐き落ち着かせる
息を吐くと心が落ち着きα波が出ます。ほんとに緊張してきたらため息のように、はーっと大きく勢いよく息を吐いてみましょう。
3.焦ったら一旦立ち止まる
焦った時は一旦立ち止まると心が落ち着きます。いつまでも、そわそわバタバタするのは良い結果を生み出しません。 一旦心を整えてリセットしましょう。カップの穴を少し大きめに想像して、気楽な気持ちで打てば良いと思います。
横田真一プロ

記念タイアップ&70周年記念コースを発着地から選ぶ!

東北発ツアー

アイコンの説明はこちら>>

ただ今ツアーを準備中です。

まだまだあります!その他のゴルフツアーはこちら
アイコンの説明
閉じる
発地からツアーを探す

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください