≪新潟空港発着≫悠久のベトナム中部世界遺産巡り5日間

|海外旅行|阪急交通社

重要なお知らせ

コース番号 XG417NW
  • ≪新潟空港発着≫悠久のベトナム中部世界遺産巡り5日間
  • 全都市デラックスクラスホテル指定!ホイアンでは旧市街まで徒歩圏内(800m以内)ホテルに2連泊!!
出発日を決めて予約する
  • 受付終了
  • 海外空港諸税等別
コース番号 XG417NW 出発地 新潟 目的地 アジア/ベトナム
旅行期間 5 日間 設定期間 お支払い カード利用可 燃油サーチャージ 燃料サーチャージ別

  • ★古都ホイアン 夜の街並み散策
  • ★どこか懐かしい雰囲気が漂う、 世界遺産「古都ホイアン」
  • ★チャンパー王国の聖域 世界遺産「ミーソン遺跡」
  • ★世界無形文化遺産ニャーニャック

人気の観光地へご案内

おすすめポイント

  • ベトナムが誇る【世界遺産】フエ王宮・ホイアン旧市街へご案内!ミーソン遺跡へもご案内!
  • ベトナム中部の名物料理を含む10回の現地全食事付! (朝3回・昼3回・夕4回/機内食除く)
  • より快適な滞在のために!全都市デラックスクラス(当社基準)のホテルをご用意!

♪便利な新潟空港発着!

♪ホイアンでは、旧市街地まで徒歩圏内(800m以内)の好立地ホテルに2連泊!
 世界遺産古都「ホイアン」の街は夜もにぎやか!幻想的なライトアップや活気あふれる夜店めぐりもお楽しみいただけます。

♪フエではデラックスクラスホテル(当社基準)「インペリアル」にご宿泊!

♪ベトナム中部は見どころ盛りだくさん!
◆世界遺産 ホイアン旧市街◆
 チャンパ王朝時代から続く古い港町。16世紀以降、日本や中国、フランス、ポルトガルなどとの
 国際貿易港として繁栄しました。その影響で様々な民族の様式を取り入れてつくられた建築物が
 多く現存しており、独特の、それでいてどこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。

◆世界遺産 フエの建造物群◆
 「賞賛すべき建築上のポエムである」と称されたフエ。チャンパ王国の中心都市であり、
 ベトナム最後の王朝・グエン王朝の都です。
 王朝時代の面影をとどめる風格ある建物が数多く点在しています。

◆世界遺産 ミーソン遺跡◆
 2~15世紀に栄えたチャンパ王国の聖地ミーソンに残る遺跡です。発掘作業が今なお続く謎多き遺跡で、
 神秘的な空気が流れています。

◇ダナン◇
 ベトナム第3の都市、中部の商業の心臓部で、リゾートとしても有名です。


♪世界遺産「ホイアン」にて情緒ある灯篭流し体験にご案内!

♪世界無形文化遺産に登録されているベトナムの雅楽「ニャーニャック」鑑賞へご案内!

♪日本人の口に合うと言われているベトナム料理に舌鼓!中部は名物料理が目白押し!
 フエ伝統料理の「ブンボーフエ料理」、「宮廷料理」、名物麺料理「ミークワン」、
 ホイアン名物料理「揚げワンタン」、「ホワイトローズ」、「カオラウ」など、ご堪能ください。

重要事項


~必ずご確認ください~
2015/1/1ご出発以降、30日以内に複数回ベトナムに入国する際は、査証が必要となりました。
当コースは査証は必須ではございませんが、出発日当日より30日前までの間にベトナムに滞在する方は査証取得が必要となります。
査証作成が必要で、査証作成を弊社にご依頼されるお客様は、お手数ですが、弊社コールセンターまでご連絡ください。
ご案内書類をご自宅へ郵送いたしますので、同封の返信用封筒に「パスポート」、「写真1枚(4×3センチ)」、
「申請書(署名のみ記入)」、「査証申請の為の質問書」を入れて、ご出発21日前までに弊社渡航手続きセンターへご返送ください。
弊社にご依頼の場合、別途、査証実費5,500円と査証取得手数料5,000円(税別)がかかります。


【14歳未満の方のお申し込みにつきまして】
14歳未満の未成年者が、保護者(父・母)から委任を受けた同伴者と渡航する場合、
保護者(父または母のどちらか)からの同意書(英文様式自由)の持参が必要です。
同意書は、公証人・法務局長・外務省の認証を受けた後、大使館にて認証を受ける必要がございます。
※公証役場によって、公証人・法務局長・外務省の認証を一括で受けることが可能です。
 手続きを行う各公認役場にご確認ください。
当社での代行は出来ない為、ご出発までにお客様ご自身にてご用意くださいますようお願い申し上げます。

コース日程

スケジュール

1日目
13:05 新潟空港発 空路、ソウルへ。

15:15 ソウル着後、乗り継ぎ。

18:40 ソウル発 空路、ダナンへ。

21:25 ダナン着後、ホイアンへ。


<ホテル着/24:15頃>
【宿泊地:ホイアン泊】デラックスクラス
  • 朝食 :-
  • 昼食 :機内食
  • 夕食
2日目
<ホテル発/09:00>

一路、ダナンへ。(約30km、約45分)

着後、≪ダナン観光≫
「ブルーマウンテン」とも呼ばれ、聖域として信仰を集める○五行山(1時間30分)、
○ノンヌォックビーチ(10分)

観光後、ホイアンに戻り(約30km、約45分)、夕食まで自由行動。

宿泊ホテルからホイアン旧市街までは徒歩圏内(800m以内)です。ショッピングや街歩き、疲れたらホテルで小休憩など、思い思いの時間をお楽しみください。

夕食は、「揚げワンタン」「ホワイトローズ」を含むホイアン名物料理どうぞ。

夕食後、夜のホイアン散策と灯籠流し体験(1時間)へご案内します♪


<ホテル着/21:00>
《歩く度:1》
  • ノンヌォックビーチ
    ノンヌォックビーチ
  • ホイアン夜の街並み散策
    ホイアン夜の街並み散策
【宿泊地:ホイアン泊】デラックスクラス
  • 朝食 :ホテル
  • 昼食 :カオラウなどベトナム料理
  • 夕食 :ホイアン名物料理
3日目
<ホテル発/11:00>

バスにて、ミーソンへ。(約40km、約1時間)

昼食は、ミークワンを含む中部郷土料理をどうぞ。

昼食後、≪【世界遺産2】ミーソン遺跡観光≫(1時間30分)

観光後、フエへ(約100km、約3時間)

夕食は宮廷料理をどうぞ。


<ホテル着/19:00>
《歩く度:1》
  • ミーソン遺跡
    ミーソン遺跡
【宿泊地:フエ泊】インペリアルホテル
  • 朝食 :ホテル
  • 昼食 :中部郷土料理
  • 夕食 :宮廷料理
4日目
<ホテル発/09:00>

≪グエン朝の古都【世界遺産3】フエ観光≫(3時間)
13代にわたり栄えたグエン朝の象徴◎グエン朝王宮
♪王宮内では世界無形文化遺産に登録されているベトナムの雅楽「ニャーニャック」もお楽しみください。
「幸せと天の恵み」を意味する七重の塔がある○ティエンムー寺、
○ドンバ市場、○クオックホック

観光後、ダナンへ。(約100km、約3時間)

着後、≪中部最大の商業都市ダナン観光≫(1時間30分)
ピンクの外観がかわいらしい○ダナン大聖堂、
○リンウン寺、
途中、☆地元のスーパーマーケット(20分)へご案内します。

夕食後、空港へ。

22:50/ダナン発、空路ソウルへ。

《歩く度:1》
  • フエ阮朝王宮
    フエ阮朝王宮
  • ニャーニャック
    ニャーニャック
  • ダナン大聖堂
    ダナン大聖堂
【宿泊地:フエ泊】
  • 朝食 :ホテル
  • 昼食 :フエ伝統料理
  • 夕食 :海鮮ベトナム料理
5日目
05:20 ソウル着後、乗り継ぎ。

10:05 ソウル発 空路、新潟空港へ。

12:05 新潟空港着。
通関後、解散となります。

**お疲れ様でした**
  • 朝食 :機内食
  • 昼食 :-
  • 夕食 :-
移動マークの説明
  • 飛行機
  • バス
  • 電車
  • JR
  • 徒歩
  • ロープウェイ
  • その他
観光マークの説明
◎=入場観光○=下車観光(施設等へは入場しません)△=車窓観光 ▲=乗車または乗船観光(※)☆=ショッピング★=食事・ショッピング
※乗車とはバスを除く鉄道やケーブルカー等への乗車、乗船とは遊覧船やクルーズ船等の船舶への乗船です
時間帯のめやす

利用ホテル

宿泊地 ホテルグレード・ホテル名 ホテル例
ホイアン泊 デラックスクラス ラレジデンシア リトルブティックホテル&スパまたはホイアンセントラルブティックホテル&スパ
フエ泊 インペリアルホテル(デラックスクラス) インペリアル【指定】
  • ※お部屋の指定は受付出来ません。バスタブなしのシャワーのみのお部屋となる場合がございます。
    ※ダブルベッドや手狭なお部屋となる場合がございます。

旅行条件

旅行日数 5日間 最少催行人員 10名
添乗員 同行しませんが、現地係員がご案内します
日本発着利用航空会社/
船舶名称
大韓航空(KE)
座席クラス エコノミー 食事回数※機内食除く 朝食:3回 昼食:3回 夕食:3回
その他 上記スケジュールは2019年2月15日現在のものであり、航空機・バス等の交通機関の都合・
天候・現地事情・道路状況により、旅程・見学箇所・訪問順序・食事内容が変更になる場合がございます。

※おひとり様参加同士の相部屋は承っておりません。予めご了承ください。
※おひとり様部屋追加代金:20,000円
※旅程記載の訪問地につきましては、観光地を優先させて頂き、現地の状況により、
 土産物店は省略させて頂く場合がございますので、ご了承ください。
※世界遺産はその一部のみの見学となる場合がございます。
※当コースでは、2歳未満のお子様のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

■旅行代金には下記代金は含まれておりませんので、残金案内時に別途請求させて頂きます。
尚、当社の海外空港税日本円換算額は、ご出発日前々月最終水曜日のBSR(IATA公示レート)を
基準に確定させて頂きます。
その後、ご出発までの間にレート変動により差額が生じた場合でも弊社では一切精算はいたしません。
但し、国内及び海外空港諸税は予告無く変更又は、新設される場合がございますので、
その際は同様の換算レートにて差額を返金又は徴収させて頂きます。予めご了承ください。

<2019年2月15日現在>
・国際観光旅客税:お一人様1,000円(大人・子供共通)
・現地空港税:お一人様約4,450円(大人・子供共通)
・燃油サーチャージ:お一人様往復10,000円(大人・子供共通)
・航空保険特別料金:お一人様940円(大人・子供共通)

※《歩く度》1日の徒歩での観光の目安として下さい。
 (徒歩による観光がどの程度含まれているかを3段階の「歩く度」で表しています。)
 《歩く度:1》 総歩行時間が30分~2時間  ・バス移動がメインで少し歩く程度です。
 《歩く度:2》 総歩行時間が2時間~4時間  ・全観光時間の内、半分以上が徒歩となります。
 《歩く度:3》 総歩行時間が4時間以上    ・徒歩での観光が中心となります。

商品詳細画面から申し込み完了までの流れ

申し込み内容入力
申込人数、宿泊施設、
利用便などを選択、
入力します
空席照会・ログイン
ツアーの空き状況を確
認後、ログインまたは
会員登録をします
旅行者情報確認
申込者や参加者の
名前や住所などを
確認、入力します
申し込み内容の確認
申し込み内容を
確認してください
申し込み完了
申し込み内容確認メ
ールが届きますので
確認してください

出発日・旅行代金

催行確定お知らせメールを受け取る

カレンダーをクリックすると予約へ進みます。

カレンダーの旅行代金は 2名様1室利用/ 大人1名を表示しています。( )内料金は子供旅行代金です。
燃油サーチャージ 目安:8,000円(2019/08/06現在) 【設定期間:】
  • ◀8月
  • 2019年09月
  • 10月▶
  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4
  •  
  • 5
  •  
  • 6
  •  
  • 7
  •  
  • 8
  •  
  • 9
  •  
  • 10
  •  
  • 11
  •  
  • 12
  •  
  • 13
  •  
  • 14
  •  
  • 15
  •  
  • 16
  •  
  • 17
  • 催行中止
  • 受付終了

  • 18
  •  
  • 19
  •  
  • 20
  •  
  • 21
  •  
  • 22
  •  
  • 23
  •  
  • 24
  • 催行中止
  • 受付終了

  • 25
  •  
  • 26
  •  
  • 27
  •  
  • 28
  •  
  • 29
  •  
  • 30
  •  
         

※この料金は 2019年6月21日 時点に算出された旅行代金です。

  • 」マークの出発日はリクエスト受付となります。※リクエスト受付とは>>
    が表示されている出発日は、催行いたします。
    が表示されている出発日は、催行中止となりました。
    お申込み済みツアーが催行中止になった場合、書面又はお電話にて連絡いたします。
    が表示されている出発日は、募集を中止しております。
【海外空港諸税等】

旅行代金に各国空港の旅客サービス施設使用料と空港税等は含まれておりません。別途お支払いが必要となります。

  • 大人(12歳以上)4,220円、子供(2歳以上12歳未満)3,030円
  • ※手配の都合により変更になる場合があります。

【燃油サーチャージ】

旅行代金に燃油サーチャージは含まれておりません。別途お支払いが必要となります。

目安:8,000円(2019/08/06現在)
※上記の燃油サーチャージは変更になる場合があります。

【その他諸税追加】

旅行代金に以下の料金は含まれておりません。別途お支払いが必要となります。

航空保険特別料金
大人(12歳以上)400円、子供(2歳以上12歳未満)400円

【取引条件説明書面の交付について】

取引条件説明書面は、画面上の表示(HTML)をもって交付させていただきます。
※お申込み方法によって、お申込み完了後にお送りする場合もございます。

【旅券・査証等について】

現在お持ちの旅券の有効残存期間については、お客様ご自身でご確認ください。

・旅券(パスポート):この旅行にはご出発時点で有効期間が185日以上残っている旅券が必要です。

・査証(ビザ):必要ありません。

※以上は日本国籍のお客様の場合の条件です。日本国籍以外の方は、ご自身で、自国の領事館、渡航先国・経由国の領事館、入国管理事務所にお問い合わせください)

旅行の申し込みと契約の成立

(1)当社または当社の受託営業所にて (以下「当社ら」といいます) お1人様につき申込金(原則として旅行代金の20%相当額)を添えてお申し込みください。
申込金は旅行代金、取消料または違約料のそれぞれ一部または全部として取り扱います。旅行契約は、当社らが契約の締結を承諾し、申込金を受領した時に成立するものとします。「振り込み」の場合はお客様の振り込み手続きが完了した時点、「ゆうちょ銀行口座自動引き落とし」の場合は引き落としがされた時点で成立します。また、特定コースおよびポイント等を使用する場合につきましては、別途パンフレットなどに定めるところによります。なお、当社業務の都合上、所定の書面・画面に必要事項をご記入いただく場合がございます。

(2)当社らは、電話、郵便・ファクシミリ・インターネットその他の通信手段による旅行契約の予約を受け付けることがあります。
この場合、旅行契約は予約の時点では成立しておらず、当社らが予約の承諾の旨を通知した後、当該通知に記載されている期日までに申込金(旅行代金の全額または一部)を受領した時に成立するものとします。この期間内に申込金(旅行代金の全額または一部)を提出されない場合は、予約はなかったものとして取り扱う場合があります。

(3)当社らは、同一コースにおいて、団体・グループを構成する旅行者の代表としての契約責任者から、旅行申し込みがあった場合、契約の締結及び解除等に関する一切の代理権を有しているものとみなします。

(4)契約責任者は、当社らが定める日までに、構成者の名簿を当社らに提出しなければなりません。契約責任者は、第27項による第三者提供が行なわれることについて、構成者本人の同意を得るものとします。

(5)当社らは、契約責任者が団体・グループに同行しない場合、旅行開始後においては、あらかじめ契約責任者が選任した構成者を契約責任者とみなします。

(6)当社らは、契約責任者が構成者に対して現に負い、又は将来負うことが予測される債務又は義務については、何らの責任を負うものではありません。

【重要】
お客様のローマ字氏名を旅行申込書に記入される際は、旅券に記載されている通りにご記入ください。間違って記入された場合はお客様の交替の場合に準じて、第12項(1)のお客様の交替手数料(10,000円)をお支払い頂きます。なお、運送・宿泊機関等の事情により、氏名の訂正が認められず、旅行契約を解除させていただく場合があります。この場合には第13項による所定の取消料をいただきます。

申込金(お1人様)
旅行代金の20%以上旅行代金まで

申し込み条件

(1)お申し込み時点で、未成年の方は当社が別途定めた条件に該当する場合を除き親権者の同意書の提出が必要です。

(2)旅行開始時点で、15歳未満の方は特定コース(小・中学生を対象とした語学研修ツアー等)に参加する場合を除き、当該参加者の親権者の同行が必要です。なお親権者が同行できない場合は、特定コースを除き当該親権者が指定した16歳以上の方の同行が必要です。(当該同行者が未成年の場合は、前(1)が適用となります)

(3)特別の条件を定めた旅行については、性別、年令、資格、技能その他の条件が当社の指定する条件に合致しない場合は、お申し込みをお断わりすることがあります。

(4)心身に障がいのある方(耳の不自由な方、目の不自由な方、歩行が不自由な方、補助犬をお連れの方など)、現在健康を損なわれている方(血圧異常、心臓病、慢性疾患、食物アレルギー、動物アレルギーなど)、妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、その他特別な配慮が必要とされる方は、その旨を旅行のお申し込み時にお申し出ください。当社は可能かつ合理的な範囲内でこれに応じます。お客様の状況及び旅行中に必要とされる措置については、あらためて当社よりお伺いさせていただきます。(旅行契約の成立後にこれらの状態になった場合も直ちにお申し出ください)。
なお、お客様からのお申し出に基づき、当社がお客様のために講じた特別な措置に要する費用はお客様の負担となります。当社は現地事情や利用機関などの状況を踏まえて旅行が安全かつ円滑に実施するために、介助される方又は同伴される方の同行、公的機関や利用機関の求めによる医師の診断書や所定の書類の提出、コースの一部について内容を変更することなどを条件とさせていただく場合があります。
また、お客様からお申し出いただいた措置について手配ができない場合は、旅行契約のお申し込みをお断りする、あるいは旅行契約を解除させていただく場合があります。

(5)お客様がご旅行中に疾病、傷病その他の事由により、医師の診断または加療が必要と当社が判断する場合は、当社は旅行の円滑な実施をはかるため必要な措置をとらせていただく場合があります。
なお、これにかかる一切の費用はお客様のご負担となります。

(6)お客様のご都合による別行動は原則としてできません。ただし、コースにより別途条件でお受けすることがあります。また、お客様のご都合により旅行の行程から離団される場合は、事前にその旨および復帰の有無、復帰の予定日時等の連絡が必要です。

(7)お客様がホテル、観光地等において指定された集合場所、集合時間に無連絡で集合せず、捜索する事態が生じた場合、当社は安全確保の観点から、ご同行者の有無にかかわらず、捜索活動の為各関係機関に必要な措置をとる場合があります。その場合、捜索にかかる経費はお客様負担となります。

(8)お客様が旅券の盗難、紛失に遭われた場合、最寄りの在日本国大使館又は総領事館にて旅券の再発給が必要となります。
その場合、再発給の手続きにかかわる諸経費(注)、日程変更によるホテル等の別手配費用等は全てお客様負担となります。
(但し、当社に故意または重大な過失がある場合を除きます)

  • (注)・大使館への再発給費用
  • ・警察、大使館同行の為のアシスタント代/交通費‥‥等

(9)お客様が他の旅行者に迷惑を及ぼし、または団体行動の円滑な実施を妨げるおそれがあると当社が判断する場合は、お申し込みをお断わりすることがあります。

(10)お客様が下記の①~③の何れかに該当した場合は、お申込みをお断りする場合があります。

  • ①お客様が暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、暴力団関係企業又は総会屋その他の反社会的勢力であると認められるとき。
  • ②お客様が当社に対して暴力的な要求行為、不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動若しくは暴力を用いる行為又はこれらに準じる行為を行ったとき。
  • ③お客様が風説を流布し、偽計を用い若しくは威力を用いて当社の信用を毀損し若しくは当社の業務を妨害する行為又はこれらに準じる行為を行ったとき。

(11)キャンセル待ちの取扱いについての特約
当社らは、お申し込みいただいた旅行が、その時点で満席その他の理由で旅行契約を締結できない場合に、お客様の希望により、お客様と特約を結んで当社らがお客様と旅行契約を締結することができる状態になった時点で旅行契約を成立させる取扱い(以下、「キャンセル待ちの取扱い」といいます。)をすることがあります。

  • ①お客様がキャンセル待ちの取扱いを希望する場合、当社らは、お客様が当社らからの回答をお待ちいただける期間について、確認したうえで申込金相当額を申し受けます。この時点では旅行契約は成立しておらず、また、当社らは、将来に旅行契約が成立することをお約束するものではありません。なお、当社業務の都合上、所定の書面・画面に必要事項をご記入いただく場合がございます。
  • ②当社らは、①の申込金相当額を預り金として保管し、お客様と旅行契約の締結が可能となった時点でお客様に旅行契約の締結を承諾した旨を通知するとともに預り金を申込金に充当します。
  • ③旅行契約は、当社らが②により、旅行契約の締結を承諾した旨の通知を当社らがお客様に発した時(ただし、この通知がEメール等の電子承諾通知の方法によって行われた場合は、お客様に到達した時)に成立するものとします。
  • ④当社らは、お客様が当社らからの回答をお待ちいただける期間内に旅行契約の締結を承諾できなかった場合は、預り金の全額をお客様に払い戻します。
  • ⑤当社らは、お客様が当社らからの回答をお待ちいただける期間内で当社らが旅行契約の締結を承諾する旨を回答する前にお客様からキャンセル待ちの取扱いを解除する旨の申出があった場合は、預り金の全額をお客様に払い戻します。この場合、お客様からのキャンセル待ちの取扱いを解除する旨の申出が取消料対象期間にあったときでも当社らは取消料をいただきません。

(12)その他当社の業務上の都合があるときは、お申し込みをお断わりすることがあります。

旅行代金に含まれるもの

(1)旅行日程に記載した航空機、船舶、鉄道、バス等利用運送機関の運賃・料金(等級の選択できるコースと特定の等級を利用するコースとがあり、パンフレットなどに明示してあります。また、運送機関の課す付加運賃・料金・費用は、この運賃・料金に含まれておりません)

(2)旅行日程に記載した宿泊料金および税・サービス料金(パンフレットなどに特に記載がない限り、2人部屋に2人ずつの宿泊を基準とします)。尚、一部訪問国・都市において、現地にて徴収される税金等の諸費用は含まれておりません。

(3)旅行日程に記載した食事料金および税・サービス料金

(4)旅行日程に記載した観光料金(ガイド料金・入場料金)

(5)航空機または、現地での手荷物の運搬料金
お1人様スーツケース1個の手荷物運搬料金(お1人様20kg以内が原則となっておりますが、クラス・方面によって異なりますので詳しくは係員にお尋ねください。ただし、航空会社の受託手荷物有料化に伴い一部含まれない場合があります。)
手荷物の運送は当該運送機関が行い、当社が運送機関に運送委託手続を代行するものです。
また一部の空港、駅、港、ホテル等でポーターの人数が少ない場合や、いない等の理由によりお客様自身で運搬していただくことがあります。(尚、一部コースにおいては、現地での手荷物運搬料金は含まれておりません。)

(6)団体行動中のチップ

(7)添乗員付きコースの場合は添乗員が同行するために必要な諸費用

(8)その他「パンフレットなど」で含まれる旨表示したもの
●上記諸費用は、お客様の都合により一部利用されなくても原則として払い戻しはいたしません。

(9)燃油サーチャージ込みのコースにおける燃油サーチャージ
運送機関により燃油サーチャージの増減または廃止された場合でも旅行代金の変更はございません。

(10)空港諸税等込みのコースにおける空港諸税等
関係機関により空港諸税等の増減または廃止された場合でも旅行代金の変更はございません。

旅行代金に含まれないもの

第8項に記載したもの以外は旅行代金に含まれません。その一部を以下に例示します。

(1)超過手荷物料金(各種運送機関で定めた重量・容量・個数を超えるもの)

(2)各航空会社により、設定される手荷物運搬料金、および、有料の機内食や飲み物料金等。

(3)一部訪問国・都市において、宿泊機関が現地にて宿泊者個々より徴収する税金等の諸費用。

(4)クリーニング料金、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対するチップ、その他追加飲食費等個人的性質の諸費用およびこれに係る税・サービス料金

(5)旅行日程中の各国空港の旅客サービス施設使用料と国際観光旅客税・空港税等これに類する諸税等(第8項(10)を除きます)

(6)前項(5)における、有料化に伴う航空会社の定めた受託手荷物有料分及び一部コースにおける現地での手荷物運搬料金

(7)渡航手続関係諸費用(旅券印紙代、査証料、予防接種料金、出入国カード作成等に係る渡航手続取扱料金等)

(8)希望者のみ参加されるオプショナルツアー(別途料金の小旅行)の料金

(9)日本国内の空港旅客施設使用料及び旅客保安サービス料

(10)運送機関の課す付加運賃・料金・費用(第8項(9)を除く燃油サーチャージ、航空保険特別料金など)

(11)日本国内におけるご自宅から発着空港等集合・解散地点までの交通費、手荷物運搬料金および、旅行開始日の前日、旅行終了日当日等の宿泊費

(12)傷害・疾病に関する医療費等

(13)海外旅行保険料(任意保険)

(14)施設等が運行する送迎サービスにかかる費用

(15)特別な配慮が必要な場合に講じた措置に要する費用

旅行契約の解除・払い戻しー旅行開始前

(1)お客様の解除権

お客様は次に定める取消料をお支払いいただくことにより、いつでも旅行契約を解除することができます。なお、下表でいう「旅行契約の解除期日」とは、当社らの営業日・営業時間内に解除する旨をお申し出いただき、当社らが確認したときを基準とします(お申出の期日により取消料の額に差額が生じることもありますので当社の営業時間、連絡先等はお客様ご自身でもお申し込み時点で必ずご確認をお願いします)。

■ピーク時の取消料

旅行契約の解除期日(旅行開始日の前日から起算してさかのぼって) 取消料
[1] 40日目に当たる日以降の解除([2]〜[4]を除く) 旅行代金の10%
[2] 30日目に当たる日以降の解除([3]〜[4]を除く) 旅行代金の20%
[3] 2日目に当たる日以降の解除([4]を除く) 旅行代金の50%
[4] 無連絡不参加または旅行開始後の解除 旅行代金の100%

注:「ピーク時」とは、旅行開始日が1/1から1/7まで、4/27から5/6まで、7/20から8/31まで、および12/20から12/31までをいいます。

■通常時の取消料

旅行契約の解除期日(旅行開始日の前日から起算してさかのぼって) 取消料
[1] 30日目に当たる日以降の解除([2]〜[3]を除く) 旅行代金の20%
[2] 2日目に当たる日以降の解除([3]を除く) 旅行代金の50%
[3] 無連絡不参加または旅行開始後の解除 旅行代金の100%

注:「旅行開始後」とは、特別補償規程に規定する「サービスの提供を受けることを開始した時」以降をいいます
「旅行開始後」の一例
*添乗員、当社社員、受付要員が受付を行う場合はその受付完了時
*当社が受付を行わず、お客様が航空券をお持ちの場合は、お客様のみが入場できる飛行場内における手荷物の検査等の完了時

  • (イ)旅行日程中に3泊以上のクルーズ日程を含む旅行契約の場合は、別途お渡しする取消料規定(パンフレットなどに明記する場合を含みます。)によります。
  • (ウ)日本国出入国時に船舶を利用するコースについては、当該船舶に係わる取消料規定によります。
  • (エ)特定コースについては、別途お渡しするご旅行条件書またはパンフレットなど記載の旅行条件によります。
  • (オ)旅行日程中にLCCを含む航空会社の個人向け正規割引運賃を利用する旅行契約の場合は、別途お渡しする取消料規定(パンフレットなどに明記する場合を含みます)によります。

保健衛生について

渡航先の衛生状況については、厚生労働省「検疫感染症情報」ホームページhttp://www.forth.go.jp/でご確認ください。

海外安全情報・他について

渡航先(国または地域)により、外務省海外安全情報(危険情報)が発出されている場合があります。また、危険情報の発出のいかんに関らず、渡航先(国または地域)の治安・社会情勢等については、外務省「外務省海外安全ホームページhttp://www.anzen.mofa.go.jp/」等で、ご自身でご確認いただきますようお願いいたします。
旅行のお申し込み後、ご出発までに旅行の目的地に「危険情報:不要不急の渡航は止めてください。」以上が発出された場合は、当社は旅行契約の内容を変更しまたは解除することがあります。なお、当社が安全に対し適切な措置がとられると判断して旅行を催行する場合があります。この場合にお客様が旅行を取りやめられるとお申し出があったときは、当社は所定の取消料をいただきます。また、出発後に「不要不急の渡航は止めてください。」以上の危険情報が発出された場合は、当社は旅行の催行を中止、またはコースを変更する場合があります。

【日本国外に在住のお客様へのお知らせ】

ツアーにお申込いただく際は、当社からお送りする書類の受け取りや、代理で入金手続きを行っていただける日本在住の方が必要となります。
お申込後のお客様へのご連絡方法は、メールもしくは日本在住の代理の方と行わせていただくことになります。お申込の確認がとれました後に、メールにて代理の方のお名前・ご住所・電話番号をお伺いいたしますので予めご了承ください。

旅行条件のその他の項目は、こちらからご覧ください。>>旅行条件書

承認番号:111367

承認日:2019/02/15

  • オンライン予約は上記カレンダーをクリックご予約
  • メールでのお問い合せはこちらお問い合わせ
阪急交通社 新潟支店

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

≪新潟空港発着≫悠久のベトナム中部世界遺産巡り5日間|海外旅行|阪急交通社

Copyright(C)2019 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved