1.何度訪れても飽きない!台北の街歩きはこんなに楽しい!

士林夜市

台湾の首都であることから都会的なイメージが強い台北。しかし路地をひとつ曲がってみると、色とりどりの看板を掲げて連なる建物や外で将棋に興じるお父さん達など、日本人の心にもグッと刺さる風景にあふれています。カメラを持って街歩きしてみたくなること間違いありません♪

さて、台北で必ず楽しみたいのが夜市!アジアのエネルギッシュな空気があふれ、まるで夏祭りに来た気分になります。『士林夜市』は、台湾でも最大規模の夜市のひとつ。深夜まで開いているため、現地に到着する時間が遅くても余裕で屋台グルメを楽しめますね♪ もちろん小籠包や魯肉飯などの台湾グルメも食べ逃しなく♪

台北市内には地下鉄(MRT)が張り巡らされているので、移動が快適! 新しいランドマーク『台北101』や歴代皇帝の至宝が収蔵された『故宮博物院』など、代表的な観光地ももちろんおすすめですが、若者が集まる繁華街「西門町(シーメンディン)」やカラスミなどの卸問屋が連なる『迪化街(ディーホアジェ)』など、注目のエリアが多いのでぜひ足を運んでみてください。

歩き疲れた時に味わいたいのが、夏のお楽しみスイーツ♪『アイスモンスター』名物のマンゴーかき氷や、名店「春水堂」のタピオカロイヤルミルクティーはひんやり甘く、疲れを癒やしてくれますよ♪

台北101

2.美しい自然景観も味わおう!

日月潭
太魯閣

台北では都市観光やグルメがメインですが、ちょっと足を伸ばせば美しい自然の景観もたくさんあるんです♪ まずご紹介したいのが、台湾3大観光地のひとつと呼ばれることもある人気の湖・日月潭(にちげったん)。遊覧船で湖上から眺めるもよし、ロープウェーでその全貌を眺めるもよし、アクティブな方は人気のサイクリングで風を感じながら周辺を回ってみるのも良いかも!観光スポットとして確立されているので、いろんな楽しみ方が出来るんです♪

日月潭

次にご紹介するのは太魯閣(たろこ)渓谷。切り立った岩崖を縫うように流れる川はまさに自然が造り出したアート!長い歳月をかけて浸食された大理石の断崖絶壁は迫力満点!台湾のグランドキャニオンとの異名もあるほどの太魯閣渓谷は必見の観光地なんです!

太魯閣

最後にご紹介するのは、野柳(やりゅう)風景特定区。人の手では到底作り得ないような形の奇岩が立ち並び、得も言われぬ風景を形成しているのです。海からの風による侵食によって出来た岩のため、現在も侵食が進んでおり、数年後には消えてしまうともいわれていますので、ぜひ今のうちにご覧になってみてくださいね!

野柳

3.まだまだあります!台湾屈指の観光地!

九ふん
光之穹頂

台北での街歩きや自然を堪能したあとはぜひ、違う都市にも目を向けてみてください。まず某有名アニメ映画が参考にしたと言われる「九ふん」。石段や狭い路地、レンガ塀などがレトロな雰囲気が魅力の街並みは初めてなのに懐かしいノスタルジックな街なんです! 夜になると提灯に明かりが灯され、また違った趣が堪能出来ます。台北から日帰りで行ける距離なので、台北を訪れた際はどうぞ九ふんにも訪れてみてください!

九ふん

次にご紹介するのは台湾第二の都市「高雄」。近代的な都市でのショッピングや、歩くだけでお腹いっぱいになりそうなほど、お店が連なる六合夜市でグルメなども楽しめます。高雄市内でご覧いただきたいのが世界最大級のステンドグラスパブリック・アートである光之穹頂(The Dome of Light)がある美麗島駅。駅名通り美麗なステンドグラスアートは、わざわざ赴いて一見する価値アリです!

高雄

それ以外にも近隣観光地として人気なのが、カラフルでユニークな建物が湖畔に立ち並ぶ蓮池潭(れんちたん)。湖上に建つ龍虎塔は7階建ての2つの塔が象徴的で人気を誇っています。龍の口から入り、虎の口から出ると災厄が払われると言われており、厄除けのパワースポットでもあるんですよ♪

近くて楽しい!最も身近な海外台湾へ!

日本からのアクセスも良く、親日のお国柄なので、安心して観光できる台湾。ファミリーでもお一人でもお友達とのグループ旅行でも楽しみ方は千差万別。観光、グルメ、買い物、占い・・など、様々なニーズに応えてくれる台湾は夏休みの旅行先にピッタリ! 食べ物が美味しいので食べ過ぎには注意して台湾を楽しんでくださいね♪