1.シンガポールへ行ったらまずはココ!「マリーナエリア」

マリーナエリア マーライオン
マリーナエリア シンガポールフライヤー

シンガポールの観光名所がぎゅっと凝縮されたエリア・マリーナエリア。ビジネス・文化の中心地でもあり、大きな賑わいを見せる地区なのです!まず、何と言ってもシンガポールのシンボル「マーライオン」は外せませんよね!実は国内の5体いて、中でも一番有名なのはマーライオンパークのマーライオン。実は2002年に現在の場所へ移設されたのですが、周囲の高層ビルとの景観のマッチングは抜群なのです!もう一つ人気スポットとしてご紹介したいのが、アジア最大の観覧車・シンガポールフライヤー。最高到達地点165メートルから望む景色は360°シンガポールの街並みを見渡せ開放感満点!晴れた日には近隣国のマレーシアやインドネシアまで拝めるようなんです!ぜひ、空中散歩を楽しんでみてください!

2.マリーナエリアのもう一つの顔「マリーナベイ・サンズ」

マリーナベイ・サンズ スカイパーク

そのフォルムと存在感で一躍シンガポールの新たなシンボルとなった、マリーナベイ・サンズ。いちホテルとしてではなく、存在自体が観光スポットと化しているのです!まず人気スポットとして挙げられるのが空中の楽園・スカイパーク。屋上に広がるスペースは地上150メートルにあるとは思えない空間が広がります。展望デッキはもちろん、庭園、レストランなど屋上であることを忘れてしまうほど充実の施設が揃います。利用は宿泊者限定ですが、宿泊予定の方はぜひ、インフィニティプールで別世界の景色を堪能してみてください!マリーナベイ・サンズは周囲にもイベントが盛りだくさんで、中でもイチオシなのはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。超近代的で特徴的な建物に32,000を超える植物が植えられています。さらに夜になるとこの建物はイルミネーションを身に纏い、周囲を幻想空間へと変貌させます。毎日決まった時間に行われるので、ぜひ一度ご覧あれ!

3.動物とのふれあいで大人も子供も大興奮!

ナイトサファリ

老若男女分け隔てなく楽しめる代表的なスポットはやっぱり動物園。シンガポールでは代表的な動物園が2つあるので、ご紹介していきます。まずはシンガポール動物園。28ヘクタール(東京ドーム約6個分)という広大なスペースに放たれる「野生」を感じさせる動物達を見ることが出来ます。この「野生」というのがこの動物園のキーワード。最大の特徴として檻や柵がなく、間近で動物を見ることが出来るのです。そしてもう一つの動物園もキーワードは「野生」。こちらは夜の動物の姿が見られる「ナイトサファリ」。昼間見ることが出来ない活発な夜行性動物の姿はハツラツそのもの!おすすめは日本語解説付きの「トラム」。予約制となっていますが、さまざまな情報が得られるので、利用してみてはいかがでしょう♪

旅行者の様々なニーズに応えることが出来る観光大国

ショッピング・観光・アクティビティなど、まだまだ紹介しきれないほどの魅力を持つシンガポール。キレイな街並みを守るため環境美化や通信設備(無料Wi-Fiスポットなど)の拡充など、観光に訪れる人へ向けたサービスは世界随一と言ってもよいでしょう。冒頭にも述べた通り、治安の良さもあり人気が高まっているシンガポールはこの夏にぜひおすすめしたい観光地なのです。

夏休みや大型連休のご旅行を検討されている方に、阪急交通社ではツアーや海外航空券+ホテルの自由旅行など各種取り揃えています!ぜひご利用ください♪