1.国内旅行先で、昨年人気No1だったのは暑い時期に涼しい○○!

昨年(2016年)、日本旅行業協会が大手旅行会社数社に行った夏休みに人気の国内旅行先の販売動向調査によると、1位は暑い夏に涼しさを求めたい人間の本能でしょうか、「北海道」という結果となりました。昨年は、北海道新幹線の開業効果もあり道南だけでなく、全体的に人気となりました。2015年の同調査でも、北海道は1位に選ばれていて、動物園や自然体験などのニーズから三世代での旅行先として定番で人気の旅行地だと伺えますね!

2.2位は南国のあの方面、3位はレジャースポットで納得!3位〜5位も一挙にご紹介!

北海道
東京

同調査での2位〜5位もご紹介! 2位はやはり強い、開放感抜群の日本の南国「沖縄」が選ばれています。小さなお子様を含めたファミリーに滞在型の旅行も人気のようで、本島だけでなく離島も人気です。3位と4位は、日本を代表するレジャースポットが絡んだ観光地がランクイン!3位は東京ディズニーリゾート®を含む東京、4位はUSJを含む大阪となっています。5位は一昨年の北陸新幹線開業効果が継続して人気だった北陸という結果になりました。

3.阪急交通社で人気のある方面はどこ?申し込み時期は?

上高地

阪急交通社で夏休みの観光地として人気が高いのは、上記旅行調査と同様に北海道、近畿、関東となります。近畿はUSJのほか、大阪や京都、関東では首都圏に宿泊するパッケージツアーや、信州/上高地も夏の避暑地して人気があります。人気がある方面は、ツアーもすぐ埋まってしまうので注意したいところです。理想の旅行を予約するためにも、周りの皆が旅行を検討し、実際に申し込みをしている時期をしっかりおさえておきたいところです。阪急交通社の場合、夏休みの7・8月の国内旅行の予約ですと、4月頃から申し込みがぐんと増え始め、6月の1カ月間が予約のピークとなります。

早めの予約が肝心!選択肢の幅や対象キャンペーンでお得に!?

夏休みの旅行は早めのご検討・ご予約がとても大事です。せっかく行きたい方面が決まって、うきうき旅行プランを立てても実際申し込めるツアーが無く、検討し直さなければならないなど、とても悔しいですよね!早めであれば予約できる列車や飛行機、宿泊ホテルまで選択肢の幅が広がりますし、早期ご予約でお得に行けるキャンペーンなど、良いこといっぱいです♪ 夏休みのご旅行はぜひ阪急交通社で!