1.観光の中心はやっぱり「ビーチ」

前浜ビーチ
ハテの浜

沖縄は日本で最も美しいビーチが集まる場所と言って過言では無いでしょう。挙げればキリがないほど美しいビーチがあるのですが、その中でも特にオススメの3つをご紹介しちゃいます♪
まずは宮古島・与那覇前浜ビーチ。透明度の高い海と約7kmにも及ぶ真っ白な砂浜で、透明度の高い海はコレほどまでに美しいのか!?というのをまさに実感出来るビーチです。東洋一美しいとも言われるビーチでは、バナナボートやシュノーケリングなどマリンアクティビティも楽しめちゃいますよ♪

前浜ビーチ

続いて、コチラも離島の久米島にあるハテの浜。TVやCMで取り上げられることも多く、ご存知の方も多いかもしれませんね♪ このビーチの最大の特徴は砂浜だけの島であること。久米島から渡し船で上陸するのですが、浜以外何もないのです。イヤ、その美しい景色を見るためには何も要らないと言ったほうがいいでしょう。この浜に立って佇むだけで爽快な気分になること間違いなしです!

ハテの浜

最後にご紹介するのが、沖縄本島のエメラルドビーチ。海洋博公園の北西端に突き出した、エメラルドグリーンの海の色と白砂のコントラストが美しい人工のビーチです。きれいに整備されたビーチですし、波も高くないので小さなお子様連れの方々にとっては特に安心して楽しむことができるビーチなんです!水質も良く、「快水浴場百選」に選ばれているので安心して遊べちゃいますね♪

エメラルドビーチ

2.足を伸ばして離島も楽しもう!

宮古島
川平湾

沖縄の離島といえば、宮古島と石垣島がまず、思い浮かぶ方が多いのでないでしょうか?宮古島の特徴は何と言っても美しいビーチ。沖縄のビーチは全部キレイなんじゃないの?と思われてる方もいると思いますが、違うんです。宮古島は島全体が平坦で川がないため、河川水を通じて赤土・排水などが海に流入せず、海が濁りにくいので宮古島の海は沖縄随一の透明度を誇ると言われているんです!海を堪能するなら宮古島へぜひ!

宮古島

対して石垣島は八重山諸島の主島で、かつて八重山の政治、経済、文化の中心地として繁栄しました。そのため国の重要文化財など史跡が多く残っており、自然や海だけでなく一味違った見どころも持っているんです!もちろん一番人気の観光スポットは美しい海を堪能できる「川平湾」。木々が生い茂った小さな島がいくつも並び、青い空と海の風景にアクセントをつけてくれます。日本百景にも選ばれているその美しさは必見ですよ♪

川平湾

3.沖縄本島の観光は見どころ満載!

古宇利大橋
国際通り

沖縄本島はもちろん観光の拠点、3つのセクションに分けて観光地をご紹介いたします。まずは北部エリア。何と言っても外せないのが、沖縄美ら海水族館。日本最大級の規模を誇る水槽でジンベイザメやマンタが泳ぐ姿はご存じの方も多いでしょう。美ら海水族館がある海洋博公園内には無料のイルカショーや、上記でご紹介したエメラルドビーチもあり、1日をココで費やせるだけの観光スポットなのです!そして北部エリアで、近年人気が増しつつあるのが、青い海に真っ直ぐ伸びる古宇利大橋。橋の上からの風景は沖縄で無ければ味わえない美しい青が広がります。北部エリアに訪れたら、ぜひ行ってみてくださいね!

美ら海水族館
古宇利大橋

続いて中部エリア。人気スポットの一つ万座毛は、崖の上に広大な芝生が広がる沖縄きっての景勝地で、雄大で爽やかな沖縄の景色を望めます。そして中部エリアでもうひとつの特徴である史跡をご紹介しないわけにはいきません! 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産にも登録されている中城城跡は必見。関連遺跡群の中でも、とりわけ原型を留めており、琉球王国の当時の技術など歴史を感じる事ができますよ♪

万座毛
中城城跡

最後のご紹介は南部エリア。ここはもう沖縄の玄関口・那覇が中心です!本島の交通・政治・経済の中心である那覇では、やはり国際通りを楽しむのが一番! 1.6km続く国際通りの両側には、お土産ショップや飲食店がずらり。おみやげで困ることは無い(むしろ、選択肢が多すぎて困ることも・・)でしょう♪ そしてグルメでは美味しいお料理の店もありますが、平成27年(2015)6月にオープンした「国際通り屋台村」は、島の文化を守り、良さを伝え、人々の交流が生まれる新たなスポットとして注目を浴びています!ぜひ立ち寄ってみてください♪

国際通り

開放感抜群の沖縄は夏の旅行にうってつけ!

白い砂浜に青い空と海を目の前にすれば、開放感を体中で感じられます! のんびりリゾートを楽しむも良し、アクティブにマリンスポーツを楽しむも良し、独特な沖縄文化に浸かるのも良し。初めての方も行ったことがある方も、夏の沖縄には楽しみ方いっぱい♪ あなたにぴったりの沖縄の楽しみ方を見つけてくださいね♪