1.アジアンビーチ屈指の人気を誇る「バリ」

クタビーチ
スミニャックビーチ

リゾートの目的って人それぞれですよね?思いっきり羽目をはずして楽しみたい方、のんびり羽根を伸ばして癒やしを求める方。バリには様々なビーチがあり、それぞれの目的にあったビーチ選びが出来るんですよ♪
まずご紹介するのが、思いっきり楽しみたい方向けのビーチ、クタビーチ。バリ島随一の観光地でもあり、世界中から人が押し寄せます。もちろんビーチも美しく、観光用の設備も整っているため不自由なく遊ぶことが出来ますよ!サーフィンなどマリンアクティビティも充実しているので、がっつり動きたい方にはうってつけのビーチです♪

クタビーチ

続いてご紹介するのは、スミニャックビーチ。一般的にはあまり知られてませんが、こちらはうって変わって静寂と潮騒を楽しむことが出来る落ち着いたビーチになります。特に夕暮れ時は必見!海に沈みゆく夕陽はとてもロマンチックなので、カップルで行くにはおすすめです!ぜひ、ご覧になってみてくださいね♪

スミニャックビーチ

2.白砂のビーチと風にそよぐヤシの木、緑豊かなトロピカルアイランド

パトンビーチ

これぞリゾートという雰囲気を味わえるのが、プーケットのビーチ。タイ国内で一番大きな島でもあるプーケットの一番人気は何と言ってもパトンビーチ!ここならショッピング、マリンスポーツ、食事など旅の目的がほぼ全て体験できちゃいます!さらにはビーチの道沿いには、格安ホテルから高級ホテルまでズラリと並び、宿泊まで選び放題! とにかく常夏のアジアビーチを満喫したい方には持って来いのビーチです!

パトンビーチ

3.無数の島が集まるフィリピンはビーチ天国!

フィリピン セブ島 ビーチ
フィリピン ボラカイ島 ビーチ

日本からも割と近く、物価も安いためリゾート地として人気があるフィリピン。有名なのはやはり、セブ島ですよね♪宿泊施設や観光施設が充実しており、休暇を楽しむためには最適なリゾートですよ♪ 海底まで見える透き通った海は爽快感抜群! 遊泳はもちろん、ダイビングスポットとしても人気で、なんとジンベイザメと一緒に泳げるマリンアクティビティもあるんです!さらに、アイランドホッピングというボート貸し切りサービスを利用して周辺の小島へ行ってみましょう♪ 小さな島がたくさん集まるフィリピンならではのサービスで、陸路で言うタクシーのようなものなのですが、水路ですので普段は見ることの出来ない水面からの景色のの移り変わりを見ることができます! 行き先のオススメはパンダノン島。天国の小島と呼ばれることもあり、白い砂浜とエメラルドグリーンの海は必見です♪フィリピンでもう一つご紹介したいのが、ボラカイ島。某旅行口コミサイトでアジアNo.1にもなったこともあるホワイトビーチが有名。小さな石すら無いきめ細かい白砂の上を歩くと気分は上々♪ 照りつける太陽も沈みゆく夕陽も押し寄せる波も全て美しい白砂が引き立ててくれるという程、奇跡的な砂浜なんです♪ この砂浜を見に行くだけでも価値アリですよ!

セブ島
パンダノン島
ボラカイ島

4.洗練された雰囲気の新興リゾート・ダナン!

ダナン ミーケービーチ

ベトナム第3の都市で、中部の商業の心臓部であるダナン。古くから港町として栄え、近年開発が盛んになりビーチリゾートとしてもその名が上がるようになりました。中でもオススメなのはビーチ沿いに、高級ホテルや海鮮料理店が並び、藁のビーチパラソルが広がる風景も見られるミーケービーチ。舗装された大きな歩道もありビーチ沿いをサイクリングしたり、パラセーリングなどのマリンスポーツも楽しめます!
ダナンのビーチに総じて言えることですが、開発から間もないため、ビーチの雰囲気作りが洗練されており、道一つとって見てもどことなく近代的なビーチの雰囲気を醸し出しているんです! もちろん自然のままで美しいビーチもありますので、ダナンに行く際は色々なビーチを見て回ることをオススメします♪

ダナン

5.マレーシア屈指のリゾート・ペナン島!

バトゥフェリンギ

国土の殆どが海に囲まれたマレーシアにおいて屈指の人気を誇るペナン島はアジアンリゾートにおいても見逃せない存在です! ペナン島は東洋の真珠ともいわれており、中心地となるジョージタウンには、ショッピングスポットや世界各国からのレストランが集中しています。海辺には屋台や露天商も並び、トラショーが町を行き交い、異国情緒に溢れているんです♪
活気あるビーチを体感したい方はぜひペナン島へ!

ペナン島

アジアンビーチは近場の楽園!

日本を飛び立ち半日あれば、赴く事ができるアジア諸国のビーチたち。総じて透明度の高い海と燦々と降り注ぐ太陽をいっぱいに浴び、日頃の喧騒を忘れて最高の休日を過ごすことが出来るリゾート地なのです♪それぞれのビーチに魅力的な特徴があり、楽しみ方も千差万別!この夏に訪れる人も来年行ってみようかな?と思った人もアジア諸国のビーチで最高の夏休みをお過ごし下さい!