関東発 世界遺産登録!海底炭鉱によって栄えた無人島 軍艦島(端島炭坑)

|九州旅行 ツアー|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

旅コーデ

軍艦島(端島炭坑)ツアー特集

関東
甲信越発

長崎 軍艦島(端島炭坑)へ行こう! 世界文化遺産に登録された軍艦島(端島炭坑)を観光するツアーを多数ご用意! 明治の産業革命遺産として当時の面影を見ることができる廃墟を、クルーズや上陸にて、ぜひ体感ください。

ご希望の出発日をお選びください。

  • 北海道発
  • 東北発
  • 関東・甲信越発
  • 東海・北陸発
  • 関西発
  • 中国・四国発
  • 九州・沖縄発
    • 福岡発
    • 長崎発
    • 熊本発
    • 大分発
    • 宮崎発
    • 鹿児島発
    • 沖縄発

関東・甲信越発のツアーはこちら!

【世界遺産】軍艦島へご案内!
九州4島めぐり 長崎・五島列島と[世界遺産]軍艦島と10の味覚を食す旅 3日間
49,900〜79,900円
九州の離島《五島列島》と《軍艦島》へ!
詳しくはこちら

まだまだあります!関東・甲信越発のツアーはこちら

軍艦島(端島炭坑)を知る

軍艦島(端島炭坑)とは?
軍艦島(端島炭坑)とは?
明治時代に石炭採掘が開始され、当時多くの人が島に住み栄えましたが、時代とともに閉山し無人島に。そして今年、再び島の魅力が脚光を浴び「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」として世界文化遺産登録されました。
どこにあるの?
長崎市の西方約19kmの沖合にある島。正式名称は端島で、その姿・形から軍艦島と呼ばれています。交通手段は船舶に限られ、長崎港や伊王島から約30分程度(運行会社による)。市街地にも近いため周遊観光にも最適です。
軍艦島(端島炭坑)を見学!
軍艦島を船から望んだ後、実際に上陸し見学エリアを歩いて回ることが出来ます。炭鉱の町として当時の面影を残し、生産施設や住居などの廃墟が一面に広がる景色は、圧巻の一言!
生産施設や従業員住宅
スポット1 生産施設や従業員住宅
上陸した玄関口付近の第1見学広場から、石炭の生産施設、従業員や家族が暮らしていた住居などを見ることができます。
小・中学校
スポット2 小・中学校
島で暮らす子供のために建設された小・中併設校。1~4階が小学校、5~7階が中学校で、7階には体育館などがあります。
アパート
スポット3 アパート
1916年に、日本初の鉄筋アパート(7階建て)が建設。その後、数々建てられたアパート群の廃墟を見ることができます。

歴史を知り、今を知る

歴史

日本の近代化の象徴
日本の近代化の象徴
軍艦島は、江戸時代後期に石炭が発見・明治に採掘が開始されてから、高品位炭を産出する炭鉱の島として急成長を遂げてきました。日本の近代化・高度成長の原動力でもあるエネルギー支えてきた象徴でもある島です。
街が凝縮された島
街が凝縮された島
最盛期には、面積0.06平方キロメートルの島に約5,200人も住み、当時の人口密度では世界一、東京の人口密度の約9倍と言われていました。島内には、病院や寺社のほか、映画館など娯楽も充実し、不自由のない暮らしが営まれていました。

現在

廃墟となった島
廃墟となった島
エネルギー需要が、石炭から石油に移行したことで徐々に衰退し、1974年に炭鉱は閉山。この年の4月には全住民が島を離れ無人島となりました。それから30年以上もの間、島の建造物は雨風にさらされ続け、廃墟と化していきました。
近代産業化の象徴として評価
近代産業化の象徴として評価
所有が長崎市に移り、2009年に観光客の軍艦島上陸が可能となると、廃墟ブームもあり話題となっていきました。徐々に日本を支えた遺跡群として世界遺産を目指す動きも活発化され、2015年についに世界文化遺産の構成資産の1つとして登録となりました。

軍艦島ツアーにあたり
※悪天候の場合、上陸出来ない場合がございます。
※建物は倒壊の危険性から近づくことが出来ず、見学路や船上からの見学となります。
※炭坑エリアの見学はございません。

その他、九州の産業革命遺産を知る

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」は、長崎を含む8県にわたる23もの構成資産から成り立っています。西洋技術の移転により非西洋地域の近代化の先駆けとなった日本の原点を記した、構成資産を一部ご紹介します。

三菱長崎造船所関連施設【長崎】
三菱長崎造船所関連施設【長崎】
1857年に本工場が設立され以来、日本の造船技術を向上させ、世界一流水準に到達するきっかけともなった造船所。
旧グラバー住宅【長崎】
旧グラバー住宅【長崎】
日本に西洋技術をもたらし、近代化に大きく貢献したグラバーが居住・商業の場として使用した住宅。
三池炭鉱【熊本】
三池炭鉱【熊本】
宮原杭と万田杭が構成資産として登録。軍艦島とともに明治から戦後まで日本の経済成長を支えた炭鉱。
官営八幡製鐵所関連施設【福岡】
官営八幡製鐵所関連施設【福岡】
近代製鐵所として、地域経済や関連産業を発展させ、北九州工業地帯を形成。日本の重工業化に大きく貢献した施設。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

関東発 世界遺産登録!海底炭鉱によって栄えた無人島 軍艦島(端島炭坑)|九州旅行 ツアー|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved