ミーソン

|ベトナム 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第188回 ベトナム ミーソン ヒンドゥーの神々を祀る チャンパ王国の聖地

第188回 ベトナム

ミーソン

ヒンドゥーの神々を祀る チャンパ王国の聖地

世界遺産|ミーソン

Story

トナム中部の町、世界遺産のホイアンから約40kmほど内陸に入った、四方を山に囲まれた盆地にひっそりと息づくミーソン遺跡。ここは2世末に興り、17世紀頃まで海上交易の拠点として栄えたチャンパ王国の聖地です。ヒンドゥー教の神々を祀る焼成レンガで造られた70余りの祠堂が残り、1999年に世界遺産に登録されました。

ミーソンは4世紀に、中国の影響を脱しインド文化を取り入れるようになったチャンパ王国の時の王が、ヒンドゥー教のシヴァ神を祀るために木造の祠堂を創建したのが始まり。7世紀にはレンガ造りに建て替えられ、13世紀までの900年間、王が代わるたびに祠堂が建設されました。祠堂は焼成レンガを接着剤を使わずに積み上げたもので、アーチ状の屋根にはレンガを少しずつずらしながら迫り出すように積んでいく、疑似アーチと呼ばれる技法が用いられています。また、壁面を飾る神々の像などの精緻な装飾彫刻は、建てた後から施されています。これらの建築技術からも、当時のチャンパ王国には高度に発達した文化が花開いていたことが窺えます。

草木に埋もれた遺跡群が無常観を漂わせ、それが美しくもあるミーソン。なぜシヴァ神を信仰するに至ったかなど、今も残る多くの謎を解明するため発掘が続いており、周囲に広がる自然の中にはまだ遺跡が眠っているかもしれません。かつて交易で覇権を握った王国の聖地に足を踏み入れ、時空を超える旅を楽しんでみませんか。

続きを読む

ミーソンは4世紀に、中国の影響を脱しインド文化を取り入れるようになったチャンパ王国の時の王が、ヒンドゥー教のシヴァ神を祀るために木造の祠堂を創建したのが始まり。7世紀にはレンガ造りに建て替えられ、13世紀までの900年間、王が代わるたびに祠堂が建設されました。祠堂は焼成レンガを接着剤を使わずに積み上げたもので、アーチ状の屋根にはレンガを少しずつずらしながら迫り出すように積んでいく、疑似アーチと呼ばれる技法が用いられています。また、壁面を飾る神々の像などの精緻な装飾彫刻は、建てた後から施されています。これらの建築技術からも、当時のチャンパ王国には高度に発達した文化が花開いていたことが窺えます。

草木に埋もれた遺跡群が無常観を漂わせ、それが美しくもあるミーソン。なぜシヴァ神を信仰するに至ったかなど、今も残る多くの謎を解明するため発掘が続いており、周囲に広がる自然の中にはまだ遺跡が眠っているかもしれません。かつて交易で覇権を握った王国の聖地に足を踏み入れ、時空を超える旅を楽しんでみませんか。

Photos

世界遺産|ミーソン
▲800年以上たった今でも彫刻の美しさが伺える
世界遺産|シヴァ神のレリーフ
▲祠堂内にはシヴァ神のレリーフが置かれている
©ASEAN-Japan Centre

Data

◆登録名:
ミーソン聖域
◆登録年:
1999年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ホイアンから車で約50分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ミーソン|ベトナム 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved