キュー王立植物園|イギリス 世界遺産

|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第270回 キュー王立植物園 イギリスの繁栄を偲ばせる世界最大級の植物園と研究機関

第270回 イギリス

キュー王立植物園

イギリスの繁栄を偲ばせる世界最大級の植物園と研究機関

世界遺産|キュー王立植物園

Story

界に先駆け産業革命が進行、繁栄への道を歩んでいた18世紀のイギリスで、世界最大級の植物園が産声をあげました。ロンドン郊外のテムズ河畔に約120ヘクタールの敷地を有し、2003年に世界遺産に登録されたキュー王立植物園です。ここでは4万種以上の植物を栽培、世界中から集めた700万以上の植物標本を収蔵しています。

植物園の起源は1759年、ジョージ3世の母が宮廷の庭園として整備したのが始まり。ジョージ3世は庭園の植物を増やし、ウィリアム・チェンバーズの設計による建築物が何棟も建てられ、1840年には王立植物園として公開されました。植物園のランドマークともいえるビクトリア朝時代の巨大温室「パームハウス」には、大きく成長したパームツリーや世界各地の熱帯植物が生い茂ります。その隣に創立250周年を記念して2009年に造られたローズガーデンでは、初夏と秋に幾多の品種のバラが優美な花姿と高貴な香りで魅了します。現在は植物園としてだけでなく、世界の植物学研究のセンター的役割や種子を集め保存する種子銀行の使命も担っているキュー王立植物園。それは植物学者で初代と次代の園長であったフッカー父子が、植物標本や図書館を充実させ植物の基礎研究に情熱を注いだ賜物といえます。

世界各国の植物が生育し、王室の宮殿「キューパレス」が佇む広大な植物園の散策は一日あっても足りないほど。帰途につく頃には、イギリスの栄光を映すかのような残照がテムズ川を染めていることでしょう。

続きを読む

植物園の起源は1759年、ジョージ3世の母が宮廷の庭園として整備したのが始まり。ジョージ3世は庭園の植物を増やし、ウィリアム・チェンバーズの設計による建築物が何棟も建てられ、1840年には王立植物園として公開されました。植物園のランドマークともいえるビクトリア朝時代の巨大温室「パームハウス」には、大きく成長したパームツリーや世界各地の熱帯植物が生い茂ります。その隣に創立250周年を記念して2009年に造られたローズガーデンでは、初夏と秋に幾多の品種のバラが優美な花姿と高貴な香りで魅了します。現在は植物園としてだけでなく、世界の植物学研究のセンター的役割や種子を集め保存する種子銀行の使命も担っているキュー王立植物園。それは植物学者で初代と次代の園長であったフッカー父子が、植物標本や図書館を充実させ植物の基礎研究に情熱を注いだ賜物といえます。

世界各国の植物が生育し、王室の宮殿「キューパレス」が佇む広大な植物園の散策は一日あっても足りないほど。帰途につく頃には、イギリスの栄光を映すかのような残照がテムズ川を染めていることでしょう。

Photos

世界遺産|日本庭園
▲キュー王立植物園には日本人に馴染みのある日本庭園も
世界遺産|パゴダ
▲ウィリアム・チェンバーズが設計した中国式建築物のパゴダ

Data

◆登録名:
キュー王立植物園
◆登録年:
2003年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
地下鉄キューガーデンズ駅から徒歩約7分。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

キュー王立植物園|イギリス 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved