ハットゥシャ:ヒッタイトの首都|トルコ 世界遺産

|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第232回 トルコ ハットゥシャ:ヒッタイトの首都 古代史にその名を遺すヒッタイト王国の都城跡

第232回 トルコ

ハットゥシャ:ヒッタイトの首都

古代史にその名を遺すヒッタイト王国の都城跡

世界遺産|ハットゥシャ

Story

めて鉄器を使ったとされる騎馬民族のヒッタイト人、彼らは紀元前1800年頃、現在のトルコ中央部に国を建てました。鉄製の武器と軽戦車を自在に操り、紀元前1600年頃にはバビロニア王国を滅亡に追い込み、強国エジプトまで脅かすに至ります。1986年に世界遺産に登録されたハットゥシャは、今はもうほぼ礎石であり復元は一部ですが、アンカラの東約150km、標高1,000mの高原に全長6kmの城壁に囲まれた遺跡群が広がっています。

城内に入ると、まず大神殿の遺構が目に入ります。天候神テシュプと配偶神ヘパトに捧げられた神殿で、ハットゥシャ最大の遺跡です。かつては日干しレンガで造られた壮大な建物があったといわれ、今に残る礎石からも容易にそれは窺えます。二手に分かれた道を右にとり上っていくと、城門のひとつ「ライオンの門」があります。門柱に刻まれた一対のライオン像は、当時魔除けだったのでしょうか、城外に睨みをきかせています。ハットゥシャを一望する遺跡の最高所には「スフィンクスの門」があり、その下に「大地門」と呼ばれる地下道が口を開け、今にも突撃していく兵士たちの雄叫びが聞こえそうです。

城内の「大城塞」から発見された粘土板文書は、「カデシュの戦い」でエジプトのラムセス2世と締結した平和条約です。この世界最古といわれる国際条約に名を留めるヒッタイト王国も、紀元前1200年頃には突然、歴史の舞台から姿を消してしまいます。謎多き大国の都城跡に佇めば、古代へのロマンがかきたてられることでしょう。

続きを読む

城内に入ると、まず大神殿の遺構が目に入ります。天候神テシュプと配偶神ヘパトに捧げられた神殿で、ハットゥシャ最大の遺跡です。かつては日干しレンガで造られた壮大な建物があったといわれ、今に残る礎石からも容易にそれは窺えます。二手に分かれた道を右にとり上っていくと、城門のひとつ「ライオンの門」があります。門柱に刻まれた一対のライオン像は、当時魔除けだったのでしょうか、城外に睨みをきかせています。ハットゥシャを一望する遺跡の最高所には「スフィンクスの門」があり、その下に「大地門」と呼ばれる地下道が口を開け、今にも突撃していく兵士たちの雄叫びが聞こえそうです。

城内の「大城塞」から発見された粘土板文書は、「カデシュの戦い」でエジプトのラムセス2世と締結した平和条約です。この世界最古といわれる国際条約に名を留めるヒッタイト王国も、紀元前1200年頃には突然、歴史の舞台から姿を消してしまいます。謎多き大国の都城跡に佇めば、古代へのロマンがかきたてられることでしょう。

Photos

世界遺産|ライオンの門
▲ヒッタイト王国の首都ハットゥシャシュ遺跡への入口、ライオンの門
世界遺産|聖地ヤズルカヤ 12神
▲ヒッタイト王国の聖地ヤズルカヤ。そこには12人の神々が描かれています
©Valery Shanin

Data

◆登録名:
ハットゥシャ:ヒッタイトの首都
◆登録年:
1986年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
アンカラからスングルル経由でボアズカレまで車で約3時間

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ハットゥシャ:ヒッタイトの首都|トルコ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved