レーティッシュ鉄道

|スイス・イタリア 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第118回 スイス・イタリア レーティッシュ鉄道 鉄道と共に作りあげられた アルプスの原風景

第118回 スイス・イタリア

レーティッシュ鉄道

鉄道と共に作りあげられた アルプスの原風景

世界遺産|レーティッシュ鉄道

Story

ルプスの真っただなかに路線網を敷き、100年を越える歴史を持つレーティッシュ鉄道はスイス最大の私鉄。アルプスの大自然を損なうことなく建設された高度な鉄道技術と、その鉄道と共存する美しい沿線風景が評価され、アルブラ線とベルニナ線が周辺の景観とともに2008年、世界遺産に登録されました。アルブラ線はトゥージスから高さ約65mのランドヴァッサー橋など144の石橋を渡り、アルブラ峠をはじめ数々の難所を越えてサンモリッツへとひた走ります。

サンモリッツからベルニナアルプスを貫きイタリアへと抜けるベルニナ線は、鮮やかな赤い車体が印象的。万年雪を戴くベルニナアルプス最高峰のピッツ・ベルリナ(標高約4,049m)、白く輝く氷河、静寂をたたえる氷河湖のビアンコ湖を間近に眺め、高度を上げ、ヨーロッパ最高所の鉄道駅オスピツィオ・ベルニナ駅(標高約2,253m)から下りにかかり、360度の弧を描くブルージオのループ橋で急峻な谷を下り、イタリアのティラーノへ。その鉄道技術はその後のスイスの鉄道のみならず、日本の箱根登山鉄道のモデルにもなりました。

鉄道の発達により山岳国の障害が克服され、酪農などの産業が発展。それにより形成されたアルプスと山里の美しい風景が、歴史と伝統ある鉄道とともに残され、多くの観光客を惹きつけています。観光立国スイスは「鉄道」によって文化・経済が発展し、現在の景観をつくってきたのかもしれません。

続きを読む

サンモリッツからベルニナアルプスを貫きイタリアへと抜けるベルニナ線は、鮮やかな赤い車体が印象的。万年雪を戴くベルニナアルプス最高峰のピッツ・ベルリナ(標高約4,049m)、白く輝く氷河、静寂をたたえる氷河湖のビアンコ湖を間近に眺め、高度を上げ、ヨーロッパ最高所の鉄道駅オスピツィオ・ベルニナ駅(標高約2,253m)から下りにかかり、360度の弧を描くブルージオのループ橋で急峻な谷を下り、イタリアのティラーノへ。その鉄道技術はその後のスイスの鉄道のみならず、日本の箱根登山鉄道のモデルにもなりました。

鉄道の発達により山岳国の障害が克服され、酪農などの産業が発展。それにより形成されたアルプスと山里の美しい風景が、歴史と伝統ある鉄道とともに残され、多くの観光客を惹きつけています。観光立国スイスは「鉄道」によって文化・経済が発展し、現在の景観をつくってきたのかもしれません。

Photos

世界遺産|ランドヴァッサー橋
▲高さ約65mものランドヴァッサー橋はアルブラ線のハイライト
写真提供:スイス政府観光局
世界遺産|牛
▲鉄道と共存したアルプスの牧歌的な風景が次々と車窓を流れる

Data

◆登録名:
レーティッシュ鉄道アルブラ線/ベルニナ線と周辺の景観
◆登録年:
2008年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ベルニナ特急の始発サンモリッツへはチューリッヒから列車で約3時間半

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

レーティッシュ鉄道|スイス・イタリア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved