コルドバ

|スペイン 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第127回 スペイン コルドバ イスラム教とキリスト教の 文化が融和する歴史の街

第127回 スペイン

コルドバ

イスラム教とキリスト教の 文化が融和する歴史の街

世界遺産|コルドバ

Story

850本の円柱が支える紅白のアーチが延々と続く「円柱の森」。そして、その奥に覗くマヨール礼拝堂の祭壇。イスラム建築の粋メスキータ(モスク)とキリスト教の聖堂が同居する、この世界に稀な建築はローマ時代からの古都コルドバの象徴です。メスキータが建てられたのは後ウマイヤ朝の首都となった8世紀のこと。まずオレンジの中庭と信徒が身を清める噴水、礼拝堂が造られ、10世紀まで3度の拡張が重ねられ大モスクになりました。精緻なレリーフの装飾が施されたミイラブ(メッカの方向を示す壁のくぼみ)には、コーランの一節が刻まれています。

その後、13世紀にコルドバを奪還したキリスト教徒は、メスキータの一部を壊し聖堂を建立。16世紀にはゴシック様式の祭壇やパイプオルガンを設えた絢爛豪華な礼拝堂が完成しますが、キリスト教徒もメスキータの洗練された建築美を「我々にはつくれない文化」と認め、異なる宗教の建築が混在する特異な空間が残されました。

メスキータは1984年、世界遺産に登録。1994年にはイスラム王の宮殿跡に建てられた城・アルカサル、花咲きみだれる白壁の小径が続く旧ユダヤ人街などを含むコルドバ旧市街が登録拡大されました。長い歴史とともにつくられたコルドバの街。とりわけ600ものモスクが林立し、学問芸術が花開き、「西方の真珠」と讃えられたのはイスラム時代。その至宝であるメスキータは、2つの文化が混合・融和した不思議な魅力をたたえ、時空の旅へといざないます。

続きを読む

その後、13世紀にコルドバを奪還したキリスト教徒は、メスキータの一部を壊し聖堂を建立。16世紀にはゴシック様式の祭壇やパイプオルガンを設えた絢爛豪華な礼拝堂が完成しますが、キリスト教徒もメスキータの洗練された建築美を「我々にはつくれない文化」と認め、異なる宗教の建築が混在する特異な空間が残されました。

メスキータは1984年、世界遺産に登録。1994年にはイスラム王の宮殿跡に建てられた城・アルカサル、花咲きみだれる白壁の小径が続く旧ユダヤ人街などを含むコルドバ旧市街が登録拡大されました。長い歴史とともにつくられたコルドバの街。とりわけ600ものモスクが林立し、学問芸術が花開き、「西方の真珠」と讃えられたのはイスラム時代。その至宝であるメスキータは、2つの文化が混合・融和した不思議な魅力をたたえ、時空の旅へといざないます。

Photos

世界遺産|教会の絵画
▲キリスト教徒によって建てられた絢爛豪華なマヨール礼拝堂/メスキータ
世界遺産|ユダヤ人街
▲かわいらしい花の小路は、旧ユダヤ人街の人気撮影スポット

Data

◆登録名:
コルドバ歴史地区
◆登録年:
1984,1994年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
セビリヤからマドリード行き特急列車で約40分

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

コルドバ|スペイン 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved