ダンブッラの黄金寺院

|スリランカ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第244回 スリランカ ダンブッラの黄金寺院 5つの窟に居並ぶ黄金仏と壁画群

第244回 スリランカ

ダンブッラの黄金寺院

5つの窟に居並ぶ黄金仏と壁画群

世界遺産|ダンブッラの黄金寺院

Story

リランカ中部の町ダンブッラ。その旧市街にそびえ立つ高さ150mの岩山に、同国で最も保存状態がよいとされる石窟寺院があります。紀元前3世紀に修行の場として開窟が始まり、紀元前1世紀にシンハラ王朝のワッタガーマニー・アバヤ王が戦勝を記念し寺院を建立。以降代々のシンハラ王朝が修復・増築を行い、5つの石窟からなる国内最大の石窟寺院となり、1991年世界遺産に登録されました。

窟内いっぱいに横たわる全長14mの涅槃仏で有名な第1窟。全身は金色ですが足の裏が赤く塗られています。これには釈迦が赤土の地を歩いてスリランカにやって来たという説が。ちなみに左右のつま先がほんの少し不揃いなのが涅槃仏、きれいに揃っているのは休息中のお姿なのだそう。最大規模の第2窟は壁や天井一面に描かれた壁画が圧巻。 仏画やスリランカの歴史画で埋め尽くされ、その総面積は2100㎡にも及びます。また、岩山の頂近くにも関わらず天井からしたたり落ちる水滴は涸れることなく、「ダンブッラ(水の湧き出る岩の意味)」の名の由来もここに。聖なる水として儀式などに使われています。第3窟から第5窟は18世紀から20世紀にかけて造営された比較的新しい窟。第3窟にも涅槃仏が安置されていますが、つま先が揃っているので休息中のお姿なのでしょうか。

歴代の王に手厚く保護されてきたダンブッラの黄金寺院。靴を脱ぎ、ひんやりとした窟内に足を踏み入れると、色鮮やかな壁画群と数え切れない程の黄金仏が迎えてくれます。仏像に背を向けたり、仏像と一緒に写真を撮るのは厳禁です。むやみにシャッターを押すより、荘厳な空気の中にしばし身を置いてみてはいかがでしょう。

続きを読む

窟内いっぱいに横たわる全長14mの涅槃仏で有名な第1窟。全身は金色ですが足の裏が赤く塗られています。これには釈迦が赤土の地を歩いてスリランカにやって来たという説が。ちなみに左右のつま先がほんの少し不揃いなのが涅槃仏、きれいに揃っているのは休息中のお姿なのだそう。最大規模の第2窟は壁や天井一面に描かれた壁画が圧巻。 仏画やスリランカの歴史画で埋め尽くされ、その総面積は2100㎡にも及びます。また、岩山の頂近くにも関わらず天井からしたたり落ちる水滴は涸れることなく、「ダンブッラ(水の湧き出る岩の意味)」の名の由来もここに。聖なる水として儀式などに使われています。第3窟から第5窟は18世紀から20世紀にかけて造営された比較的新しい窟。第3窟にも涅槃仏が安置されていますが、つま先が揃っているので休息中のお姿なのでしょうか。

歴代の王に手厚く保護されてきたダンブッラの黄金寺院。靴を脱ぎ、ひんやりとした窟内に足を踏み入れると、色鮮やかな壁画群と数え切れない程の黄金仏が迎えてくれます。仏像に背を向けたり、仏像と一緒に写真を撮るのは厳禁です。むやみにシャッターを押すより、荘厳な空気の中にしばし身を置いてみてはいかがでしょう。

Photos

世界遺産|寺院内 仏像
▲寺院内は独特の荘厳さと穏やかな静けさに包まれます。
©Dmitry Rukhlenko
世界遺産|寺院内 壁画
▲スリランカで最も保存状態の良い岩窟の壁画群と言われています。

Data

◆登録名:
ダンブッラの黄金寺院
◆登録年:
1991年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
コロンボからバスで約5時間。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ダンブッラの黄金寺院|スリランカ 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved