アヌラーダプラ

|スリランカ 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第186回 スリランカ アヌラーダプラ 仏教の聖地として栄えた スリランカ最古の都

第186回 スリランカ

アヌラーダプラ

仏教の聖地として栄えた スリランカ最古の都

世界遺産|アヌラーダプラ

Story

ンド洋に浮かぶ光り輝く島と称えられるスリランカ。その北中部にある聖地アヌラーダプラと、ポロンナルワ、キャンディの3都市を結ぶ内側には仏教文化の遺跡群が集中し、「文化三角地帯」と呼ばれています。なかでもスリランカ最古のシンハラ王朝の都があったアヌラーダプラには、紀元前3世紀にインドから仏教が伝わり、その後約1400年以上にわたり政治・宗教の中心地として栄えました。

アヌラーダプラには仏陀の教えとともに、アショーカ王の王女によってもたらされたスリー・マハー菩提樹があり、これが聖地とされるゆえんです。仏陀がこの木の下で悟りを開いたといわれるブッダガヤの菩提樹の分け木で、ともに渡来した「カプワ」と呼ばれる人々によって代々守られ続けています。樹齢2000年を超えるその聖木は、人の手によって植えられた記録に残る世界最古の木といわれています。最盛期のアヌラーダプラにはダーガバ(仏塔)や寺院が30以上も建ち並んでいたといわれ、遺跡群の中心に建つ純白のルワンウェリ・サーヤ大塔、かつての大乗仏教の総本山アバヤギリ大塔など巨大なダーガバが、アヌラーダプラの昔日の威光を偲ばせます。

インドからスリランカに初めて伝わった仏教は、聖地アヌラーダプラから各地へ広まっていきました。今も往時の面影を所々に残すアヌラーダプラには、多くの巡礼者が訪れます。人々が一心に祈りを捧げるその情景は、旅人の心を癒してくれることでしょう。

続きを読む

アヌラーダプラには仏陀の教えとともに、アショーカ王の王女によってもたらされたスリー・マハー菩提樹があり、これが聖地とされるゆえんです。仏陀がこの木の下で悟りを開いたといわれるブッダガヤの菩提樹の分け木で、ともに渡来した「カプワ」と呼ばれる人々によって代々守られ続けています。樹齢2000年を超えるその聖木は、人の手によって植えられた記録に残る世界最古の木といわれています。最盛期のアヌラーダプラにはダーガバ(仏塔)や寺院が30以上も建ち並んでいたといわれ、遺跡群の中心に建つ純白のルワンウェリ・サーヤ大塔、かつての大乗仏教の総本山アバヤギリ大塔など巨大なダーガバが、アヌラーダプラの昔日の威光を偲ばせます。

インドからスリランカに初めて伝わった仏教は、聖地アヌラーダプラから各地へ広まっていきました。今も往時の面影を所々に残すアヌラーダプラには、多くの巡礼者が訪れます。人々が一心に祈りを捧げるその情景は、旅人の心を癒してくれることでしょう。

Photos

世界遺産|菩提樹
▲菩提樹の前に立ってみると、太古の風を感じられるでしょう
世界遺産|ルワンウェリ・サーヤ大塔
▲青空に映える白いダーガバのルワンウェリ・サーヤ大塔

Data

◆登録名:
聖地アヌラーダプラ
◆登録年:
1982年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
コロンボから路線バスで約4時間30分。キャンディからは路線バスで約3時間30分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

アヌラーダプラ|スリランカ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved