ウラジーミル

|ロシア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第191回 ロシア ウラジーミル ロシア建築の素になった 白亜の美しい建築群

第191回 ロシア

ウラジーミル

ロシア建築の素になった 白亜の美しい建築群

世界遺産|ウラジーミル

©irina2005

Story

スクワの北東に環状に点在する「黄金の環」と呼ばれる古都群。その代表都市であるウラジーミルとスーズダリは、12世紀ロシアで最大の勢力を誇ったウラジーミル・スーズダリ大公国の中心地でした。往時の繁栄を伝えウラジーミルの象徴となっている黄金の門、外壁の精緻な彫刻から「石のカーペット」と称されるドミトリエフスキー聖堂など、8つの白亜の建造物が世界遺産に登録されています。

なかでもロシアのビザンティン建築を代表するウラジーミルのウスペンスキー大聖堂は、キエフのソフィア大聖堂を手本に、高さや広さまで倣って、1158年に建設が始まりました。それまでロシアの教会建築は木造でしたが、この大聖堂は神聖ローマ帝国などから招かれた職人によって石灰岩を使って建てられ、以降の石造りの教会建築の模範になりました。5つの黄金のドームを戴き、繊細な彫刻が施され、イエス・キリストや聖人、聖書の出来事などを描いたイコンで装飾された内装は、後のロシアの教会建築の原型にもなりました。

14世紀までロシアの大聖堂の最高位にあったウスペンスキー大聖堂。大公の戴冠式が行われ、今では大統領就任の祝福が行われているモスクワにある同名の大聖堂は、ウラジーミルのこの大聖堂を模範に作られました。ウラジーミル・スズダリで独自の発展を遂げ、その後のロシア建築に大きな影響を与えた白亜の建築群は、中世の面影をとどめるロシアの古都で、その美しい姿を今に伝えています。

続きを読む

なかでもロシアのビザンティン建築を代表するウラジーミルのウスペンスキー大聖堂は、キエフのソフィア大聖堂を手本に、高さや広さまで倣って、1158年に建設が始まりました。それまでロシアの教会建築は木造でしたが、この大聖堂は神聖ローマ帝国などから招かれた職人によって石灰岩を使って建てられ、以降の石造りの教会建築の模範になりました。5つの黄金のドームを戴き、繊細な彫刻が施され、イエス・キリストや聖人、聖書の出来事などを描いたイコンで装飾された内装は、後のロシアの教会建築の原型にもなりました。

14世紀までロシアの大聖堂の最高位にあったウスペンスキー大聖堂。大公の戴冠式が行われ、今では大統領就任の祝福が行われているモスクワにある同名の大聖堂は、ウラジーミルのこの大聖堂を模範に作られました。ウラジーミル・スズダリで独自の発展を遂げ、その後のロシア建築に大きな影響を与えた白亜の建築群は、中世の面影をとどめるロシアの古都で、その美しい姿を今に伝えています。

Photos

世界遺産|ドミトリエフスキー聖堂
▲聖人や歴史上の英雄たちが、繊細に刻まれているドミトリエフスキー聖堂
世界遺産|黄金の門
▲青空によく栄える黄金の門。まさにウラジーミルの象徴といわれるにふさわしい

Data

◆登録名:
ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群
◆登録年:
1992年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ウラジーミル→モスクワから列車で約3時間
     スーズダリ→ウラジーミルからバスで約45分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ウラジーミル|ロシア 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved