ギマランイス歴史地区

|ポルトガル 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第229回 ポルトガル ギマランイス歴史地区 建国当時の面影を留める ポルトガル発祥の地

第229回 ポルトガル

ギマランイス歴史地区

建国当時の面影を留める ポルトガル発祥の地

世界遺産|ギマランイス城

©cristovao31

Story

の広場の壁の一角に「ポルトガル、ここに誕生す」の一文が記されています。こう書かれた言葉が誇らしげなギマランイスは、ポルトガル北西部の小都市ながら、ポルトガル発祥の地と呼ばれています。それは初代国王アフォンソ・エンリケスが、この地で生まれたことに由来します。

2001年、世界遺産に登録されたギマランイスの旧市街には、アフォンソ・エンリケスが誕生したギマランイス城、そのいかにも堅固な石造の城の下には、洗礼を受けたサン・ミゲル教会など、ゆかりの場所が点在しています。エンリケスは長じて宗主国に反旗を翻し勝利、その後イスラム勢力も打ち破りました。そして、ポルトガル王アフォンソ1世を名乗り、1143年ローマ教皇の仲介によってポルトガル王国を打ち立てました。ギマランイスの旧市街では、建国以降に建てられた多くの建造物を見ることができますが、中でもレコンキスタでの戦勝を記念して1342年に建てられたノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会は、ロマネスク様式とゴシック様式が融合した壮麗な建築です。教会名はポルトガル語で「オリーブの木の聖母教会」を意味し、教会前のアーチの完成に合わせるようにオリーブの木が芽吹いたことからだとか。

中世から近代へ時代は変わろうとも、建国の歴史と中世以来変わらぬ町並みに誇りをもって暮らすギマランイスの人々。彼らは古い家々さえ大事にし、自ら修繕して使っています。それにより歴史的景観が守られ、旅行者も建国の往時に身を置くことができるのです。

続きを読む

2001年、世界遺産に登録されたギマランイスの旧市街には、アフォンソ・エンリケスが誕生したギマランイス城、そのいかにも堅固な石造の城の下には、洗礼を受けたサン・ミゲル教会など、ゆかりの場所が点在しています。エンリケスは長じて宗主国に反旗を翻し勝利、その後イスラム勢力も打ち破りました。そして、ポルトガル王アフォンソ1世を名乗り、1143年ローマ教皇の仲介によってポルトガル王国を打ち立てました。ギマランイスの旧市街では、建国以降に建てられた多くの建造物を見ることができますが、中でもレコンキスタでの戦勝を記念して1342年に建てられたノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会は、ロマネスク様式とゴシック様式が融合した壮麗な建築です。教会名はポルトガル語で「オリーブの木の聖母教会」を意味し、教会前のアーチの完成に合わせるようにオリーブの木が芽吹いたことからだとか。

中世から近代へ時代は変わろうとも、建国の歴史と中世以来変わらぬ町並みに誇りをもって暮らすギマランイスの人々。彼らは古い家々さえ大事にし、自ら修繕して使っています。それにより歴史的景観が守られ、旅行者も建国の往時に身を置くことができるのです。

Photos

世界遺産|ギマランイス 街並み
▲ポルトガル王国建国後に建てられた歴史的文化財が残る旧市街
世界遺産|ホテル ポサーダ・ド・ポルト 館内
▲当時の城や宮殿を改装して作られた、ポサーダと呼ばれるホテルが観光客に人気です。

Data

◆登録名:
ギマランイス歴史地区
◆登録年:
2001年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ポルトのサン・ベント駅から列車で約1時間15分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ギマランイス歴史地区|ポルトガル 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved