リマ|ペルー 世界遺産

|阪急交通社

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第158回 ペルー リマ 征服者の野望が築いた 絢爛たるコロニアル都市

第158回 ペルー

リマ

征服者の野望が築いた 絢爛たるコロニアル都市

世界遺産|リマ アルマス広場

Story

ルーの首都リマは、1533年にインカ帝国の首都クスコを制圧したスペインの征服者フランシスコ・ピサロが、その2年後の1535年に、本国スペインとの交易の利便性を考え太平洋岸に建都した地。インカから奪った金銀をつぎ込んで建設された壮麗なコロニアル都市は、南アメリカの植民地支配の拠点として繁栄しました。今もペルーの政治・経済の中心地であり、碁盤の目状に広がるセントロ(旧市街)に点在する建築群が往時の栄華を伝えています。

セントロの中心、アルマス広場の正面に建つカテドラルは、リマ建都の日にピサロが自らの手で礎石を置いた、ペルー最古のカテドラル。100年以上の歳月をかけて完成したサンフランシスコ教会には、バロックとスペイン南部のアンダルシア様式が取り入れられ、15のチャペルと地下墓地が圧巻。1549年に建立されたサント・ドミンゴ教会では、スペインに特注した青タイルが今も輝きを放っています。ピサロの権勢を偲ばせるアルマス広場とは対照的に、サン・マルティン広場にはペルーを独立へと導いたサン・マルティン将軍の騎馬像が立ち、市民が憩う姿にリマの歴史の変遷を感じます。

ひたすら黄金郷を追い求め、莫大な黄金を手にしたピサロが築いた都は、贅を尽くした建築群で埋めつくされていきました。インカの子孫であるペルーの人々の思いは複雑ですが、今日のリマの礎はカテドラルに自ら礎石を置いたピサロの野望にあったともいえるでしょう。

続きを読む

セントロの中心、アルマス広場の正面に建つカテドラルは、リマ建都の日にピサロが自らの手で礎石を置いた、ペルー最古のカテドラル。100年以上の歳月をかけて完成したサンフランシスコ教会には、バロックとスペイン南部のアンダルシア様式が取り入れられ、15のチャペルと地下墓地が圧巻。1549年に建立されたサント・ドミンゴ教会では、スペインに特注した青タイルが今も輝きを放っています。ピサロの権勢を偲ばせるアルマス広場とは対照的に、サン・マルティン広場にはペルーを独立へと導いたサン・マルティン将軍の騎馬像が立ち、市民が憩う姿にリマの歴史の変遷を感じます。

ひたすら黄金郷を追い求め、莫大な黄金を手にしたピサロが築いた都は、贅を尽くした建築群で埋めつくされていきました。インカの子孫であるペルーの人々の思いは複雑ですが、今日のリマの礎はカテドラルに自ら礎石を置いたピサロの野望にあったともいえるでしょう。

Photos

世界遺産|サンフランシスコ教会
▲黄色い壮麗な外観が一際目を引くサンフランシスコ教会
© Thomas Barrat
世界遺産|アルマス広場
▲スペイン統治時代の面影を残す、町の中心アルマス広場

Data

◆登録名:
リマ歴史地区
◆登録年:
1988、1991年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ホルヘ・チャベス国際空港からリマの歴史地区まで車で約15分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

リマ|ペルー 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved