スオメンリンナの要塞群

|フィンランド 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第149回フィンランド

スオメンリンナの要塞群

2つの大国に翻弄された 要塞島は平和の象徴

世界遺産|スオメンリンナの要塞群 全景

©Tanya

Story

ィンランドの首都ヘルシンキからフェリーで約15分。橋で結ばれた6つの島からなる要塞群の建設が始まったのは1748年。ロシアに対する守りを固めるため、当時フィンランドを支配していたスウェーデン王の命により40年の歳月をかけて築かれました。しかし1809年にロシア軍に占領されると、100年以上にわたりロシアの要塞に。そして1917年のロシア革命でフィンランドはようやく独立を果たし、島はスオメンリンナ(フィンランドの要塞)と名を改めました。

高度な建築技術が集積した人類の歴史上、重要な時代を代表する建築群として世界遺産に登録されたスオメンリンナは、当時攻撃の主力だった大砲への備えと、攻め寄せる敵軍に対し防御する際に死角ができないように造られた星形要塞。全長約8kmにおよぶ城壁で囲まれ、島全体が堅固な要塞でした。現在もフィンランド海軍の基地が置かれていますが、美しい緑の丘に教会が建ち、レストランやカフェ、おもちゃ博物館などが点在する島は、明るくのどかで平和そのもの。陶器やガラスの工房もあり、アーティストの島とも呼ばれ、ヘルシンキ市民の手軽な行楽地になっています。

端から端まで20分ほどの島内を歩けば、博物館に要塞の歴史資料が展示され、大砲や塹壕、第二次世界大戦時の潜水艦ヴェシッコ号など、今も戦争の爪痕を残すスオメンリンナ。この島は2つの大国に翻弄されてきたフィンランドの「平和」への願いの象徴なのかもしれません。

続きを読む

高度な建築技術が集積した人類の歴史上、重要な時代を代表する建築群として世界遺産に登録されたスオメンリンナは、当時攻撃の主力だった大砲への備えと、攻め寄せる敵軍に対し防御する際に死角ができないように造られた星形要塞。全長約8kmにおよぶ城壁で囲まれ、島全体が堅固な要塞でした。現在もフィンランド海軍の基地が置かれていますが、美しい緑の丘に教会が建ち、レストランやカフェ、おもちゃ博物館などが点在する島は、明るくのどかで平和そのもの。陶器やガラスの工房もあり、アーティストの島とも呼ばれ、ヘルシンキ市民の手軽な行楽地になっています。

端から端まで20分ほどの島内を歩けば、博物館に要塞の歴史資料が展示され、大砲や塹壕、第二次世界大戦時の潜水艦ヴェシッコ号など、今も戦争の爪痕を残すスオメンリンナ。この島は2つの大国に翻弄されてきたフィンランドの「平和」への願いの象徴なのかもしれません。

Photos

世界遺産|戦車
▲かつて外海に向けて備えられた砲台が点在し、島全体が博物館のよう
©Vitalez
世界遺産|島のようす
▲緑に囲まれたスオメンリンナ島はのどかな雰囲気に包まれている
©Juska

Data

◆登録名:
スオメンリンナの要塞群
◆登録年:
1991年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ヘルシンキのマーケット広場にあるフェリーに乗って約15分。月〜金曜8:00〜23:00、土曜9:00〜23:00、日曜9:00〜20:00。(時期によって短縮あり)

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

スオメンリンナの要塞群|フィンランド 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved