マサダ

|イスラエル 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第192回 イスラエル マサダ ユダヤ民族2000年の 結束のシンボル

第192回 イスラエル

マサダ

ユダヤ民族2000年の 結束のシンボル

世界遺産|マサダ

©Itamar Grinberg

Story

スラエル東部に海水の10倍もの濃度の塩水をたたえる死海。マサダ(ヘブライ語で要塞の意味)は紀元前100年頃、その湖面を見渡す高さ約400mの岩山に建設され、ユダヤを支配していたヘロデ王が増築。砂漠に降る雨を引き込み4トンもの水を蓄えられる巨大な貯水槽、数年分の食糧を備蓄できる倉庫、豪華な宮殿まで築かれ、さながら町のようでしたが、歴史上のある出来事により、ユダヤ人にとって一生に一度は訪れなければならない重要な地になりました。

ヘロデ王の死後、ユダヤ王国はローマ帝国の支配下に置かれますが、紀元66年にローマの圧政に耐えかねユダヤ人が反乱を起します(ユダヤ戦争)。しかし、70年に都エルサレムは陥落。追われたユダヤ人約1000人がマサダに立てこもり、2年以上も抵抗を続けます。難攻不落といわれたマサダですが、圧倒的なローマ軍の前に力及ばず、異教徒に辱めを受けるくらいなら死をと、女性と子供7人を残し、全員が自決を選びます。この時からユダヤの民は、1948年にイスラエルを建国するまで、世界に離散することになったのです。

イスラエルには「マサダは二度と陥落しない」という合い言葉があります。悲劇を二度と繰り返さない、というユダヤ人の決意の表れです。哀しい歴史を秘めたマサダで今は、イスラエル軍の入隊宣誓式が行われるようになりました。古代ユダヤ人たちの強い意思は、2000年の時を超えて現代のイスラエル国民に受け継がれています。

続きを読む

ヘロデ王の死後、ユダヤ王国はローマ帝国の支配下に置かれますが、紀元66年にローマの圧政に耐えかねユダヤ人が反乱を起します(ユダヤ戦争)。しかし、70年に都エルサレムは陥落。追われたユダヤ人約1000人がマサダに立てこもり、2年以上も抵抗を続けます。難攻不落といわれたマサダですが、圧倒的なローマ軍の前に力及ばず、異教徒に辱めを受けるくらいなら死をと、女性と子供7人を残し、全員が自決を選びます。この時からユダヤの民は、1948年にイスラエルを建国するまで、世界に離散することになったのです。

イスラエルには「マサダは二度と陥落しない」という合い言葉があります。悲劇を二度と繰り返さない、というユダヤ人の決意の表れです。哀しい歴史を秘めたマサダで今は、イスラエル軍の入隊宣誓式が行われるようになりました。古代ユダヤ人たちの強い意思は、2000年の時を超えて現代のイスラエル国民に受け継がれています。

Photos

世界遺産|マサダ
▲今なおはっきりと残る鮮やかな色は、当時の栄華が伺える
© Itamar Grinberg
世界遺産|マサダ
▲かつての王宮跡からは、広大な砂漠と死海の景色が広がる
© Itamar Grinberg

Data

◆登録名:
マサダ
◆登録年:
2001年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
テルアビブ発エルサレム経由のバスで、約4時間。そこからマサダの頂上へは、ロープウェーで約3分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

マサダ|イスラエル 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved