イチャン・カラ

|ウズベキスタン 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第154回 ウズベキスタン イチャン・カラ 二重の城壁に守られた シルクロードの古都

第154回 ウズベキスタン

イチャン・カラ

二重の城壁に守られた シルクロードの古都

世界遺産|イチャン・カラ

Story

ズベキスタン北西部のヒヴァはアムダリヤ川の下流に位置し、カラクム砂漠の入口にあるオアシス都市。一帯はホレズム地方と呼ばれ、年間300日も晴天が続く乾燥地帯。人々の営みはアムダリヤ川の流れに左右されてきました。小都市のヒヴァに都が移転したのも、アムダリヤ川の流路が変わったため。17世紀、ヒヴァ・ハーン国(現ウズベキスタン)の王都となり、ホレズム第一のイスラムの聖都となったヒヴァは、外壁と内壁の二重の城壁で守られ、東西交易の中継地として繁栄を極めました。イチャン・カラはその内城。高さ8m、厚さ6m、長さ2.2kmの堅牢な城壁で囲まれた旧市街が世界遺産に登録されています。

ハーン(王)が住んだ内城には、モスクとメドレセ(神学校)が各20、ミナレットが6基もあります。西門の脇に建つ高さ約26mのずんぐりとしたカルタ・ミナルは、ハーンの死により工事が中断された未完成のミナレット。その横の神学校ムハンマド・アミン・ハーン・メドレセは、中央アジアで最大の規模を誇ります。さらに、ハーンや4人の妃の豪華な装飾の部屋が並ぶタシュ・ハウリ宮殿、10世紀の創建当時の柱をはじめ200本以上の柱が林立するジュマ・モスクなど、小さな旧市街に壮麗なイスラム建築が凝縮しています。

中世の姿をとどめ時の流れを止めたかのようなかつての王都を歩けば、その昔シルクロードを行き交った隊商の喧噪や、豪華な宮殿に多くの美女をはべらせていたハーンの栄華が甦えってくるかもしれません。

続きを読む

ハーン(王)が住んだ内城には、モスクとメドレセ(神学校)が各20、ミナレットが6基もあります。西門の脇に建つ高さ約26mのずんぐりとしたカルタ・ミナルは、ハーンの死により工事が中断された未完成のミナレット。その横の神学校ムハンマド・アミン・ハーン・メドレセは、中央アジアで最大の規模を誇ります。さらに、ハーンや4人の妃の豪華な装飾の部屋が並ぶタシュ・ハウリ宮殿、10世紀の創建当時の柱をはじめ200本以上の柱が林立するジュマ・モスクなど、小さな旧市街に壮麗なイスラム建築が凝縮しています。

中世の姿をとどめ時の流れを止めたかのようなかつての王都を歩けば、その昔シルクロードを行き交った隊商の喧噪や、豪華な宮殿に多くの美女をはべらせていたハーンの栄華が甦えってくるかもしれません。

Photos

世界遺産|ホジャメドレセとミナレット
▲ヒヴァで一番の高さ(約45m)を誇るイスラム・ホジャ・ミナレット
世界遺産|ジュマモスク
▲1本1本彫刻された213本もの柱が並ぶジュマ・モスクは独特の雰囲気が漂う

Data

◆登録名:
イチャン・カラ
◆登録年:
1990年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ウルゲンチ空港からヒヴァまではバスで約1時間半

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

イチャン・カラ|ウズベキスタン 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved