カナイマ

|ベネズエラ 世界遺産|阪急交通社

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第91回 ベネズエラ カナイマ 世界最長の滝が落ちる 人跡未踏の高地

第91回ベネズエラ

カナイマ

世界最長の滝が落ちる 人跡未踏の高地

世界遺産|カナイマ

写真協力:駐日ベネズエラ・ボリバウ共和国大使館

Story

1994年、世界遺産に登録されたカナイマ国立公園は、ベネズエラ南東部とブラジルの国境沿いに広がる広大なギアナ高地の一角を占める、総面積約3万km²の国立公園。四国の約1.6倍の広さの熱帯雨林地帯に、風雨によって削られた約20億年前の地層が、100以上のテーブルマウンテンとなって屹立。常に雲に覆われたその頭頂部は、イギリスの作家コナン・ドイルが著した小説『ロスト・ワールド』の舞台として有名で、いまだ知られざる世界が息づいています。

数あるテーブルマウンテンのなかでも、標高約2,560mのアウヤン・テプイ(先住民の言葉で悪魔の山)からは、落差979mもの世界最長の滝エンジェルフォールが落下。その高さゆえ、滝の水は途中で霧となって飛散してしまうため滝壺がありません。1936年、機上から偶然この滝を発見したアメリカの冒険家ジミー・エンジェルの名を冠したともいうエンジェルフォール。とりわけ6〜11月の雨季は水量が増し圧巻。

ほとんど垂直の絶壁で隔絶されたテーブルマウンテンの上部は、まさに陸の孤島。岩だらけの世界で生物は独自の進化を遂げ、原始的なカエルや食虫植物など、多くの固有種が特異な生態系を形作っています。発見された生物の80%近くは固有種とも。異種が多い鳥類や昆虫類は、今も全容解明に至っていません。ここには、人類がいまだ足を踏み入れたことのない「最後の秘境」が広がっています。

続きを読む

数あるテーブルマウンテンのなかでも、標高約2,560mのアウヤン・テプイ(先住民の言葉で悪魔の山)からは、落差979mもの世界最長の滝エンジェルフォールが落下。その高さゆえ、滝の水は途中で霧となって飛散してしまうため滝壺がありません。1936年、機上から偶然この滝を発見したアメリカの冒険家ジミー・エンジェルの名を冠したともいうエンジェルフォール。とりわけ6〜11月の雨季は水量が増し圧巻。

ほとんど垂直の絶壁で隔絶されたテーブルマウンテンの上部は、まさに陸の孤島。岩だらけの世界で生物は独自の進化を遂げ、原始的なカエルや食虫植物など、多くの固有種が特異な生態系を形作っています。発見された生物の80%近くは固有種とも。異種が多い鳥類や昆虫類は、今も全容解明に至っていません。ここには、人類がいまだ足を踏み入れたことのない「最後の秘境」が広がっています。

Photos

世界遺産|カナイマ
▲手つかずの大自然カナイマ国立公園
写真協力: 駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館
世界遺産|エンジェルフォール
▲世界最長の落差を誇るエンジェルフォールは、まさに圧巻
写真協力: 駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館

Data

◆登録名:
カナイマ国立公園
◆登録年:
1994年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
カラカスから小型機で約1時間50分

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

カナイマ|ベネズエラ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved