ル・コルビュジエの建築作品

|日本 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第250回 日本 ル・コルビュジエの建築作品 近代建築の巨匠が創造した 7カ国17の建築群

第250回 日本

ル・コルビュジエの建築作品

近代建築の巨匠が創造した 7カ国17の建築群

世界遺産|ル・コルビュジエの建築作品

Story

2016年7月、20世紀を代表する近代建築の巨匠ル・コルビュジエが設計した、7カ国17の作品が世界遺産に登録されました。その中に日本が推薦した東京・上野公園の国立西洋美術館本館が含まれ、にわかにアートとしての美術館建築に関心が集まっています。

ル・コルビュジエは1887年スイスに生まれ、地元で建築家としてスタートを切った後、フランスのパリに拠点を移し、鉄筋コンクリートによるフレーム構造の「ドミノ」や、人体に合わせた「モデュロール」という独自の寸法体系を考案し、新たな建築の可能性を追求しました。さらにピロティ、自由な平面、水平連続窓などからなる5つの要点(「近代建築の五原則」)を提案。フランスのブローニュ・ビヤンクールに建てられたクック邸で実現し、同じくフランスのサヴォワ邸で完成させました。またインドのチャンディーガルでは、彼が数多く立案した都市計画の一端がうかがえます。晩年は宗教建築も手がけ、フランス・ロンシャンの礼拝堂はその最高傑作と言われています。

国立西洋美術館本館は「無限成長美術館」構想に基づきル・コルビュジエが基本設計を行い、彼に師事した3人の日本人建築家により1959年に完成を見ました。展示空間がらせん状に配置され、収蔵作品が増えても外側に増築して無限に成長できるという、ル・コルビュジエの基本理念がよく表現されていて、展示作品と合わせじっくりと鑑賞したい日本で唯一のル・コルビュジエの作品です。

続きを読む

ル・コルビュジエは1887年スイスに生まれ、地元で建築家としてスタートを切った後、フランスのパリに拠点を移し、鉄筋コンクリートによるフレーム構造の「ドミノ」や、人体に合わせた「モデュロール」という独自の寸法体系を考案し、新たな建築の可能性を追求しました。さらにピロティ、自由な平面、水平連続窓などからなる5つの要点(「近代建築の五原則」)を提案。フランスのブローニュ・ビヤンクールに建てられたクック邸で実現し、同じくフランスのサヴォワ邸で完成させました。またインドのチャンディーガルでは、彼が数多く立案した都市計画の一端がうかがえます。晩年は宗教建築も手がけ、フランス・ロンシャンの礼拝堂はその最高傑作と言われています。

国立西洋美術館本館は「無限成長美術館」構想に基づきル・コルビュジエが基本設計を行い、彼に師事した3人の日本人建築家により1959年に完成を見ました。展示空間がらせん状に配置され、収蔵作品が増えても外側に増築して無限に成長できるという、ル・コルビュジエの基本理念がよく表現されていて、展示作品と合わせじっくりと鑑賞したい日本で唯一のル・コルビュジエの作品です。

Photos

ル・コルビュジエ ロンシャンの礼拝堂
▲ル・コルビュジエが手掛けた宗教建築の中で最高傑作とされるロンシャンの礼拝堂。
ル・コルビュジエ 国立西洋美術館
▲基本理念がよく表現されている日本で唯一のル・コルビュジエの作品です。

Data

◆登録名:
ル・コルビュジエの建築作品
◆登録年:
2016年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
【国立西洋美術館】JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ル・コルビュジエの建築作品|日本 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved