サン・ジミニャーノ歴史地区

|イタリア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第212回 中世貴族の富と力が生んだ情緒ある塔の町並みと文化

第212回 イタリア

サン・ジミニャーノ歴史地区

中世貴族の富と力が生んだ情緒ある塔の町並みと文化

世界遺産|サン・ジミニャーノ歴史地区

Story

タリア中部トスカーナ州の古都フィレンツェから南へ約57km。標高約324mの丘の上に広がり、「塔の町」の異名を持つサン・ジミニャーノは、中世の姿を留める美しい町。ローマへの巡礼の道・フランチジェナ街道と、ピサとフィレンツェを結ぶピサーナ街道が交差する交通の要衝にあり、9~12世紀にかけて発展。当時、染料として珍重され、金のように高価だったサフランの生産や交易により莫大な富を築きました。

そんなサフランの取り引きで潤っていた13世紀、町は教皇派と皇帝派の2つの勢力に分かれ、両派の貴族たちが互いの富と権力を誇示するため、次々に塔を住居として建て、高さを競いました。それは14世紀初め、町当局が54mのグロッサの塔を建て、これ以上高い塔の建設を禁じたほどの過熱ぶりでした。最盛期には50mを越えるものを含め、72もの塔が林立していたといいます。しかし、2派による内紛にペストの流行が追い打ちをかけ町は衰退。フィレンツェの支配下に組み入れられ、フランチジェナ街道が利用されなくなり、さらにさびれた町に塔が残されました。そして今もグロッサの塔など14の塔が、時を忘れたかのようにサン・ジミニャーノの空に聳え立っています。

中世の面影を色濃く残す歴史の教科書さながらの町並みを歩き、ドゥオーモを飾るギルランダイオ作の聖女フィーナの生涯を描いたフレスコ画など、ルネサンス期の名画の数々に接すれば、当時の貴族たちの豪奢な生活ぶりや芸術文化が時を越えて甦ることでしょう。

続きを読む

そんなサフランの取り引きで潤っていた13世紀、町は教皇派と皇帝派の2つの勢力に分かれ、両派の貴族たちが互いの富と権力を誇示するため、次々に塔を建て高さを競いました。それは14世紀初め、町当局が54mのグロッサの塔を建て、これ以上高い塔の建設を禁じたほどの過熱ぶりでした。最盛期には50mを越えるものを含め、72もの塔が林立していたといいます。しかし、2派による内紛にペストの流行が追い打ちをかけ町は衰退。フィレンツェの支配下に組み入れられ、フランチジェナ街道が利用されなくなり、さらにさびれた町に塔が残されました。そして今もグロッサの塔など14の塔が、時を忘れたかのようにサン・ジミニャーノの空に聳え立っています。

中世の面影を色濃く残す歴史の教科書さながらの町並みを歩き、ドゥオーモを飾るギルランダイオ作の聖女フィーナの生涯を描いたフレスコ画など、ルネサンス期の名画の数々に接すれば、当時の貴族たちの豪奢な生活ぶりや芸術文化が時を越えて甦ることでしょう。

Photos

世界遺産|サン・ジミニャーノ 街並み
▲塔が林立する不思議な町並み
世界遺産|サン・ジミニャーノ 街並み
▲町を歩けば中世時代にいるかのような感覚に

Data

◆登録名:
サン・ジミニャーノ歴史地区
◆登録年:
1990年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
フィレンツェから南へ約57km、バスで約1時間。シエナから約42km、バスで約40分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

サン・ジミニャーノ歴史地区|イタリア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved