アジャンター石窟群

|インド 世界遺産|阪急交通社

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第240回 インド アジャンター石窟群 1000年の時を超え甦った インド仏教美術の至宝

第240回 インド

アジャンター石窟群

1000年の時を超え甦った インド仏教美術の至宝

世界遺産|アジャンター石窟群

Story

1819年のこと、インド中部のデカン高原で虎狩りに興じていたイギリス人士官が虎に襲われ逃げ込んだ先は、なんとインド仏教美術の至宝として1983年世界遺産に登録された、アジャンター石窟群でした。彼が身を潜めたワゴーラー川沿いの断崖550mにわたり築かれた大小30の石窟は、インド最古の仏教石窟寺院だったのです。

石窟は紀元前2世紀~紀元後2世紀頃(前期)と5~7世紀頃(後期)に造営されたもので、修行の空間としてのヴィハーラ窟と、仏の聖なる空間であるチャイティア窟があり、前期窟が簡素な造りであるのに対し、後期窟には仏像が据えられ、仏教説話に題材をとったレリーフや色鮮やかな壁画で装飾されています。後期ヴィハーラ窟を代表する第1窟は、壁や天井が壁画で覆われ、なかでも「蓮華手菩薩像」は最高傑作と称えられます。また、後期チャイティア窟の集大成ともいえる第26窟には精緻なレリーフ装飾が施され、インド最大級の釈迦涅槃像が残されています。しかし7世紀頃になると、ヒンドゥー教の台頭とともに仏教は衰退しはじめ、アジャンターの石窟寺院も放棄され、生い茂る木々に覆い尽くされていきました。

そして、長い年月を経て偶然にも発見されたアジャンター石窟群。1000年以上の時をジャングルに埋もれていたため保存状態も良く、見事なレリーフや色彩豊かな壁画からは仏教文化の花開いた往時が甦り、遥か東の果てへと伝わった仏教文化の源流をここに見ることができます。

続きを読む

石窟は紀元前2世紀~紀元後2世紀頃(前期)と5~7世紀頃(後期)に造営されたもので、修行の空間としてのヴィハーラ窟と、仏の聖なる空間であるチャイティア窟があり、前期窟が簡素な造りであるのに対し、後期窟には仏像が据えられ、仏教説話に題材をとったレリーフや色鮮やかな壁画で装飾されています。後期ヴィハーラ窟を代表する第1窟は、壁や天井が壁画で覆われ、なかでも「蓮華手菩薩像」は最高傑作と称えられます。また、後期チャイティア窟の集大成ともいえる第26窟には精緻なレリーフ装飾が施され、インド最大級の釈迦涅槃像が残されています。しかし7世紀頃になると、ヒンドゥー教の台頭とともに仏教は衰退しはじめ、アジャンターの石窟寺院も放棄され、生い茂る木々に覆い尽くされていきました。

そして、長い年月を経て偶然にも発見されたアジャンター石窟群。1000年以上の時をジャングルに埋もれていたため保存状態も良く、見事なレリーフや色彩豊かな壁画からは仏教文化の花開いた往時が甦り、遥か東の果てへと伝わった仏教文化の源流をここに見ることができます。

Photos

世界遺産|アジャンター石窟
▲アジャンター第26窟内部は、精緻なレリーフ装飾が施されています。
世界遺産|アジャンター石窟
▲長い年月ジャングルに守られていたため、数多くの壁画や仏陀像などが残っています。

Data

◆登録名:
アジャンター石窟群
◆登録年:
1983年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ジャルガオン駅よりバスで約2時間

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

アジャンター石窟群|インド 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved