ポツダムとベルリン

|ドイツ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第34回 ドイツ ポツダムとベルリン プロイセン王国の 栄華を伝える宮殿群

第34回 ドイツ

ポツダムとベルリン

プロイセン王国の 栄華を伝える宮殿群

世界遺産|ポツダムとベルリン

©Himage

Story

西ベルリンと旧東ドイツのポツダムに残る150棟もの宮殿と500万haにおよぶ公園群。18~19世紀にかけてプロイセン王国の君主たちが築いたもので、周囲の自然と調和して芸術的ともいえる美しい景観を形成しています。なかでも必見は、ドイツ・ロココ建築の傑作と謳われるサンスーシ宮殿。フリードリヒ2世がヴェルサイユ宮殿を模して建てた夏の離宮で、サンスーシ(sans souci)とはフランス語で「憂いなし」という意味だそう。6つの階段式ブドウ畑を上った正面に横たわる平屋造りの建物は執務室兼寝室、大理石の間、図書室、ゲストルームなどから成り、約40分間のガイドツアーで見学することができます。アドルフ・フォン・メンツェルの絵にも描かれた音楽室もあり、フルートを演奏する大王の姿が目に見えるようです。

広大な敷地のサンスーシ公園には、ほかにも新宮殿、中国茶館、シャルロッテンホーフ宮殿、オランジュリー(温室)などが点在。後期バロック様式の新宮殿は部屋数200以上もあり、こぢんまりとしたサンスーシ宮殿とは好対照を見せています。時間が許せば、王家所有の絵画コレクションを収蔵する絵画館へも足を運んでみたいもの。カラバッジョの「聖トマスの懐疑」を含む17世紀イタリア、フランス、フランドルの作品が100点以上も展示されており、見応えは十分。ハーフェル川の水辺の風景を楽しみながら、新庭園へと向かえば、奧には英国チューダー様式のツェツィリエンホーフ宮殿が控えています。

ベルリンの北西へ足を運べば、第二次世界大戦の戦火から免れたシャロッテンブルク宮殿がプロイセン時代の栄華を今に伝えています。

続きを読む

広大な敷地のサンスーシ公園には、ほかにも新宮殿、中国茶館、シャルロッテンホーフ宮殿、オランジュリー(温室)などが点在。後期バロック様式の新宮殿は部屋数200以上もあり、こぢんまりとしたサンスーシ宮殿とは好対照を見せています。時間が許せば、王家所有の絵画コレクションを収蔵する絵画館へも足を運んでみたいもの。カラバッジョの「聖トマスの懐疑」を含む17世紀イタリア、フランス、フランドルの作品が100点以上も展示されており、見応えは十分。ハーフェル川の水辺の風景を楽しみながら、新庭園へと向かえば、奧には英国チューダー様式のツェツィリエンホーフ宮殿が控えています。

ベルリンの北西へ足を運べば、第二次世界大戦の戦火から免れたシャロッテンブルク宮殿がプロイセン時代の栄華を今に伝えています。

Photos

世界遺産|サンスーシー宮殿の新宮殿
▲威厳に満ちた新宮殿はポツダム最大級の建物
世界遺産|ツェツィリエンホーフ宮殿
▲英国チューダー様式のツェツィリエンホーフ宮殿

Data

◆登録名:
ポツダムとベルリンの宮殿と庭園
◆登録年:
1990年・1992年・1999年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ポツダム中央駅からバスで約15分
◆時間:
9:00~17:00(11~3月は9:00~16:00)

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ポツダムとベルリン|ドイツ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved