アヴィニョン歴史地区

|フランス 世界遺産|阪急交通社

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第208回 フランス アヴィニョン歴史地区 教皇庁が置かれ繁栄した ローヌ川のほとりの町

第208回 フランス

アヴィニョン歴史地区

教皇庁が置かれ繁栄した ローヌ川のほとりの町

世界遺産|アヴィニョン歴史地区

©Atout France/Jean Malburet

Story

ランス民謡で「橋の上で踊ろよ踊ろよ」と歌われたサン・ベネゼ橋(アヴィニョン橋)が架かるアヴィニョンはローヌ河畔に開け、ローマ帝国の属州の都市として発展。アラブ人支配の時代を経て、13世紀にアルビジョワ十字軍を率いたルイ8世に敗れるまで、フランス王国にも属さず独立を保っていた南仏プロヴァンス地方の小都市でした。

そのアヴィニョンに1309年、フランス王フィリップ4世が教皇クレメンス5世を移住させたことで、町は大きく変貌を遂げます。以降、1377年にグレゴリウス11世がローマに戻るまで、7代69年間にわたって教皇庁が置かれ、ここがキリスト教世界の中心となったのです。教皇の住まいである教皇宮殿をはじめ壮大な建造物が次々に建てられ、ルネサンスを彩る芸術家や学者たちがヨーロッパ中から集まり、芸術文化の一大中心地として繁栄を極めます。1995年に世界遺産に登録された歴史地区を歩けば、4基の塔を備えた高さ50mの外壁で囲まれ「世界で最も強固な住まい」と呼ばれた教皇宮殿や、12世紀に創建されたロマネスク様式のノートルダム・デ・ドン大聖堂が聳え立ち、キリスト教世界の首都であった当時が偲ばれます。

威容を誇る教皇宮殿の内部は、主が去ってしまった今は隔世の感があり、12世紀に神の啓示によって建造されたと伝わるサン・ベネゼ橋は幾度かの洪水で流され、4つのアーチと橋上の礼拝堂を残すのみ。橋の完成を祝って人々が歌い踊ったのも遠い昔の物語です。

続きを読む

そのアヴィニョンに1309年、フランス王フィリップ4世が教皇クレメンス5世を移住させたことで、町は大きく変貌を遂げます。以降、1377年にグレゴリウス11世がローマに戻るまで、7代69年間にわたって教皇庁が置かれ、ここがキリスト教世界の中心となったのです。教皇の住まいである教皇宮殿をはじめ壮大な建造物が次々に建てられ、ルネサンスを彩る芸術家や学者たちがヨーロッパ中から集まり、芸術文化の一大中心地として繁栄を極めます。1995年に世界遺産に登録された歴史地区を歩けば、4基の塔を備えた高さ50mの外壁で囲まれ「世界で最も強固な住まい」と呼ばれた教皇宮殿や、12世紀に創建されたロマネスク様式のノートルダム・デ・ドン大聖堂が聳え立ち、キリスト教世界の首都であった当時が偲ばれます。

威容を誇る教皇宮殿の内部は、主が去ってしまった今は隔世の感があり、12世紀に神の啓示によって建造されたと伝わるサン・ベネゼ橋は幾度かの洪水で流され、4つのアーチと橋上の礼拝堂を残すのみ。橋の完成を祝って人々が歌い踊ったのも遠い昔の物語です。

Photos

世界遺産|アヴィニョン歴史地区 ノートルダム・デ・ドン大聖堂 
▲12世紀に創建されたロマネスク様式のノートルダム・デ・ドン大聖堂
©david hughes
世界遺産|アヴィニョン歴史地区 夜景
▲ローヌ河にかかるアヴィニョン橋や、河沿いに見る街並みの夜景は幻想的

Data

◆登録名:
アヴィニョン歴史地区:法王庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋
◆登録年:
1995年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
TGVアヴィニョン・サントル駅から中心地まで約10分

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

アヴィニョン歴史地区|フランス 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved