ルクソール|エジプト 世界遺産

|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第113回 エジプト ルクソール 生と死が向かい合う 古代エジプトの都

第113回 エジプト

ルクソール

生と死が向かい合う 古代エジプトの都

世界遺産|ルクソール

Story

代エジプト王朝の新王国時代にテーベと呼ばれ、首都として栄えたルクソール。この町はナイル川中流域に位置し、川を挟んで東岸と西岸に分かれています。太陽神が崇拝されていた古代エジプトでは、太陽は生と死、そして再生復活の象徴と考えられ、太陽が昇る東岸は「生者の町」、太陽が沈む西岸は「死者の町」とされ、東岸には神々を祀る神殿、西岸には墳墓が造られました。1979年に世界遺産に登録された「古代都市テーベとその墓地遺跡」です。

東岸のカルナック神殿は、アメン神と太陽神ラーが結合した最高神、アメン・ラーを祭るアメン大神殿を中心とするエジプト最大規模の神殿群。134本の円柱が林立する大列柱室、トトメス1世とその娘のハトシェプスト女王の巨大なオベリスクが圧倒します。ルクソール神殿はカルナック神殿の副神殿として建立され、当初はスフィンクスが並ぶ約3kmの参道でカルナック神殿と結ばれていました。

西岸の王家の谷には、トトメス1世が墓を築いて以来、歴代の王が再生と復活を願い墳墓を造営しました。ほとんどが盗掘に遭い当時の副葬品の豪華さは想像もつきませんが、ツタンカーメン王の墓から出土した「黄金のマスク」にその一端を窺うことができます。また、古代エジプト初の女王として強大な権力を誇ったハトシェプスト女王の巨大な葬祭殿などがあります。墳墓や遺跡に残された"生"と"死"の物語。古代エジプト人の豊かな死生観が創りだした歴代王の栄光は、今もその輝きを失うことはありません。

続きを読む

東岸のカルナック神殿は、アメン神と太陽神ラーが結合した最高神、アメン・ラーを祭るアメン大神殿を中心とするエジプト最大規模の神殿群。134本の円柱が林立する大列柱室、トトメス1世とその娘のハトシェプスト女王の巨大なオベリスクが圧倒します。ルクソール神殿はカルナック神殿の副神殿として建立され、当初はスフィンクスが並ぶ約3kmの参道でカルナック神殿と結ばれていました。

西岸の王家の谷には、トトメス1世が墓を築いて以来、歴代の王が再生と復活を願い墳墓を造営しました。ほとんどが盗掘に遭い当時の副葬品の豪華さは想像もつきませんが、ツタンカーメン王の墓から出土した「黄金のマスク」にその一端を窺うことができます。また、古代エジプト初の女王として強大な権力を誇ったハトシェプスト女王の巨大な葬祭殿などがあります。墳墓や遺跡に残された"生"と"死"の物語。古代エジプト人の豊かな死生観が創りだした歴代王の栄光は、今もその輝きを失うことはありません。

Photos

世界遺産|大列柱
▲カルナック神殿の大列柱に刻まれるヒエログリフ(神聖文字)
©Labrador
世界遺産|ツタンカーメン王
▲ほぼ未盗掘の状態で発掘された小年王ツタンカーメンの墓

Data

◆登録名:
古代都市テーベとその墓地遺跡
◆登録年:
1979年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ルクソール空港から車で約20分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ルクソール|エジプト 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved