莫高窟

|中国 世界遺産|莫高窟

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第247回 中国 莫高窟 シルクロードに残る仏教芸術の聖地

第247回 中国

莫高窟

シルクロードに残る仏教芸術の聖地

世界遺産|莫高窟

Story

つてシルクロードのオアシス都市として栄えた敦煌。その東南25km、西に果てなき砂漠が続く地に、シルクロード観光のハイライトにして、龍門、雲崗と並ぶ中国三大石窟の1つ莫高窟はあります。鳴沙山東麓の断崖に南北約1600mにわたって700ともいわれる石窟があり、極彩色で彩られた壁画や2400余体もの色鮮やかな彩色塑像が安置されたその空間は、さながら極楽浄土の趣です。

莫高窟が拓かれたのは、敦煌が前秦の支配下にあった五胡十六国時代の366年頃といわれ、元代まで約1000年にわたり石窟の造営は続けられました。当初は仏教の修行の場として築かれたもので、北側の石窟には、僧たちが修行や祈りの生活を続けた痕跡が残っています。南側の石窟は仏教芸術の宝庫。シルクロードの交通の要衝にあった敦煌は、東西交易の中継地として栄え、様々な文化、宗教、芸術が行き交い融合し、独自の仏教芸術を創り上げました。初期の壁画はインド仏教芸術の、仏塑像は西域の影響をそれぞれ受けており、また後世になると中国色が強くなるなど、東西交流をうかがわせることからも歴史的・文化的価値は非常に高いといえるでしょう。

鳴沙山の向かいの三危山が夕陽を浴び金色に輝く荘厳な様に心打たれ、僧・楽僔が石窟を掘り修行の場としたのが始まりと伝わる莫高窟。そこに立つと、まさに聖なる地であったことが実感できるでしょう。シルクロードを旅するなら、ぜひ訪れるべき世界遺産です。

続きを読む

莫高窟が拓かれたのは、敦煌が前秦の支配下にあった五胡十六国時代の366年頃といわれ、元代まで約1000年にわたり石窟の造営は続けられました。当初は仏教の修行の場として築かれたもので、北側の石窟には、僧たちが修行や祈りの生活を続けた痕跡が残っています。南側の石窟は仏教芸術の宝庫。シルクロードの交通の要衝にあった敦煌は、東西交易の中継地として栄え、様々な文化、宗教、芸術が行き交い融合し、独自の仏教芸術を創り上げました。初期の壁画はインド仏教芸術の、仏塑像は西域の影響をそれぞれ受けており、また後世になると中国色が強くなるなど、東西交流をうかがわせることからも歴史的・文化的価値は非常に高いといえるでしょう。

鳴沙山の向かいの三危山が夕陽を浴び金色に輝く荘厳な様に心打たれ、僧・楽僔が石窟を掘り修行の場としたのが始まりと伝わる莫高窟。そこに立つと、まさに聖なる地であったことが実感できるでしょう。シルクロードを旅するなら、ぜひ訪れるべき世界遺産です。

Photos

世界遺産|敦煌 莫高窟 内部
▲質素とも思える外観からは創造もつかないほど、内部は極彩色で彩られた仏像が並びます。
世界遺産|莫高窟 57窟
▲各石窟には仏教芸術や歴史を描いたものなど文化的に貴重な壁画が描かれています。

Data

◆登録名:
莫高窟
◆登録年:
1987年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
敦煌市からバスにて約30分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

莫高窟|中国 世界遺産|莫高窟

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved