峨眉山と楽山大仏

|中国 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第228回 中国 峨眉山と楽山大仏 3000m級の霊山と 世界最大の磨崖大仏宮

第228回 中国

峨眉山と楽山大仏

3000m級の霊山と 世界最大の磨崖大仏

世界遺産|峨眉山

Story

川省成都の西南に聳える峨眉山は古来、道教や仏教の聖地とされ、中国三大霊山や中国四大仏教名山に数えられてきました。その峨眉山から数十km離れた山紫水明の地、楽山の河岸には世界最大の磨崖仏である楽山大仏が鎮座し、ともに世界遺産の複合遺産に登録されています。

標高3099mの万仏頂を最高峰とする峨眉山は、「峨眉天下秀」と称えられてきた名山。後漢時代から寺院が建立され、南宋時代に最盛期を迎えました。今も山中には報国寺、万年寺など26の古刹が点在しています。古くから聖地であったため豊かな自然が手つかずのままに残され、3000余種の植物や絶滅危惧種を含む動物が数多く生息する自然の宝庫となっています。楽山大仏は長江の支流の岷江と青衣江、大渡河の合流地点の断崖に刻まれています。かつて楽山は大量に採れる塩で潤っていました。その恩恵を仏に感謝し、また塩を運ぶ大動脈であった川の氾濫や水難事故を防ぐために、民衆の浄財によって着工されました。713年に彫り始め、90年後の803年にようやく完成を見た楽山大仏は高さ71m。青々と茂る凌雲山を背に座し、その眼下には遥かな時の流れを思わせる岷江が広がります。

文化と自然の両面で価値が認められ、複合遺産として登録された峨眉山と楽山大仏。古くは仙人が住むともいわれた天下の秀峰の風光に心洗われ、千年以上の長きにわたり水運の安全と民衆の営みを見守り続ける巨大な石仏の懐に抱かれてみてはいかがでしょう。

続きを読む

標高3099mの万仏頂を最高峰とする峨眉山は、「峨眉天下秀」と称えられてきた名山。後漢時代から寺院が建立され、南宋時代に最盛期を迎えました。今も山中には報国寺、万年寺など26の古刹が点在しています。古くから聖地であったため豊かな自然が手つかずのままに残され、3000余種の植物や絶滅危惧種を含む動物が数多く生息する自然の宝庫となっています。楽山大仏は長江の支流の岷江と青衣江、大渡河の合流地点の断崖に刻まれています。かつて楽山は大量に採れる塩で潤っていました。その恩恵を仏に感謝し、また塩を運ぶ大動脈であった川の氾濫や水難事故を防ぐために、民衆の浄財によって着工されました。713年に彫り始め、90年後の803年にようやく完成を見た楽山大仏は高さ71m。青々と茂る凌雲山を背に座し、その眼下には遥かな時の流れを思わせる岷江が広がります。

文化と自然の両面で価値が認められ、複合遺産として登録された峨眉山と楽山大仏。古くは仙人が住むともいわれた天下の秀峰の風光に心洗われ、千年以上の長きにわたり水運の安全と民衆の営みを見守り続ける巨大な石仏の懐に抱かれてみてはいかがでしょう。

Photos

世界遺産|楽山大仏と遊覧船
▲凌雲山の断崖に彫られた高さ約71mを誇る世界最大の石刻座仏。
世界遺産|峨眉山
▲報国寺、万年寺など、26の寺院を有する景勝地・峨眉山。

Data

◆登録名:
峨眉山(オーメイシャン)と楽山(ローシャン)大仏
◆登録年:
1996年
◆分類:
複合遺産
◆アクセス:
【峨眉山】成都から南へ約160km、バスで約2時間。
【楽山大仏】成都からバスで約2.5時間で楽山センターバスターミナル。ターミナルから3路のバスで約15分で楽山大仏下車。

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

峨眉山と楽山大仏|中国 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved