ドブロヴニク旧市街

|クロアチア 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第103回 クロアチア ドブロヴニク旧市街 堅固な城壁に守られた 「アドリア海の真珠」

第103回 クロアチア

ドブロヴニク旧市街

堅固な城壁に守られた 「アドリア海の真珠」

世界遺産|ドブロヴニク旧市街

Story

ドブロヴニクはクロアチア南部のアドリア海に面した要塞都市。13世紀ごろから地中海交易の拠点として繁栄しました。大火や大地震など度重なる災禍に見舞われますが、その都度再建され、1979年には世界遺産に登録。1991年の内戦で壊滅的な被害を受け一時は危機遺産リストに登録されますが、市民の手で復元され「アドリア海の真珠」と謳われた、中世建築の粋を集めた美しい街が甦えりました。

ドブロヴニク旧市街は「自由と自治」を守るために築かれた、堅固な城壁に囲まれています。ピレ門の脇などから上ることができ、南回り、北回り合わせて 2~3時間ほどで一周できる城壁巡りは絶景の散策コース。城壁には4つの要塞があり、北の角のミンチェタ要塞からは、赤瓦屋根の旧市街と青くきらめく海が、海を臨む聖イヴァン要塞からは、かつて多くの交易船でにぎわった旧港が見渡せます。

1440年に建造されたオノフリオ大噴水が、今もピレ門のそばで清冽な水をたたえるドブロヴニクは、上下水道など公衆衛生が整備された当時の最先端都市。フランシスコ会修道院の薬局は、なんと1317年の開設。そのヨーロッパで3番目に古い薬局では、薬草を使った化粧品がひそかな人気とか。城壁内を散策したら、街の背後に聳える、車で10分ほどのスルジ山(標高約412m)に登ってみたい。眼下に広がる“真珠の街”がオレンジ色に輝き、アドリア海に浮かびます。

続きを読む

ドブロヴニク旧市街は「自由と自治」を守るために築かれた、堅固な城壁に囲まれています。ピレ門の脇などから上ることができ、南回り、北回り合わせて2~3時間ほどで一周できる城壁巡りは絶景の散策コース。城壁には4つの要塞があり、北の角のミンチェタ要塞からは、赤瓦屋根の旧市街と青くきらめく海が、海を臨む聖イヴァン要塞からは、かつて多くの交易船でにぎわった旧港が見渡せます。

1440年に建造されたオノフリオ大噴水が、今もピレ門のそばで清冽な水をたたえるドブロヴニクは、上下水道など公衆衛生が整備された当時の最先端都市。フランシスコ会修道院の薬局は、なんと1317年の開設。そのヨーロッパで3番目に古い薬局では、薬草を使った化粧品がひそかな人気とか。城壁内を散策したら、街の背後に聳える、車で10分ほどのスルジ山(標高約412m)に登ってみたい。眼下に広がる“真珠の街”がオレンジ色に輝き、アドリア海に浮かびます。

Photos

世界遺産|要塞
▲「自由と自治」を守るために築かれた城壁は今も健在です
世界遺産|聖イヴァン砦
▲紺碧の美しい海を見渡せる聖イヴァン要塞
©TOM ANG

Data

◆登録名:
ドブロヴニク旧市街
◆登録年:
1979年・1994年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ザグレブ国際空港から飛行機で約50分、空港から車で約20分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ドブロヴニク旧市街|クロアチア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved