シュコツィアン洞窟群

|スロベニア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第272回 スロベニア シュコツィアン洞窟群 「カルスト」の語源となった 世界的に有名な鍾乳洞

第272回 スロベニア

シュコツィアン洞窟群

「カルスト」の語源となった世界的に有名な鍾乳洞

世界遺産|シュコツィアン洞窟群

Story

灰岩の独特の地形でよく耳にする「カルスト」という呼称。それはスロベニア南西部のクラス地方に由来し、1986年に世界遺産(自然遺産)に登録されたシュコツィアン洞窟群は、その世界で最も知られたカルスト地形の鍾乳洞。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では名の通った自然遺産で、グランドキャニオン、ガラパゴス諸島、エベレストなどと並んで人気があります。

石灰岩で覆われ、カルスト地形が発達したここシュコツィアンでは、地表を流れるレカ河が巨大なドリーネ(すり鉢状のくぼ地)から地下に潜り込み、深さ200m以上、長さ6kmにもおよぶ地下川洞窟、地底湖、滝など雄大な景観を作り出し、さらに34kmにわたって大地の下を流れ下り、再び地上に出ると、そこは国境を越えたイタリアという桁外れのスケール。洞窟内には、「ルドルフ大聖堂」と呼ばれる石灰段丘、たけのこ状に伸びた石筍が連なる「大広間」、地質学的に最も古い「沈黙の洞窟」など、幾多の鍾乳石が織りなす地底世界が広がります。

シュコツィアン一帯では先史時代の遺跡も発掘され、その出土品から1万年以上前から人類がここを住みかとしていたと考えられ、3000年ほど前には地中海世界の重要な巡礼地のひとつでした。川が大地に飲み込まれる姿に神を見たのか。はたまた地底深くあいた孔を死後の世界への入口ととらえたのか。人知を超えた自然の造形の前には、現代人も畏敬の念をいだいてしまうことでしょう。

続きを読む

石灰岩で覆われ、カルスト地形が発達したここシュコツィアンでは、地表を流れるレカ河が巨大なドリーネ(すり鉢状のくぼ地)から地下に潜り込み、深さ200m以上、長さ6kmにもおよぶ地下川洞窟、地底湖、滝など雄大な景観を作り出し、さらに34kmにわたって大地の下を流れ下り、再び地上に出ると、そこは国境を越えたイタリアという桁外れのスケール。洞窟内には、「ルドルフ大聖堂」と呼ばれる石灰段丘、たけのこ状に伸びた石筍が連なる「大広間」、地質学的に最も古い「沈黙の洞窟」など、幾多の鍾乳石が織りなす地底世界が広がります。

シュコツィアン一帯では先史時代の遺跡も発掘され、その出土品から1万年以上前から人類がここを住みかとしていたと考えられ、3000年ほど前には地中海世界の重要な巡礼地のひとつでした。川が大地に飲み込まれる姿に神を見たのか。はたまた地底深くあいた孔を死後の世界への入口ととらえたのか。人知を超えた自然の造形の前には、現代人も畏敬の念をいだいてしまうことでしょう。

Photos

世界遺産|シュコツィアン洞窟群 レカ河
▲レカ河が巨大なドリーネから地下に潜り込む
©archives PŠSJ
世界遺産|シュコツィアン洞窟群 レカ河
▲洞窟内にある橋から大渓谷を目の当たりに

Data

◆登録名:
シュコツィアン洞窟群
◆登録年:
1986年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
ディヴァーチャ(Divaca)駅から徒歩で約45分。

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

シュコツィアン洞窟群|スロベニア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved