グロスモーン国立公園

|カナダ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第99回 カナダ グロスモーン国立公園 フィヨルドの絶景と 太古の壮大な地球の姿

第99回 カナダ

グロスモーン国立公園

フィヨルドの絶景と 太古の壮大な地球の姿

世界遺産|グロスモーン国立公園

©MIKI ENTERPRISES INC

Story

ナダの大西洋側に浮かぶニューファンドランド島。世界自然遺産に登録されたグロスモーン国立公園は、その北米大陸最東北端の島の西岸にあります。グロスモーンとは「偉大なる絶壁」の意味。氷河によって削られた垂直に切り立つ断崖やフィヨルドが連なり、「地球科学の歴史が見られる」といわれ地質学者も注目する、むき出しになった地層が太古の地球の記憶をとどめています。

国立公園の名となったグロスモーン山は、標高800mほどの低山にもかかわらず、寒流の影響で高山植物が花を咲かせるなど、世界でも希少な自然の景観が展開しています。その名の通り上部がテーブルのように平らなテーブルランドは、本来なら地下深くに埋まっているはずのマントルが、数億年前の地殻変動で地上に押し出されたもの。金属分を多く含む地質が長年の酸化により褐色となり、草も木も生えない月面のような風景は、この国立公園の象徴ともいえます。

また、長さ30kmにもおよぶウェスタンブルックポンドは、およそ2万5000年前から1万5000年という気の遠くなるような年月をかけて氷河が侵食したフィヨルドで、その後、地殻変動により海から閉ざされ湖となったもの。島の内部深くに切り込んだフィヨルドの両岸に聳える高さ約600mを超える絶壁は、まさに“グロスモーン”。観光船で巡れば、氷河がつくり上げた壮大な造形美に圧倒されます。

続きを読む

国立公園の名となったグロスモーン山は、標高800mほどの低山にもかかわらず、寒流の影響で高山植物が花を咲かせるなど、世界でも希少な自然の景観が展開しています。その名の通り上部がテーブルのように平らなテーブルランドは、本来なら地下深くに埋まっているはずのマントルが、数億年前の地殻変動で地上に押し出されたもの。金属分を多く含む地質が長年の酸化により褐色となり、草も木も生えない月面のような風景は、この国立公園の象徴ともいえます。

また、長さ30kmにもおよぶウェスタンブルックポンドは、およそ2万5000年前から1万5000年という気の遠くなるような年月をかけて氷河が侵食したフィヨルドで、その後、地殻変動により海から閉ざされ湖となったもの。島の内部深くに切り込んだフィヨルドの両岸に聳える高さ約600mを超える絶壁は、まさに“グロスモーン”。観光船で巡れば、氷河がつくり上げた壮大な造形美に圧倒されます。

Photos

世界遺産|グロスモーン国立公園
▲氷河期に形成された絶壁の断崖がそそり立つ
世界遺産|遊覧船
▲氷河が溶けてできた美しい淡水湖をゆったりと遊覧
©MIKI ENTERPRISES INC

Data

◆登録名:
グロスモーン国立公園
◆登録年:
1987年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
ニューファンドランド島の玄関口、セント・ジョンズへはトロントから飛行機で約3時間30分、またはモントリオールから約2時間

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

グロスモーン国立公園|カナダ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved