グレート・スモーキー山脈国立公園

|アメリカ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第258回アメリカ

グレート・スモーキー山脈国立公園

霧が立ちこめる原生林に 多種多様な動植物が生息

世界遺産|グレート・スモーキー山脈国立公園

Story

渡す限りの森林に多様な動植物が生息する生物相の豊かさから1983年、世界自然遺産に登録されたグレート・スモーキー山脈国立公園。アメリカ合衆国東部のアパラチア山脈に連なり、ノースカロライナ州とテネシー州にまたがる面積約2000㎢の広大な国立公園です。

グレート・スモーキー山脈国立公園は、ほとんどを森林が占め、しかも4分の1は北アメリカ最大といわれる落葉原生林。大西洋からの湿った風により、その名の通り一年の大半は霧や雲に覆われています。年間900万人以上が訪れるアメリカ国内で最も入場者数が多い国立公園ですが、この神秘的な景観も人気の理由のひとつでしょう。標高差が大きく、深い原生林と豊富な雨量が数多くの動植物を育み、公園内には確認されているだけでも1万種を超える動植物が生息。なかでも公園内のいたるところで見かけるアメリカグマの生息密度は全米一であり、また、世界で最多種のサンショウウオが生息しています。

この地域には先住民のチェロキー・インディアンが住んでいましたが、アメリカ独立後に白人が入植。公園内のケーズ・コーブには今も丸太小屋、納屋、教会などが残され、不毛の地の開拓に従事した人々の歴史をうかがい知ることができます。さらにハイキング、釣り、乗馬、サイクリングなど、自然の中で気軽に楽しめる様々なアクティビティが用意され、親しみやすい自然遺産となっています。

続きを読む

グレート・スモーキー山脈国立公園は、ほとんどを森林が占め、しかも4分の1は北アメリカ最大といわれる落葉原生林。大西洋からの湿った風により、その名の通り一年の大半は霧や雲に覆われています。年間900万人以上が訪れるアメリカ国内で最も入場者数が多い国立公園ですが、この神秘的な景観も人気の理由のひとつでしょう。標高差が大きく、深い原生林と豊富な雨量が数多くの動植物を育み、公園内には確認されているだけでも1万種を超える動植物が生息。なかでも公園内のいたるところで見かけるアメリカグマの生息密度は全米一であり、また、世界で最多種のサンショウウオが生息しています。

この地域には先住民のチェロキー・インディアンが住んでいましたが、アメリカ独立後に白人が入植。公園内のケーズ・コーブには今も丸太小屋、納屋、教会などが残され、不毛の地の開拓に従事した人々の歴史をうかがい知ることができます。さらにハイキング、釣り、乗馬、サイクリングなど、自然の中で気軽に楽しめる様々なアクティビティが用意され、親しみやすい自然遺産となっています。

Photos

世界遺産|グレート・スモーキー山脈国立公園 落葉原生林
▲多様な動植物が生息する面積約2000㎢の広大な国立公園
世界遺産|グレート・スモーキー山脈国立公園 霧
▲大西洋からの湿った風により、一年の大半は霧や雲に覆われています

Data

◆登録名:
グレート・スモーキー山脈国立公園
◆登録年:
1983年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
アトランタから車で約3時間。

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

グレート・スモーキー山脈国立公園|アメリカ 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved